第1話

フォルス「ふう‥‥‥今日は色々あってちょっと疲れたな」
    ひとやすみして、少し風にあたっていこうか‥‥‥」
イェンファ「あら? 妙なところで会うものね」
フォルス「イェンファ! どうしたの、こんなところで」
イェンファ「散歩‥‥‥かしら、ね この街の道に早くなじむために、
    あちこちを歩いてみているの そういうあなたは?」
フォルス「僕もまあ、気分転換の散歩かな 今日はいろいろあって疲れたから」
イェンファ「そう 気苦労を与えてしまったかしら」
フォルス「え? いや、そういう意味じゃなくて! 別に君がどうって話じゃないんだよ!」
イェンファ「そう」
フォルス「‥‥‥ところで、いきなり変なこと聞くようだけどさ
    もしかして君、僕のことキライ?」
イェンファ「え?」
フォルス「あ、いや、ごめん、やっぱ聞かなかったことにし‥‥‥」
イェンファ「ああ‥‥‥そうね、どちらかというと嫌いなタイプね」
フォルス「うっ」
イェンファ「大局とか状況とかのことをすぐ忘れて 目先のことに飛びつく人は好きじゃないの
    少なくとも、同じ任務に携わる仲間としては勘弁してほしいわ」
    ‥‥‥あなたもそうでしょう? 私みたいな人間は、苦手じゃない?」
フォルス「そ、それは‥‥‥ 保留ってことで‥‥‥」
イェンファ「あら、そう?
    まあいいわ、私はそろそろ戻るから、あなたも帰って休みなさい」
    あまり遊び歩いていると、明日の任務に差しさわりが出るわ」
フォルス「はは、気をつけるよ」

苦手‥‥‥ 確かに、そうかもしれないな‥‥‥

第2話

イェンファ「ひとつ、聞きたいことがあるのだけど」
フォルス「それはいいけど、なんでこんな夜中に? 昼間のうちに聞きに来ればいいのに」
イェンファ「こういう話は、人前では少し、ね
    あなたの響友‥‥‥ 本当に信用してもいいの?」
フォルス「‥‥‥どういうこと?」
イェンファ「あなたに出会う前の記憶がないということを もう少し危険視してもいい、という話よ
    正体が何者なのか、本人も知らないということなんでしょう?
    本当に害のない存在だと、言い切れるの?」
フォルス「そりゃ、もちろん
    だって、カゲロウだよ? どこを見たって危なそうじゃないよ」
イェンファ「あのね、私の言いたいのはそういうことじゃなくて」
フォルス「わかってる、でも 本人には言わないでよ?
    ああ見えて、自分の記憶のこと けっこう気にしてるんだから」
イェンファ「それは分かってるわ、今日もあの杖で記憶を取り戻そうとしていたくらいだし」
フォルス「とりあえず、今僕に言えることはひとつだけだね
    僕は、カゲロウを信じてる 響友‥‥‥大切な、パートナーだから」
イェンファ「‥‥‥それで、いいの?」
フォルス「それはわからないよ でも、始まりは信じることからだと思うんだ
    だから、できれば君にも信じてほしい 君も、大切な仲間だから」
イェンファ「‥‥‥ずるい口説き方をするのね」
フォルス「あはは、よく言われるよ」

そう‥‥‥ 僕はあの子を信じている‥‥‥

響友差分 名前のみ

第3話

イェンファ「案の定、といったところね」
フォルス「‥‥‥開口一番、なかなか手厳しいね」
イェンファ「こういう時でもないと、あなた、 何を言っても聞き流すでしょう?
     なすべきことに優先順位をつけず、 目の前のことだけにいつでも全力であたる
     あなたの立場でそれをするのは 危険なのだと、理解できたでしょう?
     これに懲りて、明日からはもう少し、 慎重で思慮深い行いを心掛けることね」
フォルス「あはは‥‥‥ごめん、それは ちょっと約束できないな」
イェンファ「なぜ? まさかあなた‥‥‥」
フォルス「失敗したことは、反省してる でも、やったことを後悔はしてないんだ
    誰かを助けたいって意志が悪いものだとは、 僕にはどうしても思えない
    悪いのは、 僕自身の力不足さ
    僕がちゃんとしてれば、 全部どうにかできたはずなんだ
    まったく、ソウケンの言う通りさ 僕はまだまだ、未熟なんだ」
イェンファ「‥‥‥‥‥‥っ!!」
フォルス「ん? どうしたの?」
イェンファ「なんでもない ‥‥‥帰るわ」
フォルス「え? ああ、うん‥‥‥おやすみ」

