第1話

アルカ「ふう‥‥‥ やっぱり、ここは落ち着くなあ」
カゲロウ「あっ、姉貴、やっぱりそこにいたのか!
     屋根の上は危ないから登るなって 大家に言われてるんじゃなかったのかよ」
アルカ「カゲロウもおいでよ 風が気持ちいいよ」
カゲロウ「またそうやっておいらを 共犯者にしようとするんだから‥‥‥」

カゲロウ「ひゃー! いい風吹いてるな、今日は!」
アルカ「でしょ?」
カゲロウ「あぁー、なんだかこうしてると 初めてここに来た日を思い出すなあ
     姉貴は覚えてるか? いきなりここに登って 大家にしこたま怒られたの」
アルカ「あはは、そんなこともあったよね‥‥‥」
カゲロウ「あれから何年も経ったのに、姉貴は、全然変わってない」
アルカ「カゲロウは、変わったよね 初めて会った時にはあんなに小さかったのに」
カゲロウ「へへっ、いつまでもガキのままじゃいられねえからな
     けど、中身はなんも変わってねえよ あのころからずっと、おいらはおいらのままだ
     たぶん、これからも変わらない」
アルカ「二人そろって成長がないっていうのは、考えものかもしれないけど‥‥‥
    ま、いいか 改めて、これからもよろしくね、カゲロウ」
カゲロウ「なんだよ、急に?」
アルカ「いやあ、ほら、なんとなく 明日から大変なことになりそうな予感がして」
カゲロウ「ああ、そういやそうか いろいろあったもんな、今日は」
アルカ「何があっても、力をあわせて乗り切っていこうね?」
カゲロウ「おう、任せとけって!
     これから何がどうなろうと、姉貴の隣にはおいらがいるからな!」
アルカ「うん、信頼してる」
カゲロウ「さてと、それじゃおいらは先に寝るぜ
     姉貴も、大家に見つかる前に降りてこいよ
     そんじゃ、おやすみ また明日!」

おやすみ‥‥‥ そして、また明日‥‥‥

第2話

アルカ「今日は残念だったね 記憶、取り戻せたかもしれなかったのに」
カゲロウ「‥‥‥別にいいって そんなに期待してなかったんだ
     これまでにも、いろいろ試しはしたんだぜ?
     シルターンのことについて書かれた書物を いろいろ読み漁ってみたり
     向こうの出身だってやつらに いろいろ話を聞いてみたりさ」
アルカ「うん、知ってる がんばってたよね」
カゲロウ「そんでも、何も思い出せねえんだよな どんだけ強情なんだよ、おいらの記憶
     まあ、そんなだから、今回もやっぱ ダメなんじゃないかって気はしてた
     あ、でも、勘違いすんなよ? おいら、別に落ち込んでたりしないぞ?
     別に記憶がなくたって、今の生活が 変わるわけじゃない
     ここにおいらがいて、姉貴がいる それが一番大事なことなんだしな」
アルカ「うん‥‥‥」

強がりを言ってはいるけど、 やっぱり気にしてるんだろうな‥‥‥

第3話

カゲロウ「あ、あのさ、姉貴 おいら、思うんだけどさ
     誰だって、たまには失敗することくらい 当たり前にあるんじゃねーかって」
アルカ「‥‥‥なに、いきなり」
カゲロウ「いや、だからさ、ほら、カンペキなヤツなんていないって話しだよ
     いつもすげぇ姉貴のことなんだから、今日の失敗くいらい数に入んねぇって」
アルカ「‥‥‥あ、なるほど 励ましてくれてるのね
    大丈夫だよ、そんなにへこんでるわけじゃないから」
カゲロウ「‥‥‥本当かよ?」
アルカ「本当だよ ちょっと考え事はしてたけどね
    わたしはまだ未熟者なんだなあとか、まだまだエルストさんには遠いなあとか」
カゲロウ「‥‥‥おいらも、ガウディみてーには まだまだなれそうにねえよ」
アルカ「お互い、高い目標を持っちゃったものだよね」
カゲロウ「でも、諦めねえんだろ?」
アルカ「うん、もちろん 明日からまた、がんばらないとね
    今日の失敗を取り戻して、すぐその先を目指さないと
    一緒に頑張ろうね、カゲロウ」
カゲロウ「‥‥‥応!」

‥‥‥そう、落ち込んでるヒマなんてない わたしはカゲロウと一緒に頑張るんだ‥‥‥!

