情報提供(敬称略):湧上

第1話

フォルス「ふう‥‥‥やっぱり、ここは落ち着くなあ」
ペリエ「おにいちゃん? ‥‥‥やっぱり、ここにいた
    やねのうえ、たちいりきんし また、おこられちゃう」
フォルス「ペリエも来なよ、風が気持ちいいぞ」
ペリエ「む‥‥‥まさか、きょうはんに、される?
    ゆうわくにさからえない、じぶんのよわさがにくい‥‥‥」
ペリエ「んっ‥‥‥いいかぜ
    おにいちゃんのばしょ すごく、きもちいい
    ‥‥‥でも、おおやにみつかったら すごくおこられる
    ここにきてから なんねんもたってるのに、おにいちゃん、ここ、のぼるのやめようとしない
    そろそろ、おおやがほんきだす」
フォルス「ははっ、それは怖いな」
ペリエ「‥‥‥ここにきてから なんねんもたってるけど、おにいちゃん、ぜんぜんかわらない」
フォルス「ん、そうかな?
     ペリエは、変わったよな 初めて会った時にはあんなに小さかったのに」
ペリエ「おかげさまで、りっぱにそだちました でも、だいじょうぶ
    ぺりえ、なかみは、ぜんぜんかわってない」
フォルス「二人そろって成長がないっていうのは、考えものではあるけれど
     ま、いいか 改めて、これからもよろしく、ペリエ」
ペリエ「‥‥‥びっくり とつぜん、なに?」
フォルス「いやあ、ほら、なんとなく明日から大変なことになりそうな予感がして」
ペリエ「んむ‥‥‥いぇんふぁ、だっけ? なんだか、すぐにおこりそうなひと」
フォルス「それもあるけど、他にもいろいろ起こりそうな気がしてね 何があっても、力をあわせて乗り切っていこうな?」
ペリエ「ん だいじょうぶ ぺりえは、ずっと、そばにいる」
フォルス「ああ、信頼してる」
ペリエ「あっ‥‥‥ いきなり、あたまなでるの、その、なんていうか」
フォルス「ん? ああ、ごめんごめん 子ども扱いしちゃったかな」
ペリエ「あ‥‥‥ その‥‥‥ちょっとだけ、なら、なでても、いい」
フォルス「そう? じゃあ、お言葉に甘えて」
ペリエ「‥‥‥むふー まんぞく
    でも、すこしさむい そろそろ、ねる おにいちゃんも、はやくねよう」
フォルス「うん、わかってるよ」
ペリエ「‥‥‥おやすみ」

おやすみなさい‥‥‥ そして、また明日‥‥‥

第2話

フォルス「今日は残念だったね 記憶、取り戻せたかもしれなかったのに」
ペリエ「べつに、いい きたい、してなかったし
    これまでも、いろいろやって、ぜんぶ、だめだったし」
フォルス「そうだよな‥‥‥ がんばってたよな
     メイトルパについて書かれた本をいろいろ読んでみたり
     学園じゃ、クラスメイトの幻獣種にいろいろ話を聞いてみたり」
ペリエ「でも、だめだった ぺりえのおもいで、きっと、すごくがんこ
    だから、こんかいもだめなきは さいしょからしてた」
フォルス「ペリエ‥‥‥」
ペリエ「でも、べつにいい むかしはむかし、いまはいま
    おにいちゃんがいないころのおもいで、そんなにだいじじゃない
    ‥‥‥そういうことに、する」
フォルス「うん‥‥‥」

