第2話

アルカ「ふぅ‥‥‥ 今日も一日、いろいろあったなぁ
     ちょっと星でも見てから 家に帰ろうかな」
シーダ「おんや?」
アルカ「あれ? どうしたのシーダ、こんなところで」
シーダ「そりゃこっちのセリフだよ 子どもはもう寝る時間だろ?」
アルカ「はは‥‥‥ シーダにだけは言われたくないな、それ
     夜の一人歩きは危ないんじゃないの、一応、今はそんな姿なんだし」
シーダ「お? そういう気遣いもできるんだな でも一応は余計だ
    今日はまあ、思うところがいろいろあってな 部屋にいると落ち着かなかった
    どこかでのんびり月でも見上げながら 物思いにふけろうかと思ったわけだ」
アルカ「夜空を見上げて考え事するシーダか‥‥‥ 絵にだけはなりそうな光景だね」
シーダ「ケンカ売ってんのかお前?」
アルカ「まさか、そんなわけないでしょ シーダは美人だなって話だよ」
シーダ「‥‥‥そーゆーのを本心から言えるのが お前の怖いとこだよな
    ああ、そういえば今日はまたフローテが世話をかけたな」
アルカ「え? ああ、別にいいよ 世話ってほどのこともしてないし
    フローテも、わたしにとっては大事な妹みたいなものだからね」
シーダ「‥‥‥あの見た目と性格だ、あいつを妹扱いすんのは、アタシとお前くらいだろうな
    本性がちびっこい悪魔だってことは、アタシらしか知らないわけだしな」
アルカ「そうだね、だからこそ僕たちが優しくしてあげないと」
シーダ「まったく、どこまでも子どもに弱いやつだな
    でもな、あまりうちのフローテは甘やかさないでくれ
    これ以上あいつがあんたの方に懐くと、アタシの立場ってものがなくなる」
アルカ「あはは、まさか、そんな」
シーダ「冗談だよ‥‥‥ああいや、ほんの少しくらいは本気が混じってるかな?
    ふわぁ‥‥‥ さすがに、そろそろ眠くなってきた
    アタシは帰る お前も、あまり夜更かししないで、早く寝ろよ」
アルカ「うん、わかってるよ それじゃ、また明日」
シーダ「おう、また明日」

まったく、シーダにはかなわないな……

第3話

シーダ「よっ、お邪魔するよ」
アルカ「シーダ‥‥‥」
シーダ「あいっかーらずお前、こーゆートコ好きだよなー?」
アルカ「フローテは?」
シーダ「もちろんベッドの中さ あの子、悪魔のくせに夜ふかしは苦手だからね
    それとも、アタシと二人での月見は不満か?」
アルカ「‥‥‥そんな怖いことは言わないけどね、もちろん」
シーダ「どうせあんたのことだから、今日のことでごちゃごちゃ考えてるだろ
    そういうときに一人になるとな、よけいに変な考えしか浮かばないんだ
    相談しろとは言わないから、悩むなら隣に誰かいる時にしな」
アルカ「‥‥‥それを言いに、わざわざここまで来てくれたの?」
シーダ「まあ、だいたいそんなもんだ ん? 何かおかしいか?
    アタシはアンタたちの「アネゴ」だからな 心配する権利ってもんがある
    ‥‥‥何笑ってんだ?」
アルカ「あはは、いや、何でもないの
    ただちょっと、こういうのって嬉しいなって思っただけで」
シーダ「そか
    よくわからんけど、元気が出たなら何よりだ」
アルカ「うん‥‥‥そうだね」