第4話

カゲロウ「ったく、のんびりできるかと思ったら、めちゃくちゃな一日だったぜ
     学園に呼ばれたかと思ったら、カラクリどもと戦うはめになるとか
     書類仕事を抱えて泣いてたのが 遠い昔のことみてえだよ‥‥‥」
アルカ「ほんとだよね 今日は、すっごく疲れた‥‥‥
    だいたい、召喚師の仕事っていうのは 異種族間のもめごとを解決とか予防することで
    ああいった人たちと正面からやりあうのは 専門外だと思うんだけどなぁ‥‥‥」
カゲロウ「まあでも‥‥‥もめごとってのは、たいてい大げさに発展するもんだったりするし
     任務のえり好みなんてしてたら エルスト達には追いつけねえよな
     だって、あの日エルストたちは、何も言わず おいらたちを助けてくれたんだしさ」
アルカ「‥‥‥うん、確かにそうだね
    戦いが向こうからやってくるんだから、愚痴を言ってても仕方がないか」
カゲロウ「おう!」
アルカ「よぉし、そうと決まったら、明日のために寝よっ
    明日もきっと、忙しい一日になる! そんな気がする!」
カゲロウ「げっ、やめてくれよ、姉貴のそういう勘、けっこうよく当たるんだからよ!?」

‥‥‥こんなことを言っておいてなんだけど、どうか明日が穏やかな一日でありますように

第5話

カゲロウ「今日は驚いたな まさかルエリィが誓約するとはさ」
アルカ「まったくね、あの子はつくづく、わたしたちの予想を裏切ってくれるなあ
    うかうかしてたら、すぐに追い抜かれるかもしれないね?」
カゲロウ「へん、そうそう簡単に追いつかれてたまるかよ!
     おいらたちだって、まだまだ目指すところは先にあるんだ!
     ルエリィがおいらたちに追いつく前に、おいらたちがエルストさんに追いつくさ
     どっちにしても、まだまだ先の話ってこった!」
アルカ「あはは、気の長い話になりそうだね‥‥‥」

でも今は、ルエリィの誓約を、素直に祝福してあげよう‥‥‥

第6話

カゲロウ「さっき部屋の片づけしてたら、絵を見つけたぜ 姉貴が、学園時代に描いたやつ」
アルカ「‥‥‥え?」
カゲロウ「あの時はびっくりしたよなあ?
     姉貴って昔から器用っつうか、大抵のことなら なんでもそつなくこなしちゃうじゃんか
     まさか、その姉貴が、画筆を持ったとたんに あんな‥‥‥なあ?」
アルカ「あー、あはは‥‥‥ 恥ずかしい思い出だよ‥‥‥」
カゲロウ「モデルになってた子が大爆笑しちゃって デッサンは中断になっちゃうし
     美術の先生が、目を丸くしたまま かたまっちまったりさ」
アルカ「そんなこともあったね‥‥‥
    あれ? でも確かあの時、カゲロウも隣で絵を描いてなかったっけ?
    あなたのほうは、スジがいいって いろんな人に褒められてたよね
    美術部に誘われたりもしてたと思うけど、結局あの後どうしたの?」
カゲロウ「ああー、あれな‥‥‥ ちょっとだけ、描いてみたぜ
     けど、気が乗らなくなったんで、すぐにやめた」
アルカ「なんで? 才能あったのに」
カゲロウ「姉貴がいなかったからなぁ‥‥‥
     おいらの趣味ってさ、たいてい、姉貴が楽しそうにしてるのを見て、
     自分もやってみようと思って 手を出すんだよな
     だから、姉貴がハマらなかった分野だと、楽しみ方がいまいちピンとこねえんだよ」
アルカ「うーん‥‥‥たまには、自分で趣味を探してみてもいいんじゃない?」
カゲロウ「そのうち、気が向いたらそうするさ 今のおいらには、これがいいんだ」

うーん、カゲロウを無趣味にしないためにも、また何か始めてみたほうがいいのかな?