強がりを言ってはいるけど、やっぱり気にしてるんだろうな‥‥‥

第3話

ペリエ「ぺりえ、かんがえた
    どんなとりも、そらからおちる でも、ほとんどのとりは、またとべる」
フォルス「‥‥‥なんだ、いきなり」
ペリエ「だから、おにいちゃんも、またとぶ
    ちょっとおっこちたくらいで、とべなくなったりしない」
フォルス「‥‥‥ああ、なるほど 励ましてくれてるのか
     大丈夫だよ、そんなにへこんでるわけじゃないから」
ペリエ「‥‥‥うそ?」
フォルス「本当さ ちょっと考え事はしてたけどね
     僕はまだ未熟者なんだなあとか、まだまだエルストさんは遠いなあとか」
ペリエ「‥‥‥ぺりえも、がうでぃみたく おにいちゃんのちからになりたい‥‥‥」
フォルス「お互い、高い目標を持っちゃったものだよね」
ペリエ「それでも、ちゃんととべば、いつかはなれる?」
フォルス「うん、もちろんさ 明日からまた、がんばらないとね
     今日の失敗を取り戻して、すぐその先を目指さないと
     一緒に頑張ろうな、ペリエ」
ペリエ「‥‥‥んっ!」

‥‥‥そうだ、落ち込んでるヒマなんてない 僕はペリエと一緒に頑張るんだ‥‥‥!

第4話

ペリエ「ぬー、きょうは、たいへんだった のんびりできなかった
    がくえんいったり、でっかいのとたたかったり
    つくえのまえで、わーわーいってたの、とおい、むかしのことみたい」
フォルス「まったくだよ 今日はほんとに疲れた
     だいたい、召喚師の仕事っていうのは異種族間のもめごとを解決とか予防することで
     ああいった連中と正面からやりあうのは専門外だと思うんだけどなあ‥‥‥」
ペリエ「んむー、おしごとは らくなほうがいい
    ‥‥‥でも、えるすととがうでぃは、たたかうしごとも、ちゃんとしてた
    あのひ、すごいてきをあいてにして、ぺりえたちをまもって、たたかってた」
フォルス「ああ‥‥‥うん、確かにそうだね
     戦いが向こうからやってくるんだから、愚痴を言ってても仕方がないか」
ペリエ「ん!」
フォルス「よし、そうと決まったら、明日のために寝るぞ
     明日もきっと、忙しい一日になる! そんな気がする!」
ペリエ「‥‥‥ちょっと、こまった おにいちゃんの、そういうかん、よくあたる」

‥‥‥こんなことを言っておいてなんだけど、どうか明日が穏やかな一日でありますように

第5話

ペリエ「きょうのるえりぃには、ちょっとびっくり」
フォルス「まったくだよ、あの子はつくづく、僕らの予想を裏切ってくれるなあ
     うかうかしてたら、すぐに追い抜かれるかもしれないね?」
ペリエ「んむー‥‥‥それは、いいことかもしれない」
フォルス「そう?」
ペリエ「ぺりえたちは、えるすととかがうでぃたちみたいになる
    るえりぃたちは、そんなぺりえたちみたいになる
    りっぱなしょうかんしとくろすが、たくさんふえる‥‥‥いいこと!」
フォルス「そっか‥‥‥確かに、そうだね
     誰かと勝負してるわけでもないし、みんな目指すところは違ってないんだから、
     無理に焦ったりしなくてもいいか」
ペリエ「‥‥‥んっ!」
(ぎゅうっ)
フォルス「わっ‥‥‥っとと、どうしたのさ、急に抱きついたりして」
ペリエ「やっぱり、るえりぃがえらくなるの、ちょっとやだ!」
フォルス「え?」
ペリエ「るえりぃがえらくなったら、おにいちゃんに、ひっついてくる!
    ぺりえにはわかる! るえりぃは、ゆだんならない!」
フォルス「‥‥‥えーと?」
ペリエ「ひっついていいのは、ぺりえだけ!
    るえりぃにだって、ゆずれない!」
フォルス「‥‥‥やれやれ」