怒らせちゃった、かな‥‥‥

第4話

フォルス「ねえ、イェンファ‥‥‥」
イェンファ「‥‥‥ 聞きたいことは、わかってるわ
     でも、ごめんなさい 今はまだ、話せないの」
フォルス「うん、それは分かってる 無理に聞き出そうとは思わないよ」
イェンファ「えっ?」
フォルス「人それぞれに事情があるのは当たり前さ まして、君のそれは任務だし
    仲間を苦しめてまで、秘密を聞き出そうとは思わない‥‥‥けど
    その秘密を抱えたままの君が、今、つらそうにしているのは見逃せない、かな」
イェンファ「‥‥‥私が‥‥‥?」
フォルス「無理に聞こうとは思わないよ、でも、話していいと思った時にはすぐに話して
    そうすれば、ちょっとでも、気が楽になるかもしれないから」
イェンファ「‥‥‥ほんと、あなたって人は‥‥‥」
フォルス「あきれた?」
イェンファ「ええ、そうね、あきれたわ 心の底から
     私が言うのも妙だけど、少しくらい、自分の心配をしてもいいんじゃない?
     えたいの知れない任務を帯びた、えたいの知れない騎士に振り回されて、
     えたいの知れない相手と 戦わされるかもしれないのよ?」
フォルス「イェンファは、えたいが知れてなくないよ 仲間だからね
    だから、何の心配もいらないさ」
イェンファ「‥‥‥もういいわ、あなたと話していると頭がどうにかなってしまいそう
     帰って、寝るわ」
フォルス「うん、おやすみ カゼとか、ひかないようにね」
イェンファ「あなたもね」

イェンファ‥‥‥今は話せないことでも、いつかは話してくれるって、信じてるよ

第5話

イェンファ「こんばんは ‥‥‥案の定、顔がゆるんでいるのね」
フォルス「え? そ、そうかな?
    やっぱり、ルエリィが誓約したことがうれしくてね
    あの子がずっとがんばってきたのを、ずっと見てきたからさ」
イェンファ「我が子の成長を喜ぶ親のような心境かしら?」
フォルス「親!? 僕、まだそんな年じゃないよ!?」
イェンファ「冗談よ そのくらいわかってるわ
     あなたは十分に子どもっぽいもの ルエリィたちの隣では、特にね」
フォルス「‥‥‥なんだか、今夜のイェンファは、意地が悪くないかい?」
イェンファ「ん‥‥‥そうかもしれないわね 少しだけ、虫の居所が悪いわ
     真紅の鎖を、あそこまで追い詰めておいて、また逃がしてしまったんだもの
     あなたの後輩の無事はうれしいけど、手放しの笑顔にはなれそうにないわね」
フォルス「ん‥‥‥そうだね、事態は何もよくなってないんだ
     鎖の連中を、捕まえるまでは、今日までみたいなことが繰り返される‥‥‥」
イェンファ「そういうことよ 気合を入れましょう?
     いざというときの決断力はともかく、他のところのあなたは信頼してるわ」
フォルス「あはは‥‥‥ひいき目の入らない、冷静な評価をありがとう‥‥‥」

さあ、明日からの任務も がんばって取りかかるぞ‥‥‥!

第6話

イェンファ「少し、冷えるわね」
フォルス「夕方に、少し、雨が降ってたからね
     セイヴァールは海がそばにあるし、冷えるときは一気に冷えるんだ」
イェンファ「そうみたいね 内陸のほうとはずいぶん感じが違うわ
      気をつけておかないと、つまらないことで体調を崩してしまいそう」
フォルス「あ、そうだ なんだったら、マフラー使う?
     ちょっと前に編んだやつが、タンスの中で眠ってるんだ」
イェンファ「‥‥‥編んだ?
      あ、ああ、なるほど あなたの響友がやったのね?」
フォルス「違うよ、カゲロウは編み物みたいな地味な作業は苦手なんだ
     僕のマネをして、編み始めるところまではいくんだけど
     どうしても途中でかんしゃくを起こして、毛糸玉と格闘を始めちゃうんだよね」※
イェンファ「ということは、まさか、あなたが?
      ウソでしょう? 編み物なんて、人間の手で可能なの?」
フォルス「いやいや、さすがにそれは大げさでしょ」
イェンファ「‥‥‥だって、私、やったことないもの
     むしろ、あなたができることのほうが不思議よ」
フォルス「学生時代、いろいろなことに手を出してた時期があってね
     いろんな言葉を覚えて、いろんな人と話せるようになった時に、
     いろんなことを体験して、いろんな話題も持っておこうと思ったんだ
     だから、有名どころの楽器はひととおり練習したし、
     スポーツなんかもいろいろと手を出してみたよ
     どれもこれも、絵に描いたみたいな器用貧乏に終わったけどね
     編み物も、そうやって体験したもののひとつ、ってわけ」
イェンファ「‥‥‥なるほど、あなたの部屋がやたらと雑然としている理由がわかったわ
      あれはつまり、あなたの移り気の歴史がそのまま積み重ねられた結果なのね」
フォルス「うっ‥‥‥ そ、そういうことになるかな?」
イェンファ「‥‥‥本当に、ヘンな人」
フォルス「そうかなぁ‥‥‥」

だって、世の中には楽しそうなこととか、面白そうなことがいっぱいあるんだから
全部に手を伸ばしたくなったって、人としてふつう‥‥‥だよな?