第7話

カゲロウ「ギフトとエルストさんのことは、姉貴がよく話してくれたから
     一方的にだけど、よく知ってるような気がしてたんだ
     だから、今日、ギフトが初対面のおいらに 友人として接してくれた時は、嬉しかった
     ‥‥‥嬉しかった、んだ」
アルカ「彼に、何があったんだろう?」
カゲロウ「たぶんだけどさ、あいつのことを一番よく知ってるのは姉貴だぜ?
     その姉貴に分からないってんなら、この世界の誰にも分からねえさ」
アルカ「そう‥‥‥だよね
    次に会った時に、本人に問いただすしかないか」
カゲロウ「ああ、また会おうみてえなことを言ってたからな
     次こそとっつかまえて、何考えてんのか、全部聞き出そうぜ」
アルカ「うん、そうだよね」

きっと、それが、彼の友達として わたしがするべきことなんだよね‥‥‥

第8話

カゲロウ「‥‥‥」
アルカ「‥‥‥」
カゲロウ「なんつーか‥‥‥ 色々ありすぎだろ、今日は」
アルカ「うん‥‥‥ 頭の中が、ぐるぐるしてる
    まさか、本当に学園が襲撃を受けるなんて‥‥‥」
カゲロウ「とんでもねーことを実際にやっちまうよな、あの連中は
     戦力があって、それを活かす度胸もある 敵に回したくねー連中だよな、敵だけど
     ‥‥‥あと、ギフトのヤツが‥‥‥」
アルカ「そうだね 彼も、恐ろしい敵の一人だ」
カゲロウ「おいらたちで、止められると思うか?」
アルカ「わたしたちが、止めるんだ それだけだよ」
カゲロウ「‥‥‥ああ、そうだな!」

止めないと、いけないんだ‥‥‥!

第9話

カゲロウ「ずっと、怖かったんだ‥‥‥
     ずっと、おいらに冥土のかけらがついていたとしたら
     そいつが、気づかない間に 育っていたら‥‥‥って
     おいら一人がどうにかなるなら、まだいいさ けど、姉貴まで巻き込むのは、絶対に嫌だ
     それでも、姉貴から離れるのも 同じくらい嫌だったから、
     おいら、どうしたらいいか わからなくて‥‥‥」
アルカ「巻き込んでくれればいいんだよ
    たとえ何があっても、あなたとわたしは ずっと一緒なんだから
    少なくともわたしは、そのつもりでいるよ」
カゲロウ「‥‥‥それがわかってるから、嫌なんじゃないか
     姉貴に甘えてるみたいで、なんていうか、対等になれてない感じでさ」
アルカ「そんなこと、気にしなくていいのに」
カゲロウ「気にさせてくれよ 出来の悪い弟なりの、意地なんだ」

