ただの気まぐれだ

フォルス「やあ。探したよ。隣に行ってもいいかな。」
イスト「‥‥‥いいけど‥‥‥。何か用か?」
フォルス「うん。ちゃんとお礼を言っておきたくてね。」

(フォルス、座る)

フォルス「改めて言うよ、みんなを助けてくれてありがとう。」
イスト「…………。」
フォルス「昼間はバタバタしてて話せなかったけど。感謝してることを伝えたくてさ。
     イストは優しいね。
     口には出さなくても、結局ライたちを助けるのを手伝ってくれた。」
イスト「‥‥‥私は変化を好まない。君たちを拾ったのも気まぐれだ。
    それだけのことだ。」
フォルス「‥‥‥その気まぐれに僕たちは助けられた。右も左もわからないこの世界で。
     イストがいなければ、あの場で立ち尽くしていただけかもしれない。
     だから、ありがとう、イスト。」
イスト「‥‥‥ああ、それで君の気が済むのであれば、その言葉は受け取っておこう……。」


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-01-29 (金) 10:57:01