情報提供(敬称略):M.S.


もっと自分を大事に

ラージュ「(あれ、誰かいるみたいだな‥‥‥)
     おーい、アトシュ?」
アトシュ「ああん?
     チッ‥‥‥てめェかよ。 せっかくならキレイなねーちゃんが良かったぜ。」
ラージュ「‥‥‥悪かったな、オレで。」
アトシュ「で、俺に何かようか?」
ラージュ「いや、どうしてるかなって思って。」
アトシュ「見りゃ分かんだろ。 時間持て余して暇してるっつーの。」
ラージュ「何か足りないものはないか? 物騒なものじゃなければ‥‥‥。」
アトシュ「手下。」
ラージュ「‥‥‥は?」
アトシュ「手下、寄越せっつったんだよ。」
ラージュ「いや、それは無理だろ。」
アトシュ「んだとォ!? 足りないものはねェかって聞いたのは貴様だろうが。
     男なら一度言ったことは最後まで守りやがれ!」
ラージュ「無茶言うなよ‥‥‥。」
アトシュ「あーあ、手下がいねーってのは本当にメンドくせェ。偵察もできやしねェじゃねーか‥‥‥。」
ラージュ「偵察って、何をするつもりだ!?」
アトシュ「うるせェな。 貴様にゃ関係ねェだろ。」
ラージュ「はぁ‥‥‥お前な、一応捕らえられてる身なんだから自重しろよ。」
アトシュ「知ったことかよ。
     俺がその気になりゃこんな所、速攻で抜け出してやるぜ。」
ラージュ「そしたら今度こそオレたちが全力で対処するぞ。アトシュひとりで全員と相手できるか?
     それができるって言うならやってみろよ。」
アトシュ「‥‥‥言うじゃねェかよ、ガキ!
     やってやろうじゃねェか、ああん!?」
ラージュ「‥‥‥もうやめようぜ、そう言って強がるの。」
アトシュ「ぬかしてんじゃねェぞ!」
ラージュ「丸腰でどうやってオレたちを相手にするって言うんだ。」
アトシュ「‥‥‥チッ、威嚇にゃビビらねェか。」
ラージュ「オレも影法師や魔物と戦ってきたんだ。 それぐらいじゃ驚かないぞ。」
アトシュ「つまんねェな‥‥‥。」
ラージュ「もしアトシュの言葉に乗って みんなが押し寄せてきたらどうするつもりだったんだ?
     お前もこんなところで玉砕なんてしたくないだろ。もっと自分を大事にしろよ。」
アトシュ「‥‥‥あークソッ! 何でてめェにそんなこと言われなきゃならねェんだ。」
ラージュ「そんなに敵対心むき出しにしてないでさ、オレたちの仲間にならないか?
     その方がアトシュのためにもなると思うんだ。」
アトシュ「てめェらの仲間にだぁ!? 死んでもお断りだな。」
ラージュ「‥‥‥そっか。じゃあずっとそこで軟禁状態だな。 それでもいいのか?」
アトシュ「‥‥‥俺は腐っても『真紅の鎖』のリーダーだ。調停召喚師どもの仲間になどなれるか。」
ラージュ「(アトシュもアトシュなりの信念で動いてるってことか‥‥‥)
     (まだオレが説得できる状態じゃないかな‥‥‥)
     分かった。それじゃあ、たまに様子を見に来るよ。」
アトシュ「次はキレイなねーちゃんで頼むわ。」
ラージュ「‥‥‥みんなが怖がるからオレで我慢してくれ。じゃあな。」
アトシュ「ケッ‥‥‥ラージュのやつめ。自分を大事にしろだと!? 生意気なことを。
     ‥‥‥‥‥‥ちくしょう。なんでこんなことになっちまったんだ‥‥‥。」

悪に身をおく理由

ラージュ「なあ、アトシュ‥‥‥。」
アトシュ「あぁ? ったく、またてめェかよ‥‥‥。
     飽きもせずによく来るな。 友達いねェのか?」
ラージュ「アトシュの様子が気になって見に来ただけだよ。どうせ話相手もいなくて暇だろ?」
アトシュ「‥‥‥チッ。見透かしたようなこと言いやがって。」

(アトシュ、座る)