意地っ張りなところとか、いつものカゲロウに戻ったみたい‥‥‥

第10話

アルカ「エルストさんの言ってたことを、ずっと考えてるんだ」
カゲロウ「‥‥‥信じて戦う、っていうのが もしかしたら間違いなのかもしれないって?」
アルカ「うん、それだよ
    考えれば考えるほど、エルストさんの言ってたこと、間違ってない気がするの」
カゲロウ「そうだよな‥‥‥確かに、言われた通りだよ
     自分でやるべきことに、勝手に他人を巻き込んでるわけだし
     褒められたことじゃないのかもしれねえよな‥‥‥」
アルカ「でしょ? ‥‥‥だいたい、あのエルストさんが言ってることだよ
    これまでずっと、あの人の言葉に支えられて生きてきたんだ
    そんなわたしたちに、エルストさんの言葉を疑えるはずがないんだよ‥‥‥」
カゲロウ「姉貴‥‥‥」
アルカ「‥‥‥ごめんね、カゲロウ
    信じてくれって、最後まで胸を張って言えるわたしじゃなくて‥‥‥」
カゲロウ「待ってくれよ、姉貴 おいらは、納得してないぜ」
アルカ「‥‥‥えっ?」
カゲロウ「エルストさんの言ったことは、そりゃ正しいのかもしんないけどさ
     どうしても、おいら、姉貴のことを信じるの、やめられそうにないんだ
     一緒にいれば大丈夫だって、そう思っちゃうんだよ」
アルカ「カゲロウ‥‥‥」
カゲロウ「だってさ、これまでずっと、そうだっただろ!
     おいらは姉貴を信じてきたし、姉貴だっておいらを信じてくれた、
     それでこれまで、やってこれたじゃないか!
     いまさらそれはダメだなんて言われても納得できねえよ!」
アルカ「‥‥‥そっか そう、だよね‥‥‥」

エルストさんに何を言われても、わたしたちは今さら、信じることをやめられない
ありがとう、カゲロウ あなたのおかげで、大切なことを思い出せたよ

第11話

カゲロウ「これで、ブラッテルンの連中との戦いもひと段落、か
     やったな、姉貴 おいらたちの勝利だ!」
アルカ「喜ぶのは、まだ早いよ わたしたちの任務は、敵を倒すことじゃない
    この街の人々を守ることを通して、世界と世界をつなぐことだよ
    みんなを脅かすものをすべて除いて、初めてわたしたちの勝ちになるの」
カゲロウ「う‥‥‥ そう考えると、けっこう厳しいな‥‥‥」
アルカ「勝ってカブトの緒を締めよ‥‥‥ シルターンのことわざだったっけ
    つまり、そういうこと わたしたちの戦いは、まだこれからよ!」
カゲロウ「‥‥‥へへっ なんか、すっかりいつもの姉貴だな」

そうだね‥‥‥ ずっと、一緒に‥‥‥

第12話

カゲロウ「結局、おいらは何者なんだろうな
     シルターンの妖怪だ、ってことでこれまでやってきたけどさ
     あの荒野がシルターンじゃなくて、あの光の玉がおいらの正体だってなると
     ‥‥‥つまり、おいらって何なんだ?」
アルカ「やっぱり、不安かな?」
カゲロウ「そりゃ、まあ‥‥‥平気だって言ったらウソになるけどさ
     そんなに驚いてはねえんだよ 不思議なことに
     これまでこの街でいくら調べても おいらのことは何もわかんなかったし、
     思い出の杖に頼った時にすら 何も思い出せなかったわけだしな
     だから、おいら自身で気づかないうちに、覚悟は決めてたんだと思うよ
     おいらはシルターンの鬼なんかじゃなくて、もっとわけのわかんないナニカなんだって」
アルカ「驚いてない理由はそれだけじゃないでしょ?
    カゲロウがどこの誰だったとしても、今ここにいるカゲロウは、何も変わらない
    わたしの、何よりも大切な弟で、大切な響友
    君自身がそれをちゃんとわかっているから 自分を見失うことがない
    ‥‥‥そうでしょ?」
カゲロウ「まあ、そうだな‥‥‥ たぶん、そういうことだよ
     はは、おいら、姉貴の響友になれて ほんとによかったよ
     ‥‥‥
     でもよ、こういう時に、おいらの頭を子どもみたいになでるのだけは、やめてくれ」
アルカ「あ、ごめんなさい 元気出してほしいなと思って、つい」