めずらしく立派なことを言ったと思ったら、やっぱり甘えん坊だな‥‥‥

第6話

ペリエ「ん‥‥‥きょうのおつきさま、いつもより、きれい」
フォルス「ほんとだ‥‥‥雲がないからかな? 星の光も、いつもより輝いて見えるよ」
ペリエ「おにいちゃん、だっこ」
(ぎゅうっ)
フォルス「え? あ、こら」
ペリエ「むふー きもちいい
    こんや、ここでねない?」
フォルス「ダメだよ、たしかに気持ちいいけど、夜風は体によくないんだ
     ヘンに体を壊したりしてもつまらないだろ?」
ペリエ「むー‥‥‥それは、やだ
    でも、さいきん、ひるまはいそがしくて ひなたぼっこ、できてない
    もっと、そとで ごろごろしたい」
フォルス「そういば、最近ぜんぜん余裕なかったなぁ‥‥‥
     じゃあ、今度、みんなを誘ってピクニックにでも行こうか
     日当たりのいいところで、お弁当食べて、ごろごろしよう
     だから今日のところは、ちゃんとベッドに戻って寝ること」
ペリエ「んむー‥‥‥ たまごやき、つくる?」
フォルス「ああ、もちろん ペリエの好きな、甘いやつをね」
ペリエ「ふむ! てをうとう!」

そういえば、最近のペリエはよく、太陽の方を見てぼーっとしてたな‥‥‥
たまには、思う存分 日光浴させてあげないとな、うん

第7話

ペリエ「おにいちゃんがたくさん ぎふとたちのこと、はなしてくれたから、
    あったことなかったけど、なんだか、よくしってるひとみたいなきがしてた
    だから‥‥‥きょう、ぎふとが こえかけてくれたとき、うれしかった
    ‥‥‥うれしかった、のに‥‥‥」
フォルス「彼に、何があったんだろう?」
ペリエ「おにいちゃんがわからないなら、ぺりえにもわからない
    ぺりえにもわからないんだから、たぶん、だれにもわからない」
フォルス「そう‥‥‥だよね
    次に会った時に、本人に問いただすしかないか」
ペリエ「んむ! ぎふと、ぜったいまた、でてくる!
    こんどこそつかまえて、ぜんぶしゃべらせる!」
フォルス「ああ、そうだな」

きっと、それが、彼の友達として 僕がするべきことなんだな‥‥‥

第8話

ペリエ「‥‥‥」
フォルス「‥‥‥」
ペリエ「きょうは、つかれた いろいろ、おこりすぎ」
フォルス「ああ‥‥‥ 頭の中が、ぐるぐるしているよ
     まさか、本当に学園が襲撃を受けるなんて‥‥‥」
ペリエ「そんなの、できるなんておもってなかった
    しんくのくさりは、ぺりえたちのよそうを、うわまわってる
    ‥‥‥それに、ぎふとが‥‥‥」
フォルス「そうだね 彼も、恐ろしい敵の一人だ」
ペリエ「ぺりえたちに、とめられる?」
フォルス「僕たちが、止めるんだ それだけだよ」
ペリエ「‥‥‥うん!」

止めないと、いけないんだ‥‥‥!

第9話

ペリエ「うぐぐぐぐ‥‥‥」
フォルス「ええと‥‥‥大丈夫、ペリエ?」
ペリエ「だいじょうぶじゃない おにいちゃんのかお、みれない」
フォルス「そんなこと言ってないで、こっちに来なよ、ほら」
ペリエ「わふっ!?」
(ぎゅうっ)
ペリエ「‥‥‥ごういん」
フォルス「だっこしてやれば、ペリエは素直になるって知ってるからね」
ペリエ「むー‥‥‥」
フォルス「怖かったんだろ? 君の中にあったかもしれない、冥土のことが」
ペリエ「‥‥‥ん
    めいどが、そのうちおおきくなるかもって、おもった
    ぺりえだけじゃなくて、おにいちゃんものみこむかもって
    そしたら、あたまがぐるぐるってなって
    ‥‥‥いま、また、ぐるぐるってなった」
フォルス「まったく‥‥‥何を心配してるんだか
     君が僕を心配してるのと同じくらいには
     僕だって君のことを心配なんだ
     相談もなしに遠いところに行かれたら、それだけでどうにかなっちゃうよ」
ペリエ「‥‥‥あまえんぼう?」
フォルス「もしかしたら、そうなのかもしれないね」
ペリエ「ん‥‥‥わかった
    ぺりえがいなくなると、おにいちゃんは、さびしくてなきだす
    かわいそうだから ぺりえは、ずっとそばにいる
    ずっと‥‥‥ずっと、いっしょ‥‥‥」
フォルス「うん‥‥‥」