ラージュ「アトシュはさ、何で悪党なんてやってるんだ?」
アトシュ「お前‥‥‥そりゃ愚問ってもんだぞ。
     欲しい物が大量にある。俺には奪う力がある。なら強奪するのが当然ってもんだろ。」
ラージュ「欲しい物があるなら買えばいいだろ。
     その程度の常識、オレだって知ってるぞ。」
アトシュ「ハッ! まだまだてめェの世界は小せェな。
     世の中にはな、金で買えねェもんがゴマンとある。そいつを頂くのが俺の生きがいだ!
     てめェも俺たちと一緒にいれば欲望に忠実に生きられるぞ。どうだ?」
ラージュ「そしたらフォルスたちの敵になっちまうだろ! お断りだ、そんなの!」
アトシュ「ったく、つくづく仲良しゴッコが好きだな。
     てめェらが決めたルールの中でせせこましく生きて何が楽しいんだっつーの。
     もっと自由に生きろよ!」
ラージュ「‥‥‥オレはみんなが来るまでアトシュが言うように、自由に生きてきた。
     でも‥‥‥オレは、みんなが来た今の方が幸せだ。不自由なんて感じたこともない。」
アトシュ「自由を手放してまでも、奴らと一緒にいたいなんてぬかす気か、てめェは。」
ラージュ「ああっ、そうだ。みんなは、オレの大切な仲間だからな!」
アトシュ「仲間‥‥‥ねぇ。」
ラージュ「アトシュにもいるんだろ? リィンバウムに、大切な仲間が。」
アトシュ「‥‥‥てめェには関係ねぇ話だ。」
ラージュ「いいさ、別に無理やり聞くつもりはないから。でも、もしアトシュにも大切な仲間がいるなら‥‥‥。
     オレも、お前に対してそうなりたいって思ってるんだ。それだけ知っていてくれたらいい。」
アトシュ「何だそれ、気持ちわりィ告白だなオイ。」
ラージュ「今は分からなくてもいいよ。」
アトシュ「ケッ‥‥‥俺をバカにすんじゃねェよ。
     用がないならとっとと消えな。てめェじゃ暇つぶしにもなりゃしねェ。」
ラージュ「ん‥‥‥じゃあもう行く。」
アトシュ「おっと‥‥‥ひとつ言っておくのを忘れてた。」
ラージュ「何だ?」
アトシュ「金で買えねェもんで最も貴重なもののひとつは何だと思う?
     それはな‥‥‥自由だ。
     確かに今の俺に自由はねェ。けどな、誰も俺の魂までは縛れねェんだぜ。」
ラージュ「魂はいつも自由‥‥‥ってことか。」
アトシュ「だが俺はここでも全ての自由を手に入れてやる‥‥‥必ずな!」
ラージュ「‥‥‥できるもんならやってみろよ!」
アトシュ「見てろよ、ラージュ。いつかてめェに本当の自由ってやつを教えてやる。」
ラージュ「(アトシュ、面白い奴だな‥‥‥)」

てめェごときに

ラージュ「アトシュってさ、いつも調停召喚師たちから逃げ回ってるのか?」
アトシュ「俺が逃げ回るだと!? バカも休み休み言いやがれ!
     あいつらが俺の行動を横から邪魔してきやがるだけだ!」
ラージュ「そりゃあ目の前に悪事を働く奴がいたら止めるさ。オレだってそうする。」
アトシュ「それはご立派なこった。まァ、てめェごときが俺を止めるなんざ無理な話だけどな。」
ラージュ「止めるだけじゃない。お前みたいな奴は、ちゃんと捕まえて改心させないといけないって聞いたぞ。
     じゃないとまた同じ悪さを繰り返すからってことらしいな。」
アトシュ「ふざけんなよ。 んなことでそうそう信念曲げてられるか。」
ラージュ「アトシュは信念があってやってるのかもしれないけど、やっぱりやってることは悪いことだぞ。」
アトシュ「てめェの正義感を押し付けんじゃねェよ。ったく、誰の影響受けてきたんだ、クソガキ。」
ラージュ「全部フォルスに教えてもらったんだ。調停召喚師ってやつらしいからな!」
アトシュ「あいつ‥‥‥ッ! つくづくうっとうしい奴だな。」
ラージュ「フォルスとは付き合いが長いみたいだけど、本当のところ、彼のことはどう思ってるんだ?」
アトシュ「フォルスか‥‥‥俺とタイマン張れる奴はなかなかいねェ。召喚師にしとくには惜しい逸材だ。」