カゲロウ‥‥‥ 強がってるけど、やっぱり辛そうね‥‥‥

第14話

好感度4・5
カゲロウ「長い戦いだったけど、もうすぐ、全部終わるんだな」
アルカ「うん‥‥‥ ようやく、だね
    わたしたちが子どものころには、もう始まっていた戦い
    わたしたちが出会ったことも、この戦いの一部だった‥‥‥んだっけ」
カゲロウ「それを言うなら、おいらが生まれたこと自体が、だな
     おいらがおいらとして生きてきたこれまでの時間のすべては、この戦いの一環だったんだ」
アルカ「‥‥‥悔しいとか、思ってる?」
カゲロウ「ちょいとだけ、な でも、心配はいらねえよ
     おいらを信じてくれている連中がいる限り、ちゃんと最後まで勇気をもって戦うさ」
アルカ「‥‥‥ありがとう」
カゲロウ「よせよ、てれくさいぜ」
アルカ「あなたがあなたとして生きてきたこれまでの時間のすべてが、戦いの一環だったとしても
    わたしは、それだけじゃないって思いたいな」
カゲロウ「‥‥‥どういうことだよ?」
アルカ「出会ったときからずっと 変わらない気持ちがあるの
    わたしはあなたと一緒にいるのが楽しい 全てを知った今でも
    わたしはあなたが好きで、これからも一緒にいたいと思ってる
    カゲロウ、あなたはどう?」
カゲロウ「‥‥‥ひでえな、おいらがどう答えるか とっくに分かってんだろ?」
アルカ「わたしは、ちゃんと言葉にして伝えたよ?」
カゲロウ「‥‥‥ああもう、大好きだよ! 大好きに決まってんだろ!
     気持ちは一緒だ! ずっと一緒にいたいと思ってる
     ‥‥‥ああちくしょう、顔から火が出そうだ これでいいのかよ?」
アルカ「‥‥‥」
カゲロウ「だああ、何でそっちの顔も赤いんだよ、自分で言わせといて照れてんじゃねえよ!?
     わかってんのか!?おいら、マジで言ってんだぞ!?
     弟して姉を慕ってるとか、そういう段階の話でもねえんだ!
     ひ、一人の男として、こう、女としての姉貴に、その‥‥‥
     惚れてるっていうか‥‥‥なんていうか‥‥‥」
アルカ「うん、ええと‥‥‥大丈夫、そのへんは、わかってる、かな」
カゲロウ「わかってるなら言わせるなよ!?めちゃくちゃ恥ずかしいんだぞこれ!?」
アルカ「言われてるほうも恥ずかしいの、そのへん察してよ、男の子でしょ!?」
カゲロウ「ぐっ‥‥‥」
アルカ「だから、ええと つまり、ふたりは‥‥‥」
カゲロウ「待った!それ以上言わなくていい
     今のおいらは、男としちゃまだまだだ
     好きな姉貴の後ろを追いかけて回る、図体がでかいだけの弟でしかねえんだ」
アルカ「カゲロウ‥‥‥」
カゲロウ「だから、もうちょっと時間をくれ おいらが、一人前の男になれるまで
     そしたらもう一度告白する!今度こそ、姉貴を自分のものにするために」
アルカ「‥‥‥いいけど、そんなに長くは待たないからね?
    あんまりもたもたしてると、わたしおばあちゃんになっちゃうかも‥‥‥」
カゲロウ「それは困る!」
アルカ「だったらなるだけ急ぐこと!‥‥‥カゲロウならきっと大丈夫
    信じて待ってるから、ね?」

明日は、最後の決戦 何が起こるのか、想像もつかないけど‥‥‥
わたしたちは、必ず生きて帰ってくる そして、一緒にこれからの時間を過ごすの
わたしたち二人の心が響き合い選び取った、他の誰の仕組んだものでもない、
そういう二人の時間を‥‥‥