ペリエ、ちょっとふるえてたな‥‥‥

第10話

ペリエ「おにいちゃん!?」
フォルス「ん‥‥‥やあ、ペリエ どうしたの、血相変えて」
ペリエ「どうかしたのは、おにいちゃんのほう!
    ‥‥‥ふらふらしてて、いまにもとんでいっちゃいそう」
フォルス「ああ‥‥‥さすがに、今日エルストさんに言われたことがショックでね
     本当にエルストさんが、僕たちに言ったことを、間違いだって悔いてるなら
    今ここにいる僕たちは何なんだろうって考えたら、気持ちが落ち込んじゃってさ‥‥‥」
ペリエ「うーん‥‥‥あんまり」
フォルス「あんまりって‥‥‥ペリエは、何とも思わないのか?」
ペリエ「ちょっと、むかついた」
フォルス「ちょっと!?」
ペリエ「ぺりえが、いちばんしんじてるのは、おにいちゃん
    にばんめのひとに、おにいちゃんをばかにされたら、むかつく
    それだけ」
フォルス「それだけって‥‥‥」
ペリエ「おにいちゃんのこと、しんじていれば、きもちが、あったかくなる
    いまさら、やめらんない ぎゅー」
(ぎゅうっ)
フォルス「うわっ、こら、いきなり抱きつくなって」
ペリエ「おにいちゃんは、あったかくならない?」
フォルス「それは‥‥‥」

‥‥‥そんなの、あったかいに決まってるじゃないか
まったく、これだからペリエにはかなわないんだよな‥‥‥

第11話

ペリエ「むー‥‥‥」
フォルス「あれ? もしかして、不機嫌?」
ペリエ「あいつ、また、ぺりえのこと、ちびっていった!
    ぺりえ、あいつきらい!」
フォルス「あいつって‥‥‥ そうか、アトシュのことだな」
ペリエ「あんなやつ、なまみずのんで、おなかこわしちゃえばいいんだ!」
フォルス「地味に厳しいこと言うなあ‥‥‥
     それでも、今日はそのおかげで、戦いに勝てただろ?」
ペリエ「む‥‥‥
    おにいちゃんがあいつをしんじるなら、もちろん、ぺりえもしんじる
    けど、やっぱり、あいつきらい
    ふるいおさかなたべて、おなかこわしちゃえばいい!」
フォルス「また厳しいこと言うなあ‥‥‥」
ペリエ「あべるとが、まえに、いってた きらいなのは、わるいことじゃないって
    すきってきもちをもってるひとは、おなじくらい、なにかをきらいであたりまえ
    だいじなのは、きらいをりゆうに てきをつくらないことだって
    きらいなままでも、なかよくいっしょにたたかえることだって」
フォルス「‥‥‥アベルトらしいっていうか‥‥‥ 時々すごく難しいこと言うよなあ、彼‥‥‥」
ペリエ「ぺりえ、ちゃんとだいじなこと、まもったよ
    だから、あたま、なでる」
(ぐしぐし)
フォルス「うん、えらいえらい」
ペリエ「にへ
    ‥‥‥おにいちゃん、だいすき」
フォルス「僕もだよ」