ほんと、シーダにはかなわないな‥‥‥

第4話

シーダ「聞いたぞー 学園に行ってきたんだって?
    やっぱりあれか? かわいい後輩達にきゃーきゃー言われて囲まれてきたのか?」
アルカ「‥‥‥いやあ、まあ‥‥‥ そんなに間違ってはいないかな‥‥‥」
シーダ「え、まじで?」
アルカ「物珍しい生き物ってことで、注目を集めてきたよ」
シーダ「へえー‥‥‥ お前たちがねえ?」
アルカ「シーダは、学園は出てないんだっけ?」
シーダ「ああ、そうだな アタシの師匠は、おふくろさ
    うちは、大昔から一本の樹を守り続けてる召喚師の一族でな?
    生まれた直後から、当然のように召喚師としての修行をやらされてたのさ」
アルカ「へえ‥‥‥英才教育だ」
シーダ「どうかねえ? よその教育と比べたこと、ねえからなあ
    それに、修行が完成するちょっと前に、家を飛び出しちまってね」
アルカ「えっ!?」
シーダ「正直なところ、実家で教えられたことを全部身につけてるわけじゃないのさ」
アルカ「じゃあ、フローテは‥‥‥」
シーダ「あの子と出会ったのも、家出中のことさ ‥‥‥まあ、いろいろとあってね
    そんなわけだから、まあ、古巣がこの街にあるお前たちのことは、
    ちょっと羨ましい‥‥‥かもしれないなー」
アルカ「‥‥‥あのさ、シーダ
    役者不足かもしれないけれど、わたしたちは、シーダの同僚で後輩だし、
    友達みたいなものでもあると思ってるから、その‥‥‥なんていうか」
シーダ「‥‥‥ははっ なにいきなり、可愛いこと言ってんだ
    大丈夫、別に寂しいとかそういう気分になってるわけじゃねーから
    そのへんは、お前たちのおかげだ 感謝してるぞ?」
アルカ「え? あ、ああ、うん、どういたしまして‥‥‥?」
シーダ「さって、寝るか 夜風は身体に毒だしな
    それじゃまた明日、任務で会おうな‥‥‥ご同輩?」
アルカ「あ、うん、おやすみ‥‥‥」

シーダの昔のことなんて、初めて聞いたな‥‥‥

第5話

シーダ「聞いたぜ聞いたぜ? 新しく誓約した子、おまえの後輩なんだって?
    なあなあ、どんな子だ? 元気か? 強いか? やってけそうか?」
アルカ「う、うーん‥‥‥ 元気な子、ってのは間違いないかな
    そそっかしいところはあるけど、曲がったところのない、いい子だよ」
シーダ「あー、つまりそれは、あれか 新人のころのおまえみたいな感じか?」
アルカ「‥‥‥そういうのって、自分じゃよくわからないよ」
シーダ「素直で、かわいかったぜー? いじめがいがあった」
アルカ「そういうのを、本人に向かって言うのも、どうなんだろう‥‥‥」
シーダ「まあ、その子がどういう道を志すかはまだわかんねーか
    事件の中で誓約したっていうなら、今後どうするかなんて考えてないだろうけど
    万が一、うちに来たりしたら、にぎやかなことになりそうだな?」
アルカ「うーん‥‥‥」
シーダ「ん、どうした?」
アルカ「万が一っていうか‥‥‥まず間違いなく、ルエリィはわたしと同じ道を目標にしてるから
    もしかしたら、そう遠くないうちに、本当にそういうことになるかもなって」
シーダ「へーえ? そりゃまた、ますます結構なこった
    その時には、せいぜいかわいがってあげなよ、セ・ン・パ・イ?」
アルカ「あはは‥‥‥」