好感度3
カゲロウ「長い戦いだったけど、もうすぐ、全部終わるんだな」
アルカ「うん‥‥‥ ようやく、だね
    わたしたちが子どものころには、もう始まっていた戦い
    わたしたちが出会ったことも、この戦いの一部だった‥‥‥んだっけ」
カゲロウ「それを言うなら、おいらが生まれたこと自体が、だな
     おいらがおいらとして生きてきたこれまでの時間のすべては、この戦いの一環だったんだ」
アルカ「‥‥‥悔しいとか、思ってる?」
カゲロウ「ちょいとだけ、な でも、心配はいらねえよ
     おいらを信じてくれている連中がいる限り、ちゃんと最後まで勇気をもって戦うさ」
アルカ「‥‥‥ありがとう」
カゲロウ「よせよ、てれくさいぜ」
アルカ「あなたがあなたとして生きてきたこれまでの時間のすべてが、戦いの一環だったとしても
    わたしは、それだけじゃないって思いたいな」
カゲロウ「‥‥‥どういうことだよ?」
アルカ「出会ったときからずっと 変わらない気持ちがあるの
    わたしはあなたと一緒にいるのが楽しい 全てを知った今でも
    わたしはあなたが好きで、これからも一緒にいたいと思ってる
    カゲロウ、あなたはどう?」
カゲロウ「‥‥‥ひでえな、おいらがどう答えるか とっくに分かってんだろ?」
アルカ「わたしは、ちゃんと言葉にして伝えたよ?」
カゲロウ「‥‥‥ああもう、大好きだよ! 大好きに決まってんだろ!
     気持ちは一緒だ! ずっと一緒にいたいと思ってる
     ‥‥‥ああちくしょう、顔から火が出そうだ これでいいのかよ?」
アルカ「‥‥‥」
カゲロウ「だああ、何でそっちの顔も赤いんだよ、自分で言わせといて照れてんじゃねえよ!?」
アルカ「だから、ええと つまり、ふたりは‥‥‥」
カゲロウ「待った!それ以上言わなくていい
     今のおいらは、男としちゃまだまだだ
     好きな姉貴の後ろを追いかけて回る、図体がでかいだけの弟でしかねえんだ」
アルカ「カゲロウ‥‥‥」
カゲロウ「だから、もうちょっと時間をくれ おいらが、一人前の男になれるまで
     そしたらもう一度告白する!今度こそ、姉貴を自分のものにするために」
アルカ「‥‥‥いいけど、そんなに長くは待たないからね?
    あんまりもたもたしてると、わたしおばあちゃんになっちゃうかも‥‥‥」
カゲロウ「それは困る!」
アルカ「だったらなるだけ急ぐこと!‥‥‥カゲロウならきっと大丈夫
    信じて待ってるから、ね?」

明日は、最後の決戦 何が起こるのか、想像もつかないけど‥‥‥
わたしたちは、必ず生きて帰ってくる そして、一緒にこれからの時間を過ごすの
わたしたち二人の心が響き合い選び取った、他の誰の仕組んだものでもない、
そういう二人の時間を‥‥‥

ED

好感度4・5
アルカ「ふあ‥‥‥あふう こんな時間に起きると、さすがに眠いよ‥‥‥
    二度寝したいところだけど、そういうわけにもいかないよね
    ちょっと、目を覚ましに行ってこよ‥‥‥」