大人びた考え方もできるようになってきたみたいだけど
やっぱり、ペリエはペリエだな‥‥‥

第12話

ペリエ「けっきょく、ぺりえはなんだったんだろう
    めいとるぱのいきもの、だとおもってた
    けど、ちがった
    あのしろいばしょ、めいとるぱじゃなかった
    ぺりえは‥‥‥なんか、へんなぴかぴかだった」
フォルス「やっぱり、不安かい?」
ペリエ「ん‥‥‥
    あんまり、かんがえたくない むねが、きゅってなる
    べんきょうしても、べんきょうしても、あのしろいばしょのこと、わからなかった
    さがしても、さがしても、ぺりえのなかま、みつからなかった
    ものまねのてんしにおねがいしても、ぺりえのきおく、もどってこなかった
    ‥‥‥そのりゆうが、わかっちゃったから
    ぜんぶぜんぶ、むだだったんだって、わかっちゃったから、だからっ!」
フォルス「落ち着いて、ペリエ」
ペリエ「わふっ!?
フォルス「大声出したら、大家さんにまた屋根に上ってること、ばれちゃうよ」
ペリエ「‥‥‥むぐーっ」
フォルス「気にしなくていいんだ
     君が何者だったとしても、誰一人、態度を変えたりしないさ
     君の出身がどこでも、君の正体が何でも、
     怒った大家さんは容赦してくれないよ」
ペリエ「‥‥‥むぐー」
フォルス「そしてもちろん、僕だって一緒だ
    何があっても、ずっとそばにいるよ」
ペリエ「むぐ‥‥‥ほんと?」
フォルス「ああ、本当だ
     ペリエ自身が嫌だって言っても、僕は君を離すつもりはないぞ?
     何せペリエは、僕の何より大切な妹で、自慢の響友なんだから」
ペリエ「‥‥‥ん‥‥‥」

‥‥‥ペリエ、震えてた よっぽど不安なんだな‥‥‥

第14話

好感度4・5
ペリエ「もうすぐ、たたかいがおわる」
フォルス「ああ‥‥‥ようやく、だな
     僕たちが子どものころには、もう始まっていた戦い
     僕たちが出会ったことも、この戦いの一部だった‥‥‥んだっけ」
ペリエ「それだけじゃ、ない、ぺりえがうまれたことも、そう
    ぺりえは、うまれてからいままで、ぜんぶのじかんが、このたたかいのいちぶ」
フォルス「‥‥‥悔しいとか、思ってる?」
ペリエ「ん、ちょっとだけ でも、だいじょうぶ
    ぺりえをしんじてくれてるひとがいる、だから、ぜったいだいじょうぶ」
フォルス「じゃあ、その後の話をしよう」
ペリエ「‥‥‥あと? あと?」
フォルス「君が君として生きてきたこれまでの時間のすべてが、戦いの一環だった……なら、
     戦いが終わった後の時間を全部、このまま僕がもらってもいいかな」
ペリエ「……んー?」
フォルス「いまさらだけど、言っておかないといけない大切な言葉を思い出したんだよ
     僕は君が好きで、これからも一緒にいたいと思ってる
     そして、君も同じ気持ちでいてくれてると、自信過剰かもしれないけど、勝手に信じてる
     どうかな?」
ペリエ「む‥‥‥そのしつもんはずるい、ぺりえのこたえ、ひとつしかない」
フォルス「それでも答えを言葉でほしくなる時はあるものなのさ」
ペリエ「むー‥‥‥わかった、でも、いっかいしかいわない!
    ‥‥‥だいすき
    いもうとが、おにいちゃんを すきなのとは、きっと、ちがう
    おんなのことして、おとこのひとのおにいちゃんを、だいすき
    ずっとずっと、いっしょにいたい そばにいたい、くっついていたい
    ‥‥‥あう、なんどもいったことばなのに、なんだかこんかいだけ、すごくはずかしい」
フォルス「‥‥‥」
ペリエ「あ、こら! てれるくらいなら、さいしょからいわせるなー!
    だいたいおにいちゃんは、れでぃのあつかいが、なってない!
    ぺりえは、こどもじゃない! おとなのおんなとしてあつかうべき!」
フォルス「‥‥‥そうなの?」
ペリエ「だって、こどものままじゃ、おにいちゃんと、けっこんできない
    けっこんできないと、おにいちゃんをひとりじめできない」
フォルス「そんなの、気にすることないのにな‥‥‥
     ペリエはペリエのままでいいんだぞ?」
ペリエ「だめ、そんなの、ぺりえがなっとくできない」
フォルス「やれやれ、妙なところで強情だな‥‥‥」