ルエリィは、どういう道を選ぶんだろうな‥‥‥

第6話

シーダ「ん? どうしたアルカ、今夜も散歩か?」
アルカ「うん、ちょっと眠れそうになくてね シーダは‥‥‥」
シーダ「ん?」
アルカ「散歩にしては、ずいぶんと大きなバスケットを持ってきてるみたいだけど」
シーダ「おう、パイにケーキにシュークリーム、いろいろ取り揃えてあるぜ
    月でも見ながら食べようと思ってな お前も食べるか?」
アルカ「じゃあ、お言葉に甘えて、甘すぎなさそうなやつをひとつ」
シーダ「それじゃ、ほい サワーフルーツのパイだ」
アルカ「ありがと‥‥‥もしかしてまた、子どものふりしてもらってきたの?」
シーダ「いんや、普通に買ってきた
    というか、あんた、アタシのこと誤解してないか?
    アレをやるのは、誰かにちょっと甘やかしてほしいなって気分の時だけだぞ?」
アルカ「‥‥‥シーダにも、そんな気分の時があるの?」
シーダ「アタシを何だと思ってるんだ こう見えても、年ごろの乙女だぞ」
アルカ「え? あー‥‥‥うん 確かに、そう見えるけど」
シーダ「なんだか、ずいぶんと含みのある言い方するねえ」
アルカ「そ、そう? 言葉そのままのつもりでいたけど」
シーダ「ふんだ、別にいいさ あんたにそういう期待はしてないし」
アルカ「‥‥‥でも シーダが本当に誰かに甘えたくなった時は
    わたしたちを頼ってくれると、嬉しいんだけどな」
シーダ「‥‥‥な、
    なに言ってんの、それじゃ立場があべこべでしょ
    アタシがアネゴで、あんたはその妹分
    甘えるのはあんたで、甘やかすのがアタシ、そうでしょ?」
アルカ「それはまあ、そうなんだけど、もしもの時の話だよ
    シーダだって、女の子なんだし、さ」
シーダ「‥‥‥っ!、
    さ、寒くなってきたから 帰って寝る!」
アルカ「え? あ、うん おやすみ‥‥‥」

急に血相を変えて、どうしたんだろう、シーダ‥‥‥

第7話

シーダ「うわ、ひでー顔」
アルカ「‥‥‥そんなに驚かれるほど、顔色悪いかな?」
シーダ「悪いっつーか、何つーか、もう生きてる人間に見えないんだが
    さっき別れる時にはふつうに見えたから油断したな‥‥‥
    みんなの前では、せいいっぱい強がって見せてたってわけか」
アルカ「‥‥‥ギフトは、わたしの、友達だったんだ
    でも、わからなくなった なんで、ギフトがあんなことしたのか
    もしかしたら、友達だと思っていたのは わたしのほうだけだったかもしれないって
    そう考えると、なんだか、足元がぐらぐらするような感じがして」
シーダ「やめろ」
アルカ「‥‥‥え?」
シーダ「そーいうことは、弱ってるときに考えるもんじゃない
    いたずらに自分を追い詰めるだけで、何の得にもなりゃしないんだ」
アルカ「でも‥‥‥」
シーダ「ああもう、めんどくさいやつだな ちょっと頭、下げろ」
アルカ「え?」
シーダ「いいから、早くしろ」
アルカ「うん‥‥‥」
シーダ「もうちょっと低く‥‥‥ ああ、そのへんだ」
(なでなで)
アルカ「‥‥‥え、ちょっと?」
シーダ「弱ってる時にはな、素直に誰かに甘えりゃいいんだよ
    一人でどうにか解決する、なんてタイプの人間でもないだろ、おまえは」
アルカ「いや、ちょっと‥‥‥ 頭なでられるのは、さすがに恥ずかしいよ
    小さな子どもじゃないんだから」
シーダ「気にすんな、どうせ誰も見ちゃいない
    こんな体じゃなければ、アタシの胸で泣け! とか言えたかもだな
    ちょっと惜しいことをした」
アルカ「あはは‥‥‥」
シーダ「どうだ? 少しは、楽になったか?」
アルカ「うん‥‥‥ ありがとう、もう大丈夫だよ
    っていうか、もう大丈夫にならないと、もっと恥ずかしいことをされそうだよ」
シーダ「よくわかってるじゃないか
    次は子守歌を歌ってやろうと思ってたんだけどな
    まあ、こうなった以上はしょうがない そいつは次の機会に回すさ」
アルカ「次は、やるんだ‥‥‥?」
シーダ「もちろんだ それが嫌なら、悩みを抱え込むな」
アルカ「うん、わかってる」