アルカ「うわぁ‥‥‥ いい眺め‥‥‥
    そういえば、こんな時間にここに来たことはなかったっけ
    ちょっと時間を変えただけなのに、見慣れた光景が、新鮮に見えるなぁ‥‥‥」
カゲロウ「ふわあ‥‥‥ って、何やってんだよ姉貴
     もうすぐ、出発の時間だぜ? 早く準備しねぇと、列車に遅れちまう」
アルカ「そんなに焦らないの この街との名残を惜しんでるんだから
    ほら、カゲロウもこっちおいでよ いい眺めだよ?」
カゲロウ「のんきだな、まったく これから遠くに行くってのに
     ライル機関、つったっけ おいらたちを呼んでるってところは
     これからの冥土の脅威に対抗するため、おいらたちの力を分析したいとか‥‥‥」
アルカ「うん、ロレイラル出身の研究者が大勢いるところらしいね
    きっと、わたしたちの力から、何かをつかんでくれるよ」
カゲロウ「その後も、あちこちの組織を回んなきゃいけないんだよな?」
アルカ「わたしたちの力を必要としている人たちがいるなら行かないわけにはいかないでしょ
    しばらくセイヴァールには戻ってこられそうにないかも
    だからこそ、今のうちに、この光景を思い切り眼に焼き付けておきたいな」
カゲロウ「その気持ちは、とてもよくわかるんだけどよ‥‥‥」
アルカ「不安?」
カゲロウ「‥‥‥まあ、な おいらはこの街の外を、よく知らねえから
     姉貴と一緒でもなけりゃ 外に出る気にはならなかったさ」
アルカ「頼りないこと言わないでよ」
カゲロウ「一緒だったら、どこにだって行くってことだぞ?」
アルカ「それは頼もしい‥‥‥のかな?
    頼もしいといえば、カゲロウ、ずいぶんと背が伸びたよね」
カゲロウ「なんだ、気がついてなかったのかよ? 姉貴の背は、とっくに越えてるんだぜ」
アルカ「そっかあ‥‥‥すごいなあ、男の子は ちょっと目を離したら、すぐ大きくなっちゃう」
カゲロウ「背丈だけじゃないぜ? おいらは、毎日成長してるんだ
     姉貴を守ってやれる立派な男になるためにな」
アルカ「おおっ」
カゲロウ「‥‥‥バカにしないでくれよ?本気で言ってんだからな、おいら」
アルカ「ううん、その逆だよ かっこいいなって思っちゃった」
カゲロウ「う‥‥‥」
アルカ「うふふっ、それじゃ行こうか?ほんとに列車に乗り遅れたら大変だから――
    きゃっ」
カゲロウ「おっと」
アルカ「あ、ありがと‥‥‥ごめんね、ちょっとつまずいちゃった」
カゲロウ「‥‥‥」
アルカ「‥‥‥カゲロウ?」
カゲロウ「‥‥‥っ!」
アルカ「‥‥‥」
アルカ「いまの‥‥‥キ‥‥‥」
カゲロウ「お、おいらの、正直な気持ちだ!謝ったりは、しねえからな!」
アルカ「あ、うん‥‥‥怒ったりはしてないけど‥‥‥ちょっと、びっくり‥‥‥」
カゲロウ「じゃあ、行くぞ!これ以上もたもたしてたら、今度こそ乗り遅れちまう!
     ‥‥‥ほら、手、貸せよ!また転ばれたら、大変だからな!」
アルカ「うん‥‥‥
    (カゲロウの手‥‥‥こんなに大きかったんだ‥‥‥)
    ねえ、カゲロウ」
カゲロウ「何だよ?」
アルカ「これからもずっとこうして支えてくれる?」
カゲロウ「なにあたりまえのこと聞いてるんだよ!ったく‥‥‥」
アルカ「えへへ‥‥‥」

おいらがここにいるということ 生きて、考えて、動いているということ
すべての始まりは、姉貴との出会いだった
名前も、姿も、生命も、すべて姉貴にもらった
もし、あの日あの時、姉貴がおいらという存在の前に落ちてこなかったら
おいらはいまごろ、何になっていたんだ?
考えれば考えるほど、怖くなってしまう そして同時に、感謝の気持ちで満たされていく
姉貴‥‥‥ おいらと出会ってくれて、ありがとう
おいらを形作ってくれて、ありがとう おいらと一緒に歩んでくれて、ありがとう

「おいらと響き合ってくれて、今、この時をくれて、本当に、ありがとう
 大好きだぜ!」



好感度3
アルカ「ふあ‥‥‥あふう こんな時間に起きると、さすがに眠いよ‥‥‥
    二度寝したいところだけど、そういうわけにもいかないよね
    ちょっと、目を覚ましに行ってこよ‥‥‥」