明日は、最後の決戦だ 何が起こるのか、想像もつかないけど‥‥‥
僕たちは、必ず生きて帰ってくる そして、一緒にこれからの時間を過ごすんだ
僕ら二人の心が響き合い選び取った、他の誰の仕組んだものでもない、
そういう二人の時間を‥‥‥



好感度3
ペリエ「もうすぐ、たたかいがおわる」
フォルス「ああ‥‥‥ようやく、だな
     僕たちが子どものころには、もう始まっていた戦い
     僕たちが出会ったことも、この戦いの一部だった‥‥‥んだっけ」
ペリエ「それだけじゃ、ない、ぺりえがうまれたことも、そう
    ぺりえは、うまれてからいままで、ぜんぶのじかんが、このたたかいのいちぶ」
フォルス「‥‥‥悔しいとか、思ってる?」
ペリエ「ん、ちょっとだけ でも、だいじょうぶ
    ぺりえをしんじてくれてるひとがいる、だから、ぜったいだいじょうぶ」
フォルス「じゃあ、その後の話をしよう」
ペリエ「‥‥‥あと? あと?」
フォルス「君が君として生きてきたこれまでの時間のすべてが、戦いの一環だった……なら、
     戦いが終わった後の時間を全部、このまま僕がもらってもいいかな」
ペリエ「……んー?」
フォルス「いまさらだけど、言っておかないといけない大切な言葉を思い出したんだよ
     僕は君が好きで、これからも一緒にいたいと思ってる
     そして、君も同じ気持ちでいてくれてると、自信過剰かもしれないけど、勝手に信じてる
     どうかな?」
ペリエ「む‥‥‥そのしつもんはずるい、ぺりえのこたえ、ひとつしかない」
フォルス「それでも答えを言葉でほしくなる時はあるものなのさ」
ペリエ「むー‥‥‥わかった、でも、いっかいしかいわない!
    ‥‥‥だいすき
    ずっとずっと、いっしょにいたい そばにいたい、くっついていたい
    ‥‥‥あう、なんどもいったことばなのに、なんだかこんかいだけ、すごくはずかしい」
フォルス「‥‥‥」
ペリエ「あ、こら! てれるくらいなら、さいしょからいわせるなー!
    だいたいおにいちゃんは、れでぃのあつかいが、なってない!
    ぺりえは、こどもじゃない! おとなのおんなとしてあつかうべき!」
フォルス「そんなの、気にすることないのにな‥‥‥ ペリエはペリエのままでいいんだぞ?」
ペリエ「だめ、そんなの、ぺりえがなっとくできない」
フォルス「やれやれ、妙なところで強情だな‥‥‥」

明日は、最後の決戦だ 何が起こるのか、想像もつかないけど‥‥‥
僕たちは、必ず生きて帰ってくる そして、一緒にこれからの時間を過ごすんだ
僕ら二人の心が響き合い選び取った、他の誰の仕組んだものでもない、
そういう二人の時間を‥‥‥

ED

好感度4・5
フォルス「ふあ‥‥‥あふう こんな時間に起きると、さすがに眠いな
     二度寝したいところだけど、そういうわけにもいかないかな
     ちょっと、目を覚ましに行ってくるか‥‥‥」