シーダには、どうしても子ども扱いされちゃうんだよね
だからかな‥‥‥子どもみたいに甘えたくなっちゃうのは‥‥‥

第8話

シーダ「‥‥‥やっぱり、案の定だ 今夜も、ひどい顔してるな」
アルカ「だって‥‥‥」
シーダ「あの友人クンが変わってたことが、そんなに苦しいか?
    いや、そうじゃないか おまえのことだから、むしろ逆だろうな
    昔とほとんど変わってない友人が、あれだけの非道をやってのけたから、
    お前は、止められなかった自分を責めているわけだ
    まったく、どこまで損な性分をしてるんだかな」
アルカ「‥‥‥やっぱり、シーダには、隠し事できそうにないな
    どうしてそんなに、簡単に見抜かれちゃうんだろ」
シーダ「そんなの‥‥‥ ずっと見てるからに、決まってるだろ」
アルカ「え?」
シーダ「ちょっとでも目を離したら、何をしでかして何を抱え込むか、わかったもんじゃない
    そんな危なっかしい後輩から目を離すなんて恐ろしいこと、できるわけないだろ」
アルカ「あ、そうか‥‥‥ そういう意味か
    ごめん、何かいま、恥ずかしい勘違いをしかけちゃったよ」
シーダ「ん? どういう勘違いをしたって?
    そのへん詳しく、話してごらん?」
アルカ「な、なんでもないよ 気にしないで」
シーダ「おやあ? ついさっき、隠し事はできないとか言ってなかったか?」
アルカ「それでも隠しておきたいことくらいあるの!」
シーダ「‥‥‥だったら、隠す気がなくなるまでアタシは待つさ
    これでも、気の長いほうなんだ いつでも好きな時に、ぶちまけに来な」
アルカ「まったく‥‥‥本当に、シーダにはかなわないな‥‥‥」

元気づけてくれるのはうれしいけど、からかうのは、勘弁してほしい‥‥‥

第9話

シーダ「まさか、あの子が冥土使いの口車に乗っかるとはねえ
    無事に帰ってきたからいいようなものの、心臓が壊れるかと思ったよ
    いつものことだけどさ、お前たちのコンビは危なっかしすぎる
    見てるこっちが、たまったもんじゃないんだ あまり心配かけんじゃないよ」
アルカ「ごめん‥‥‥」
シーダ「返事だけは立派だけどな、どうせ改めるつもりはないんだろ?」
アルカ「うん‥‥‥」
シーダ「‥‥‥この正直者め」
アルカ「ごめん
    今日、先生‥‥‥大校長に冥土召喚術のことを聞いて、改めて思ったんだ
    あの力は絶対に間違ってる、世界にあっちゃいけない力だよ
    だからギフトのことは必ず止める
    きっと、それは、わたしたちがやらなくちゃいけないことなんだ」
シーダ「今日はあの不思議な光のおかげで無事に済んだけどな、
    そもそもあの光が何なのか、どうして起こったのかもわからないんだ
    これからも同じように助かるとは限らないんだぞ?
    せめて、半歩退いてことに臨むくらいの慎重な姿勢でだなあ」
アルカ「やらなきゃいけないことが目の前にあったら、迷わずにやるよ
    シーダには悪いと思ってるけど、これだけは、譲れないよ」
シーダ「はあ‥‥‥まったく、困ったやつだ」