ラージュ「へぇ‥‥‥フォルスのこと、そんな風に思ってるんだ。」

  •  ライバルってこと?
    ラージュ「それって、ライバルってことだよな?」
    アトシュ「んな上等なもんじゃねェよ。
         俺のまわりをブンブン飛び回って邪魔をするうっとうしい虫みたいな奴だ。
         むしろ潰してやるのが楽しみってもんだぜ。ハハハッ!」
    ラージュ「(そのフォルスに捕まったってのに相変わらずすごい自信だな‥‥‥)」
    アトシュ「ん、何だよその呆れたような目は。」
    ラージュ「いやぁ‥‥‥別に。」
    アトシュ「何だよ、言いたいことがあるならハッキリ言いやがれ。」
    ラージュ「うーんと‥‥‥アトシュっていつも自信たっぷりだなぁと思って。」
    アトシュ「てめェがてめェのこと信じないでどうする。
         つまりな、ライバルなんてのはてめェ自身のことだ。
         俺は俺自身をとっくの昔に認めちまってる。だからライバルなんてこの世に存在しねェんだよ。
         分かったか、クソガキ。」
    ラージュ「(その前向きさは見習おう)」

  •  意外だな‥‥‥。
    ラージュ「なんだか意外だな‥‥‥フォルスのことそこまで認めてるなんてさ。」
    アトシュ「いいかラージュ、よく聞け。
         相手の能力を測る時は、自分の感情っつーフィルターを一切排除して、ただ事実だけを認識するようにしろ。
         戦いの場においてはな、一瞬のミスが命取りになる。
         そしてそのミスってのはたいてい相手が能力を見誤ったり、己の力を過信して起こるんだ。
         でないとすぐに足元をすくわれるぞ。」
    ラージュ「そ、そうなのか‥‥‥。
         分かったよ、肝に銘じておく。」
    アトシュ「ま、俺はケンカを売るのも買うのもいつだって歓迎だけどな。
         勝ち目のない戦いってやつに首を突っ込むほどバカじゃねェってことだ。」
    ラージュ「(もしかするとオレ、結構無茶してきたのかも‥‥‥)
         ‥‥‥あのさ、オレのことはどう思う?」
    アトシュ「てめェは‥‥‥‥‥‥。」
    ラージュ「(‥‥‥ごくりっ)」
    アトシュ「バカだな!」
    ラージュ「ええっ!?」
    アトシュ「だが色々と使えそうな奴だ。俺をここにぶち込むほどの強さも持ってやがるしな。」
    ラージュ「(オレも認めてもらえてるってことなのか‥‥‥?)」
    アトシュ「俺がてめェのことうまく使ってやるぜ。だからホレ、だまされてみろよ。」
    ラージュ「それはやなこった!」

手下のことはお見通し

ラージュ「アトシュ、いよいよ最後の戦いだな。」
アトシュ「そうだな‥‥‥。」
ラージュ「何か考え事か?」
アトシュ「‥‥‥よし、決めたぜ。
     ラージュ、この戦いが終わったら俺のところに来い。てめェの能力をこの俺が最大限に使いこなしてやる。」
ラージュ「だからオレは悪党の仲間になんてならないってずっと言ってるだろ。」
アトシュ「俺についてくれば、望むものは全て手に入るぞ。
     欲望に忠実に生きろよ、ラージュ。 こんな自由な生き方、他にはないぜ?」
ラージュ「アトシュこそ、改心してまっとうに生きたらどうなんだ。」
アトシュ「クソつまらねェこと抜かすなよ。 俺の選択に誰も文句は言わせねェからな。」
ラージュ「じゃあ‥‥‥オレは調停召喚師になる! そしてアトシュを捕まえてやるんだ。」
アトシュ「げぇ! 何てこと言いやがるんだ、てめェ!」
ラージュ「それがオレの選択だ。 あんたにだって文句は言わせないぞ。」
アトシュ「チッ‥‥‥妙なこと言い出しやがって。 クソガキが。」
ラージュ「そのクソガキに捕まるのを覚悟しとくんだな。」
アトシュ「ヘッ、言ってろ。」
ラージュ「ははっ‥‥‥決戦前だってのに変わらないな、オレたち。」
アトシュ「緊張でもしろってのか?」
ラージュ「まぁ‥‥‥少しは気負ってたりしたのかなって。」
アトシュ「バカかてめェは。 そんな状態で全力が出せるかっての。
     どんな強大な敵であろうがな、心揺さぶられてる時点でもう負けてんだよ。
     てめェはどうなんだ?」
ラージュ「オレは‥‥‥。」