フォルス「おお‥‥‥ こりゃ、いい眺めだ
     そういえば、こんな時間にここに来たことはなかったっけな
     ちょっと時間を変えただけなのに、見慣れた光景が、新鮮に見えるなぁ‥‥‥」
ペリエ「あふ‥‥‥ おにいちゃん、なにしてる?
    もうすぐ、しゅっぱつのじかん はやく、えきにむかうべき」
フォルス「分かってるさ、でもあと少しだけこの街を眺めさせてくれよ
     次にセイヴァールに戻ってこれるのは何年も先のことになるかもしれないんだから」
ペリエ「らいる‥‥‥なんだっけ? ぺりえたちを、よんでるのは」
フォルス「ライル機関、だね‥‥‥ロレイラル出身者が中心になった研究機関、だっけか
     また冥土の脅威がこの世界を襲うのに備えて 僕たちの力を分析したいって」
ペリエ「‥‥‥やくにたてるのは、うれしいけど、やっぱり、ここをはなれるの、さびしい」
フォルス「僕もだよ セイヴァールは第二の故郷だからね
     というか、第一と第二の故郷以外、どこにも行ったことないんだけど」
ペリエ「それでも、いく?」
フォルス「さっきペリエが自分で言ってただろ? 僕たちが役に立てるんだ
     それだけで、行かない理由はないよ」
ペリエ「んむ‥‥‥」
フォルス「やっぱり、不安かい?」
ペリエ「んむ、でもだいじょうぶ おにいちゃん、いっしょだから
    ずっとずっといっしょだから、ぺりえは、だいじょうぶ」
フォルス「そっか‥‥‥うん、やっぱりペリエは強いな 君が響友で、本当によかったよ」
(ぐしぐし)
ペリエ「む! あたま、なでるの、だめ!」
フォルス「えっ?」
ペリエ「こどもあつかい、だめ! ぺりえ、れでぃになるから!
    おにいちゃんのそば、ずっといられる、いちにんまえのれでぃ、なるから!」
フォルス「‥‥‥そっか、うん、ごめん 確かに、レディの頭をなでるのは失礼だね」
ペリエ「そう!」
フォルス「じゃあ、ええと‥‥‥」
ペリエ「かわりに、しゃがむ! あたま、さげる?」
フォルス「え? なんで?」
ペリエ「いいから!」
フォルス「まあ、そのくらいならいいけど‥‥‥
     むぐっ!?」
(ちゅうううううう!)
ペリエ「むぐー! むー、むー!」
フォルス「むぐぐぐっ」
ペリエ「む、むむー、むーっ!」
フォルス「ぷはっ‥‥‥ ペ、ペリエ!?」
ペリエ「すは、すは、すは‥‥‥
    お、おとなのれでぃだから、ちゅーだって、たくさんする!」
フォルス「それはそうかもしれないけど、 ものには限度ってものが‥‥‥
     って、まずい! そろそろ本格的に出発まで時間が残ってない!」
ペリエ「む、それはしかたがない! つづきはえきについてから!」
フォルス「まだやるの!?」
ペリエ「ぺりえはおにいちゃんがだいすきで、おにいちゃんはぺりえがだいすき!
    だから、これからも、ずっといっしょ!
    だから、ちゅーだって、たくさんたくさん、たくさんする!
    どんなにちゅーしてもたりないくらい、ぺりえは、おにいちゃん、だいすきだから!」

ぺりえが、ここにいるということ いきて、かんがえて、うごいているということ
おにいちゃんにあったのが、ぺりえのぜんぶのはじまり
なまえも、すがたも、いのちも、ぜんぶぜんぶ、おにいちゃんにもらった
もし、あのとき、おにいちゃんが ぺりえのまえにおちてこなかったら
わたしはいまごろ、なにになってた?
かんがえれば、かんがえるほど、こわくなる でも、おなじくらいうれしさでいっぱいになる
おにいちゃん‥‥‥ぺりえとであってくれて、ありがとう
ぺりえをかたちづくってくれて、ありがとう ぺりえとあゆんでくれて、ありがとう