あきれられるのも仕方がないかな、だってこれがわたしなんだから‥‥‥

第10話

シーダ「おーい、まだ生きてるかー ‥‥‥って、こりゃ重症だ
    最近、夜中におまえに会っても全然イイ顔見られないんだよなあ
    たまにはこう、夜にふさわしい大人の時間とかは過ごせないもんなのかね」
アルカ「シーダ‥‥‥」
シーダ「あーもう、わかったわかった、真面目にするから、そんな目で見るな
    それで? 久しぶりに会った大先輩に突き放されて、そんなにキツかったのか?」
アルカ「わたしたちは、エルストさんに憧れて、エルストさんの言葉に導かれてここに来た
    召喚師になったのも、みんなのためにと言って戦ってきたのも、全部そうだよ
    なのに、今さら‥‥‥ それが全部間違いだった、なんて」
シーダ「いやはや、まったく、エルスト先輩は果報モンだね
    後輩にここまで慕ってもらえりゃ、先達としちゃ感無量だろうよ」
アルカ「茶化さないでよ」
シーダ「アタシは大真面目さ 本気でそう思ってんだ
    エルスト先輩は最高の果報モンで、ついでに最悪の不幸モンだってな」
アルカ「どういうこと?」
シーダ「どうもこうもないだろ
    たとえば、だ‥‥‥今、アタシが道を踏み外したら、おまえはどうする?
    召喚師の力を悪用すれば、盗みやら何やら、いろいろ犯罪もやりやすいしな
    響友のフローテも、あの通り素直な子だ 言いくるめるのは簡単だしな」
アルカ「そんな‥‥‥シーダがそんなことするはずないでしょ?」
シーダ「いいから答えろ、仮定の話でいいんだ」
アルカ「‥‥‥そりゃ、止めるよ 当たり前じゃない
     ぶん殴ってでも、ってわけにはいかないから、お尻を叩いてでも止める」
シーダ「だろうな ‥‥‥つまりアタシは、幸せモンなのさ
    道を間違えそうになった時に、尻を叩いてくれる後輩がいる
    でもな、エルスト・ブラッテルンにはそいつがいないんだ」
アルカ「‥‥‥あっ!」
シーダ「シーダがそんなことするはずない、って さっきおまえは言ったよな?
    エルストだって、そうだったはずだ あんなこと、するはずない人だったんだろ?
    だったら、おまえが正してやれ
    おまえたちの信じたエルストを、間違えちまったエルストにぶつけてやれ
    そいつは、たぶん、おまえたちにしかできないことだし
    エルスト本人も、そうされることを望んでいるはずさ
    ‥‥‥少なくとも、アタシは、そう思ってるよ」

わたしたちの信じたエルストさんを、今のエルストさんにぶつける‥‥‥
ありがとう、シーダ おかげで大切なことを忘れずにすんだよ

第11話

シーダ「あの双子を見てたら、フローテと会う前の自分を思い出したよ」
アルカ「そういえば、シーダの昔の話ってあまり聞いたことなかったね」
シーダ「いい女には謎が多いもんだからね、あまりぺらぺらしゃべることでもないし
    とはいえ、まあ、あんたにだったら話してもいいか」
アルカ「何か、秘密があるの?」
シーダ「まあね‥‥‥アタシの実家は、まあ、かなり古い召喚師の家柄でさ
    ウソかホントかは知らないけど、先祖はあの超律者と一緒に戦ったこともあるとか」
アルカ「‥‥‥すごいね、それは」
シーダ「まあ、先祖は先祖で、アタシたちはアタシたちだよ
    それでさ、古い召喚師にありがちな話で、うちにも一族の使命みたいなもんがあって
    それが、一本のでっかい樹を ずっと守護するってもんなんだよ」
アルカ「でっかい樹?」
シーダ「おまえもよく知ってる樹さ アルミネスの樹の原木だ
    天使アルミネが地上に遺した最後の奇跡 尽きることのない慈愛の象徴」
アルカ「‥‥‥うわああああ!? シーダの実家、ほんとにすごいよ!?」
シーダ「といっても、世界のあちこちに株分けされてるから、ありがたみはそこそこだ」
アルカ「‥‥‥セイヴァール学園の並木道にも、アルミネスの樹が並んでるね
    ありがたみがへってるとは、まったく思えないけど‥‥‥」
シーダ「生まれた時からずっと世話してたら、そんな気も失せるって
    周りに何もない田舎で、遊べるところは全然ないし
    たまの祭りも、みんなで芋をふかして食べるだけなんだぞ?」
アルカ「それはそれで、楽しそうではあるけど‥‥‥」
シーダ「まあ、そんな生活に嫌気がさして、飛び出してきたってわけだ
    いちおうあとのことは妹たちに任せてはきたけど
    ‥‥‥あいつら、元気でやってっかな
    アタシよか、よっぽどしっかりした連中だから 心配はいらないだろうけど」
アルカ「故郷が恋しい?」
シーダ「さすがに、何年も離れてれば あんな場所でも里心もつくわな
    真紅やブラッテルンの件もそろそろ落ち着くし 休暇をとって顔でも出すかねえ‥‥‥」