アルカ「うわぁ‥‥‥ いい眺め‥‥‥
    そういえば、こんな時間にここに来たことはなかったっけ
    ちょっと時間を変えただけなのに、見慣れた光景が、新鮮に見えるなぁ‥‥‥」
カゲロウ「ふわあ‥‥‥ って、何やってんだよ姉貴
     もうすぐ、出発の時間だぜ? 早く準備しねぇと、列車に遅れちまう」
アルカ「そんなに焦らないの この街との名残を惜しんでるんだから
    ほら、カゲロウもこっちおいでよ いい眺めだよ?」
カゲロウ「のんきだな、まったく これから遠くに行くってのに
     ライル機関、つったっけ おいらたちを呼んでるってところは
     これからの冥土の脅威に対抗するため、おいらたちの力を分析したいとか‥‥‥」
アルカ「うん、ロレイラル出身の研究者が大勢いるところらしいね
    きっと、わたしたちの力から、何かをつかんでくれるよ」
カゲロウ「その後も、あちこちの組織を回んなきゃいけないんだよな?」
アルカ「わたしたちの力を必要としている人たちがいるなら行かないわけにはいかないでしょ
    しばらくセイヴァールには戻ってこられそうにないかも
    だからこそ、今のうちに、この光景を思い切り眼に焼き付けておきたいな」
カゲロウ「その気持ちは、とてもよくわかるんだけどよ‥‥‥」
アルカ「不安?」
カゲロウ「‥‥‥まあ、な おいらはこの街の外を、よく知らねえから
     姉貴と一緒でもなけりゃ 外に出る気にはならなかったさ」
アルカ「頼りないこと言わないでよ」
カゲロウ「一緒だったら、どこにだって行くってことだぞ?」
アルカ「それは頼もしい‥‥‥のかな?
    頼もしいといえば、カゲロウ、ずいぶんと背が伸びたよね」
カゲロウ「なんだ、気がついてなかったのかよ? 姉貴の背は、とっくに越えてるんだぜ」
アルカ「そっかあ‥‥‥すごいなあ、男の子は ちょっと目を離したら、すぐ大きくなっちゃう」
カゲロウ「背丈だけじゃないぜ? おいらは、毎日成長してるんだ
     姉貴を守ってやれる立派な男になるためにな」
アルカ「おおっ」
カゲロウ「‥‥‥バカにしないでくれよ?本気で言ってんだからな、おいら」
アルカ「ううん、その逆だよ かっこいいなって思っちゃった」
カゲロウ「う‥‥‥」
アルカ「うふふっ、それじゃ行こうか?ほんとに列車に乗り遅れたら大変だから――
    きゃっ」
カゲロウ「おっと」
アルカ「あ、ありがと‥‥‥ごめんね、ちょっとつまずいちゃった」
カゲロウ「まったく、しょうがねえなあ やっぱり、姉貴にはおいらがついていないとな
     ‥‥‥ほら、手、貸せよ また転ばれたら、大変だからな」
アルカ「うん‥‥‥
    (カゲロウの手‥‥‥こんなに大きかったんだ‥‥‥)
    ねえ、カゲロウ」
カゲロウ「何だよ?」
アルカ「‥‥‥これからもよろしくね」
カゲロウ「おう!」

おいらがここにいるということ 生きて、考えて、動いているということ
すべての始まりは、姉貴との出会いだった
名前も、姿も、生命も、すべて姉貴にもらった
もし、あの日あの時、姉貴がおいらという存在の前に落ちてこなかったら
おいらはいまごろ、何になっていたんだ?
考えれば考えるほど、怖くなってしまう そして同時に、感謝の気持ちで満たされていく
姉貴‥‥‥ おいらと出会ってくれて、ありがとう
おいらを形作ってくれて、ありがとう おいらと一緒に歩んでくれて、ありがとう

「おいらと響き合ってくれて、今、この時をくれて、本当に、ありがとう」


トップ   差分 履歴 リロード   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-30 (水) 00:00:00