「ぺりえとひびきあってくれて、ほんとうに、ありがとう! おにいちゃん……だいすきっ!」



好感度3
フォルス「ふあ‥‥‥あふう こんな時間に起きると、さすがに眠いな
     二度寝したいところだけど、そういうわけにもいかないかな
     ちょっと、目を覚ましに行ってくるか‥‥‥」

フォルス「おお‥‥‥ こりゃ、いい眺めだ
     そういえば、こんな時間にここに来たことはなかったっけな
     ちょっと時間を変えただけなのに、見慣れた光景が、新鮮に見えるなぁ‥‥‥」
ペリエ「あふ‥‥‥ おにいちゃん、なにしてる?
    もうすぐ、しゅっぱつのじかん はやく、えきにむかうべき」
フォルス「分かってるさ、でもあと少しだけこの街を眺めさせてくれよ
     次にセイヴァールに戻ってこれるのは何年も先のことになるかもしれないんだから」
ペリエ「らいる‥‥‥なんだっけ? ぺりえたちを、よんでるのは」
フォルス「ライル機関、だね‥‥‥ロレイラル出身者が中心になった研究機関、だっけか
     また冥土の脅威がこの世界を襲うのに備えて 僕たちの力を分析したいって」
ペリエ「‥‥‥やくにたてるのは、うれしいけど、やっぱり、ここをはなれるの、さびしい」
フォルス「僕もだよ セイヴァールは第二の故郷だからね
     というか、第一と第二の故郷以外、どこにも行ったことないんだけど」
ペリエ「それでも、いく?」
フォルス「さっきペリエが自分で言ってただろ? 僕たちが役に立てるんだ
     それだけで、行かない理由はないよ」
ペリエ「んむ‥‥‥」
フォルス「やっぱり、不安かい?」
ペリエ「んむ、でもだいじょうぶ おにいちゃん、いっしょだから
    ずっとずっといっしょだから、ぺりえは、だいじょうぶ」
フォルス「そっか‥‥‥うん、やっぱりペリエは強いな 君が響友で、本当によかったよ」
ペリエ「えへへ、あたまなでなできもちいい‥‥‥
    おにいちゃん、だいすき!」
(ペリエ抱きつく)
フォルス「わ、わわっ! ちょっと、ペリエ!」
ペリエ「むぎゅー! むー、むーっ!」
フォルス「むぐぐぐっ、ぐるしい‥‥‥」
ペリエ「むぎゅ、ぎゅ、ぎゅーっ!」
フォルス「ぶはぁっ‥‥‥! ペ、ペリエ!?」
ペリエ「いまの、ぺりえのきもち ちからいっぱいひょうげんしてみた!」
フォルス「それはそうかもしれないけど、ものには限度ってものが‥‥‥
     って、まずい! そろそろ本格的に出発まで時間が残ってない!」
ペリエ「む、それはしかたがない! つづきはえきについてから!」
フォルス「まだやるの!?」
ペリエ「ぺりえはおにいちゃんがだいすきで、おにいちゃんはぺりえがだいすき!
    だから、これからも、ずっといっしょ!」

ぺりえが、ここにいるということ いきて、かんがえて、うごいているということ
おにいちゃんにあったのが、ぺりえのぜんぶのはじまり
なまえも、すがたも、いのちも、ぜんぶぜんぶ、おにいちゃんにもらった
もし、あのとき、おにいちゃんが ぺりえのまえにおちてこなかったら
わたしはいまごろ、なにになってた?
かんがえれば、かんがえるほど、こわくなる でも、おなじくらいうれしさでいっぱいになる
おにいちゃん‥‥‥ぺりえとであってくれて、ありがとう
ぺりえをかたちづくってくれて、ありがとう ぺりえとあゆんでくれて、ありがとう

「ぺりえとひびきあってくれて、ほんとうに、ありがとう!」


トップ   差分 履歴 リロード   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-06-17 (月) 00:00:00