シーダの実家かあ‥‥‥ 一度、見てみたい気もするかな‥‥‥

第12話

シーダ「ほれ」
アルカ「うひゃあっ!?
    な、何!? いま首に触ってたの、何!?」
シーダ「そこまで驚くことないだろ、よく冷えたジュースだよ
    酒にしようかとも思ったんだが、今日はこっちのほうがいいだろ
    ほら、おまえの分」
アルカ「え? あ‥‥‥ありがと」
シーダ「それで、また夜中にひとりで考え事か? おまえも本当に飽きないな」
アルカ「ん‥‥‥今日はね、特に衝撃の新事実がたくさんあったから
    正直、自分でも飲みこみきれてないような気がするよ」
シーダ「ま、そうだろうな こっちで考えていたより、事情は複雑だった
    まして、おまえは当事者の一人だ いろいろと考えちまうこともあるだろうさ」
アルカ「今日は、悩むな、とか言わないの?」
シーダ「そいつをどうしようか、いま考えてる最中さ
    言ったところで素直に聞くともあんま思えんし
    何より、いまおまえが悩んでおかないと、明日、あいつの力になれないだろうしな」
アルカ「スピネルのこと、だね」
シーダ「自分が何者なのかを見失って、いま一番不安になってるのはあいつだろう
    だからおまえも、今のうちに悩んでおいて、明日になったらちゃんと隣で支えてやれ
    なに、心配するな、共倒れになる前に、ちゃんとアタシが支えてやるから」
アルカ「‥‥‥シーダには、ほんとに、甘えてばっかりだな‥‥‥」
シーダ「なーに言ってんだ こっちは全然、甘えられ足りないんだぞ
    もっとガンガンぶつかってこい、大丈夫、アタシゃそう簡単に壊れやしない」
アルカ「ほんと? じゃあ、遠慮なく」
(ぎゅうっ)
シーダ「わぷっ!? ちょ、ちょっと、おま‥‥‥」
アルカ「んー‥‥‥シーダはあったかいなあ‥‥‥」
シーダ「‥‥‥おまえなあ、ひとを猫か何かと勘違いしてないか」
アルカ「ダメだった?」
シーダ「いや、別にいいさ たまには、こういうのも悪くない」