アトシュ「なんだろう、アトシュと話してると落ち着いてきた。」
ラージュ「そりゃ当たり前だろ。俺を誰だと思ってやがる。
     数々の死線をくぐり抜けてきた『真紅の鎖』の頭張ってんだ。
     手下のメンタルぐらい手玉に取れて当然だろ。」
アトシュ「ちょっと待てよ、今の手下ってオレのことか!?」
ラージュ「すっかり俺の手下が板についてんじゃねェか。ハハッ!」
アトシュ「くっそぉ、認めねぇからな!
     敵に勝つ! そしてお前にオレが手下じゃなくて仲間だって認めさせる! 絶対にな!」
ラージュ「仲間か‥‥‥まずは敵に勝ってから言うんだな。」
アトシュ「いいぜ、勝ってやるさ!」

最終決戦

(最終戦前)
ラージュ「オレたちは、消えることにもう怯えたりなんかしない。 たとえ消えてしまっても、みんなの魂に生き続ける!
     魂に強く刻まれた想いはけして消えない。 オレはそれを信じる!!」
アトシュ「分かりきったこと言うんじゃねェ。 あいつを倒す、それが俺の答えだ!」

(最終戦後)
アトシュ「‥‥‥ま、それなりに楽しめたぜ! おっと‥‥‥じゃあそろそろ行くぜ。
     俺はおまえのことを忘れない。 魂に刻んだ絆だ、忘れるこたぁねえよ。」
ラージュ「オレだって‥‥‥! 絶対に‥‥忘れるもんかっ!」

ラージュ「ありがとう‥‥‥。」

エンディング「喧噪が日常」

【港】

アトシュ「オラ! ぼさっとしてねぇで、さっさと探せ!!」
部下「そ、そうは言っても、あんなにちいせぇモン見つかりっこないですよ〜っ!」
部下「そうですよ、若頭ァ! 今回ばかりは、諦めて‥‥‥。」
アトシュ「アアッ!? てめェらがドジッて
     取引に使うはずだった指輪を落としたのが悪いんだろーが!
     あれにどれほどの価値があるのか、分かってねェわけじゃねぇだろッ!!」
部下「ひ、ひぃぃぃぃッ!!」
アトシュ「チンタラ文句言ってるヒマがあんなら、さっさと探し出せッ! 行けッ!!」
部下「わ、わかりやしたぁぁぁぁ〜〜ッ!」
アトシュ「チッ。さっさと見つけねぇと、カメのジジイにまたイヤミを言われちまう。
     取引まで、あと1時間か‥‥‥。
     ‥‥‥ん? 気のせいか? どこからか、歌が聞こえてくるような‥‥‥。」
ルエリィ「ふんふん♪ ふんふん〜ん♪ あまいっもの〜たべたいなぁ〜♪
     ふわふわでっとろとろのクリ〜ム♪ あまいっもの〜たべたいなぁ〜♪」
アトシュ「‥‥‥‥‥‥。」
ルエリィ「今日の気分はっイチゴの乗った〜‥‥‥あぁっ!!!
     アトシュ!!! どうして、こんなところにいるの!?」
アトシュ「チッ。めんどくせェ奴に会っちまった‥‥‥。」
ルエリィ「分かった! さては、また悪巧みの真っ最中ね!?
     その顔をみれば、一目瞭然よっ!
     あんたの顔は、いつだって悪巧みしてるんだからッ。」
アトシュ「いきなり出てきて、何好き勝手言ってやがる。
     いつでも悪巧みしてるわけじゃねぇよ。」
ルエリィ「でも、今はしてるんでしょ?」
アトシュ「‥‥‥‥‥‥。」
ルエリィ「ほーら、やっぱりぃ! あたしの目は、お見通しよっ!」
アトシュ「いちいちやかましいんだよ、テメエは!
     こっちはガキの相手してるヒマはねぇんだ。
     とっとと、俺の目の前から消えろ。」
ルエリィ「睨みつけないで!
     あんたはその視線だけでパワハラでセクハラなんだから!」
アトシュ「あぁッ!? 誰が、なんだって!?」
ルエリィ「パワハラで、セクハラ!」
アトシュ「聞き直してるわけじゃねぇよッ!! 二度も言うなッ!」
ルエリィ「なんだって? って言うから、教えてあげたのにぃ!」
アトシュ「脳味噌足りなすぎんだろ‥‥‥。」
ルエリィ「な、なによそれッ!」
アトシュ「ビービー、うるせェんだよ!
     ‥‥‥そうだ、いいこと教えてやるよ。
     てめェの憧れの先輩とやらも、
     その騒がしさには嫌気がさしてるらしいぜェ?」
アトシュ「そ、そんなの、ウソだもん! センパイは、そんなこと言わないッ!」
アトシュ「ウソなもんかよ。
     ラージュだって、お前の底抜けのやかましさには呆れてたんだからな!」
ルエリィ「そんなことなっ‥‥‥――ん??
     ラージュって、誰? あたし、そんな名前の人、知らないよ?」
アトシュ「誰って、それは‥‥‥。
     ‥‥‥‥‥‥。」
ルエリィ「えっ、もしかして‥‥‥アトシュも知らないの!?」
アトシュ「そ、そんなワケねぇだろ。
     知らない奴の名前を、どうして俺が知ってるんだよ。」
ルエリィ「あっ、確かにそうだね!!
     じゃあ、誰の名前なの?」
アトシュ「それは‥‥‥。
     ‥‥‥‥‥‥。
     (ラージュ‥‥‥)
     (なんだって、そんな名前が出てきたんだ? 誰の名前なのか、思い出せねェ‥‥‥)
     (いや、でも‥‥‥なんだ、この感じ。俺は‥‥‥『そいつ』を知ってる)」

