情報提供(敬称略):M.S.


他人の振り見て

フェア「はぁ‥‥‥。」
ラージュ「どうしたんだよ。ため息なんてついて。」
フェア「‥‥‥ねえ、ちょっと聞いてくれる?
    私さ、行動パターンがライとほぼ一緒だ、‥‥‥って言われたの。」
ラージュ「誰に?」
フェア「トルクに。」
ラージュ「へえ。」
フェア「なんかさー。ライってかなりケンカっ早くない? 私もそんな風に見られてんのかなって思って。」
ラージュ「‥‥‥そもそも、トルクはなんでそんなことフェアに言ったんだ?」
フェア「ライと初めて会ったときのことなんだけど‥‥‥。
    ミルリーフがいるのに、リュームが御子だ! とか あんまりにもワケ分かんないこと言うから‥‥‥。
    とりあえずぶん殴ってから話を聞こうと思ったのよ。
    そしたらよ! ライのヤツ、殴り返してきたの!
    女の子相手によ? ひどくない!? ひどいよね!」
ラージュ「‥‥‥ちょっと言わせてもらうけど。
     今の話を聞く限りだと先にケンカを仕掛けたのはフェアじゃないのか?」
フェア「‥‥‥あっ‥‥‥。」
ラージュ「確かにふたりともケンカっ早くて、行動パターンが一緒だよな。」
フェア「もう、ラージュまで〜!」

フェア「」
ラージュ「」
フェア「」
ラージュ「」

最終決戦

(最終戦前)
ラージュ「オレたちは、消えることにもう怯えたりなんかしない。 たとえ消えてしまっても、みんなの魂に生き続ける!
     魂に強く刻まれた想いはけして消えない。 オレはそれを信じる!!」
フェア「」

(最終戦後)
フェア「」
ラージュ「オレだって‥‥‥! 絶対に‥‥忘れるもんかっ!」

ラージュ「ありがとう‥‥‥。」

エンディング「」

【】

フェア「」
フェア「」


トップ   差分 履歴 リロード   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-13 (月) 12:15:00