ありがとう、シーダ‥‥‥ おかげで、落ち着いたよ

第14話

好感度4・5
シーダ「よっ、やっぱりきたな、ヒマ人め」
アルカ「この時間にここに来れば シーダに会えるってわかってるからね
    ちょっとくらい眠くたって来るに決まってるよ」
シーダ「なーに可愛らしいこと言ってくれちゃってんだか
    ま、せっかくの逢い引きも、空がこんなじゃムードも何もないけどさ」
アルカ「うん‥‥‥ 今日のところはガマンだね
    明日はきっと、降るような星空だよ」
シーダ「そいつはいいな 雰囲気的には、申し分ない
    ‥‥‥なあ、もしかしたら いまさらなこと聞いてるみたいだけどさ
    おまえ、なんでアタシに会いにくるんだ?」
アルカ「え? 会いたいからだけど?」
シーダ「そうじゃない! いや、そうだけど違う!」
アルカ「‥‥‥どっち?」
シーダ「いい年した若い女が会いにいく先は、ふつう同じくらいの年の男じゃないかとか
    そういう話だ!」
アルカ「一番会いたいのはシーダだけど、それじゃダメなの?」
シーダ「‥‥‥まさか、おまえ、本当にそういう趣味なのか‥‥‥?」
アルカ「いや、そうじゃなくて」
シーダ「だとしたら、なおさらアタシのところに来る理由がわからないな
    同性の友人としても、あんまり上等な部類の人間とは思えないんだけどね、アタシは」
アルカ「上等とか上等じゃないとか、そういう基準で友達を選びたくないなあ」
シーダ「そりゃそーだな、今のはナシだ
    それにしても、分からないのは本当なんだが」
アルカ「‥‥‥言わなきゃ、ダメ?」
シーダ「そりゃ、言いたくなけりゃ、無理にとは言わねーけど‥‥‥って、
    ああ、なんだ、そういうことか」
アルカ「わかっちゃったの!?」
シーダ「なんだかんで、重たいものを色々と背負わされてるからな、オマエは
    泣きたくなった時に、胸を借りられそうなアテが、他にないわけだ」
アルカ「‥‥‥ごめんね、ヘンな役割押しつけちゃって」
シーダ「気にすんな、アタシはあんたたちのアネゴなんだ
    かわいい妹分を甘やかすのは、アタシの権利であり義務であるってね
    貸せる胸がいまいちコンパクトなのがいまだ克服されざる大問題ではあるが」
アルカ「うん‥‥‥」
シーダ「‥‥‥まったく、手のかかる妹分を持っちまったもんだな
    こいつはどうやら、ずっと隣にいて面倒を見てやらないといけないらしい」
アルカ「うん‥‥‥ よろしく、ね」

手のかかる妹分、かあ‥‥‥ 言い返せないのがちょっと悔しいけど
逆に言えば、素敵なお姉さん分を持っちゃったんだな、わたし
シーダはいつだって、ぶっきらぼうに、優しい言葉をかけてくれる
その居ごこちのよさに‥‥‥ もうちょっと、甘えていてもいいよね?



好感度3
シーダ「よっ、やっぱりきたな、ヒマ人め」
アルカ「この時間にここに来れば シーダに会えるってわかってるからね
    ちょっとくらい眠くたって来るに決まってるよ」
シーダ「なーに可愛らしいこと言ってくれちゃってんだか
    ‥‥‥なあ、もしかしたら いまさらなこと聞いてるみたいだけどさ
    おまえ、なんでアタシに会いにくるんだ?」
アルカ「え? 会いたいからだけど?」
シーダ「‥‥‥まさか、おまえ、本当にそういう趣味なのか‥‥‥?」
アルカ「いや、そうじゃなくて」
シーダ「だとしたら、なおさらアタシのところに来る理由がわからないな
    同性の友人としても、あんまり上等な部類の人間とは思えないんだけどね、アタシは」
アルカ「上等とか上等じゃないとか、そういう基準で友達を選びたくないなあ」
シーダ「そりゃそーだな、今のはナシだ それにしても、分からないのは本当なんだが」
アルカ「‥‥‥言わなきゃ、ダメ?」
シーダ「そりゃ、言いたくなけりゃ、無理にとは言わねーけど‥‥‥って、
    ああ、なんだ、そういうことか」
アルカ「わかっちゃったの!?」
シーダ「なんだかんで、重たいものを色々と背負わされてるからな、オマエは
    泣きたくなった時に、胸を借りられそうなアテが、他にないわけだ」
アルカ「‥‥‥ごめんね、ヘンな役割押しつけちゃって」
シーダ「気にすんな、アタシはあんたたちのアネゴなんだ
    かわいい妹分を甘やかすのは、アタシの権利であり義務であるってね
    貸せる胸がいまいちコンパクトなのがいまだ克服されざる大問題ではあるが」
アルカ「うん‥‥‥」
シーダ「‥‥‥まったく、手のかかる妹分を持っちまったもんだな」
アルカ「うん‥‥‥ よろしく、ね」

手のかかる妹分、かあ‥‥‥ 言い返せないのがちょっと悔しいけど
逆に言えば、素敵なお姉さん分を持っちゃったんだな、わたし
シーダはいつだって、ぶっきらぼうに、優しい言葉をかけてくれる
その居ごこちのよさに‥‥‥ もうちょっと、甘えていてもいいよね?