アトシュ「‥‥‥クッ、カカッ!!
     そうか、そういうことかよ‥‥‥。
     どおりで今まで忘れていたわけだ。
     ‥‥‥ラージュ。
     悪いが、俺の記憶はそう簡単には消させねぇよ。
     俺に関わる全てのことを、他人に操作されるなんてまっぴらゴメンだ。
     だから、てめェのことも、
     あの世界のことも忘れてなんかやらねェよ‥‥‥。」

 敵に勝つ! そしてお前にオレが手下じゃなくて仲間だって認めさせる! 絶対にな!


アトシュ「‥‥‥忘れるわけにはいかねェだろ。
     俺はな、自分を犠牲にして何かを守ろうとする奴が大嫌いなんだ。
     それで、格好つけてるつもりか?
     ‥‥‥カッ、笑わせるぜ。
     こっちは、胸くそ悪すぎんだよ。
     バカヤロウが。」

アトシュ「‥‥‥‥‥‥。」
ルエリィ「ちょっと、ちょっと! 急に黙り込まないでよね! 気持ち悪い!」
アトシュ「‥‥‥その様子だと、てめェは何も覚えてないみてェだな。」
ルエリィ「ふへ???」
アトシュ「まぁ、見るからに物忘れの激しい顔してるもんなァ。」
ルエリィ「な、なんですってーっ!」

 なぜ、俺だけがあの世界の出来事を覚えているのかは分からねェ。
 だが‥‥‥。 俺だけ、っていうのは悪くねェな。
 めんどくせぇけど、覚えててやるよ。 てめェらアホみたいな面を。
 ‥‥‥この世界にいる全ての奴らが忘れちまっても、
 俺だけは、てめェを忘れねェよ。ラージュ。
 そうすりゃよォ。てめェはどっか別の場所で、ヘラヘラ笑ってられるだろ。
 ‥‥‥俺の中から、てめェの存在が消えない限りはよ。
 カッ、俺もずいぶん甘くなっちまったなァ。
 それもこれも‥‥‥全部、てめェのせいだぜ、ラージュ。

ラージュ「あははっ、ごめんな。アトシュ。 ‥‥‥でも、ありがとう!!」

アトシュ「――ッ!!」
ルエリィ「えっ、なになに!? 後ろに何かあるの?」
アトシュ「‥‥‥今、声が‥‥‥。」
ルエリィ「???」
アトシュ「(アイツ‥‥‥)」
ルエリィ「うわ〜‥‥‥ひとりでニヤニヤしてるぅ!
     その顔、やっぱりセクハラーーーー!!!」
アトシュ「人の顔、指さしながら叫ぶんじゃねェよッ!
     こっちは、てめェの相手してるヒマはねェってのに‥‥‥。
     だがな‥‥‥邪魔すんだったら容赦しねえぞ!」
ルエリィ「それは、こっちのセリフだよ! 今から、あんたを逮捕する!!」
アトシュ「カッ、おもしれェ!! やれるものなら、やってみろッ!」

 悪いなラージュ、この世界はまだまだ俺が手に入れたい物であふれてやがる。
 お宝全部を手に入れるまで、そっちの世界へは行けそうにねぇ‥‥‥。
 とはいえ、次の目的地が決まってるってのは結構やる気が出るもんだ。
 いつか、こっちの世界での仕事が終わったら
 そっちの世界のお宝すべて手に入れてやるから‥‥‥、
 ――覚悟しとけよ!

 END


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-16 (木) 12:54:00 (217d)