ED

好感度3・4・5
シーダ「ところでアルカ、来週からしばらく休暇とれないか?」
アルカ「‥‥‥え、なに、いきなり? できないことはないと思うけど
    街に残ってた冥土は、アベルトたちの協力でほとんど片付けられたし、
    そろそろ第一線から外れていいって管理官さんが言ってたし」
シーダ「そか、よーしよし そしたら決まりだな」
アルカ「え、いや、いったい何の話してるの?」
シーダ「ああ、実はそろそろ、実家に顔を出そうと思ってたんだ
    前に話しただろ? うちはもともと、けっこう重たい使命を抱えた一族でさ
    アタシにも、実はけっこう面倒なお役目があったりすんのさ
    ちょいと長い家出の間、ずっとほったらかしてきたけど
    ‥‥‥今回がんばってるあんたを見てて、アタシらもちょっとは前を向こうかなって
    まあ、そう思ったワケ」
アルカ「お役目って‥‥‥じゃあもう、こっちには戻ってこれなくなったりとか‥‥‥」
フローテ「やめてよ、そんなぞっとしない話
     シーダの実家って、「大樹の守護者」のアフラーン一家なのよ?
     アルミネスの大樹のそばなんて、神聖っぽいし たぶん、悪魔の近づくところじゃないわ」
アルカ「あ、そういえば‥‥‥」
フローテ「‥‥‥べ、別に怖がってるわけじゃないのよ? ただほら、居心地悪そうじゃない
     シーダがどうしても帰りたいっていうから それなら、仕方が無いかしらねって」
シーダ「こいつ、ずっとアルミネスの樹を怖がって 反対してたんだけどさ
    どういう心境の変化か、条件つきでなら付き合ってもいいって言ってくれたのさ
    だったら、アタシも、そろそろ ちょっとは覚悟を決めるかねえって」
フローテ「ちょっ、ちがっ!」
アルカ「そっか‥‥‥ がんばったね、フローテ」
フローテ「‥‥‥だから、怖がってたわけじゃ‥‥‥」
シーダ「ま、お勤め自体は、三日もあれば終わる 大樹の簡単なお手入れだ
    面倒なのは、オヤジとか姉ちゃんとかに 子どものカッコで挨拶することだな
    後輩も紹介しなきゃいけないし、ちょいと嵐の予感がすんだよなぁ」
アルカ「はは、それは大変そう‥‥‥ って、あれ? 後輩を紹介?」
シーダ「いや、そこで不思議そうな顔すんなよ さっき確認しただろ、予定あけられるかって
    当然、お前も行くんだよ」
アルカ「ええええっ!? き、聞いてない!?」
シーダ「だーから今聞いてるだろ? 悪いけど拒否はできないからな
    なんせ、お前らを連れてくのが フローテの出した条件なんだから」
アルカ「なんで!?」
フローテ「べ、別に他意はないわよ、大勢のほうが退屈しなくてよさそうだからっ!」
スピネル「むむー‥‥‥ なんだかとっても、納得できません!」
アルカ「あー‥‥‥まあ、いっか ちょっとびっくりはしたけど
    シーダの家族なら、一度会ってみたい気もするし」
シーダ「よし、そんじゃ話は決まりだな
    めったに客のこないところだから、もみくちゃに歓迎されることは覚悟しとけ?
    こっちに戻ってくるころには、毎日芋を食べないと生きていけない体になってるかもな」
アルカ「あはは‥‥‥それは、お手柔らかにお願いしたいかな‥‥‥」

ずっとそばにいて、どうでもいいことで笑い合って、
そんなことを、毎日毎日 飽きもしないで繰り返して‥‥‥
わたしたちは、そんなふうにして、おだやかな毎日を過ごしていく
そういうふうに一緒にいられる友達と、いつまでも、いつまでも‥‥‥



響友差分
カゲロウ「ははっ、こりゃどうにも逃げられそうにねえな?」


トップ   差分 履歴 リロード   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-26 (火) 00:00:00