※響友差分
フォルス「違うよ、ダイスは編み物みたいに ものを作る作業は苦手なんだ
     カンペキ主義なのが災いしちゃってね 納得いくまで編み進められないから、
     いつまで経っても毛糸玉から先に進めないんだよ」

フォルス「違うよ、カゲロウは編み物みたいな地味な作業は苦手なんだ
     僕のマネをして、編み始めるところまではいくんだけど
     どうしても途中でかんしゃくを起こして、毛糸玉と格闘を始めちゃうんだよね」

フォルス「違うよ、スピネルはあまり編み物が得意じゃないんだ
     編み目の数とか数えてると 途中でわけわかんなくなるみたいでさ
     繕いものとかは得意だから、針と糸なら大丈夫みたいなんだけど」

フォルス「違うよ、ペリエはなんというか、編み物とは相性が悪くてさ
     毛糸玉を見ると、なぜかじゃれつきたくなるらしいんだ
     ‥‥‥何か間違ってる気がするんだけど、本人がそういうんだから間違いない」

第7話

イェンファ「‥‥‥なんて言えばいいのかわからないけれど
     顔をあげなさい うつむいているのは、あなたらしくない」
フォルス「そう‥‥‥かな」
イェンファ「久しぶりに再会した古い友人が、すっかり変わり果てていた‥‥‥
     気持ちは分かるわ 辛いだろうと思う
     けれど、現実問題として、あの男はいま、私たちの敵なのよ
     敵は倒さなければならない、これは召喚師も警察騎士も変わらないはずよ
     だから、あなたに、立ち止まることは許されない」
フォルス「うん‥‥‥ そう、なんだよね‥‥‥」
イェンファ「‥‥‥酷いことを言っているわね、私」
フォルス「でも、誰かに言ってもらわないと僕は座り込んでいたよ
    そして、しばらく立ちあがれなかったかもしれない
    嫌な役を任せてしまって、ごめんね ありがとう、イェンファ」
イェンファ「ああもう‥‥‥ なんでそこで、お礼を言うのよ
     気持ちは分かるわ 辛いだろうと思う
     けれど、現実問題として、あの男はいま、私たちの敵なのよ
     弱音とか愚痴とか、そういうのを言ってもいいのよ? 今のあなたは」
フォルス「そうなの?」
イェンファ「‥‥‥ああもう」
フォルス「じゃあ、弱音はまた今度にとっておくからさ
    今だけは、素直にお礼を言わせてよ」
イェンファ「なんだっていいわよ、もう‥‥‥」

しっかり立ち直って 明日もがんばらないといけないな‥‥‥

第8話

イェンファ「はぁ‥‥‥」
フォルス「どうしたの、イェンファ 沈んだ顔してる」
イェンファ「今のあなたに心配されるというのもおかしな話ね
     そんなにまいってるように見えるのかしら?」
フォルス「うん、まあ‥‥‥」
イェンファ「人のことを気遣うより先に、自分のことを気にしなさい
     やっぱり顔色悪いわよ、あなた」
フォルス「それは、やっぱり、ギフトのことを考えるとね」
イェンファ「ギフト・ブラッテルン‥‥‥」
フォルス「やっぱり君は彼のことを知っていたんだね」
イェンファ「隠していても仕方がないわね その通りよ
     でも‥‥‥」
フォルス「それ以上は話せない、んだろ? わかってるよ
     全部打ち明けられないことが苦しいって、今の君の顔には書いてある」
イェンファ「うそ 私は、そんなに単純じゃない」
フォルス「うそなもんか 君はわかりやすいよ」
イェンファ「だって、そんなこと、誰にも言われたこと、ない」
フォルス「そう? 意外だな」
イェンファ「あなたがおかしいだけよ‥‥‥ そうに、決まってるじゃない‥‥‥」

そんなことないと思うんだけどな‥‥‥

第9話

フォルス「エルストさんのこと、前から知ってたんだね?」
イェンファ「ええ‥‥‥ とてもよく知っているわ
      何をどこまで知っているかは、まだ話せないけれど」
フォルス「じゃあ、これだけ教えてよ 君の知ってるエルストさんは、どんな人?
     僕の知ってるあの人は、優しくて、正しくて、それにとても強い召喚師だった
     あの人と響友に憧れて、僕は召喚師になるって決めたんだよ」
イェンファ「それは、今よりずっと昔の エルスト・ブラッテルンのことでしょう
      強力な召喚師、というところだけは 今も変わっていないけれど
      優しさも、正しさも、今の彼には 縁遠い言葉よ」
フォルス「そんな‥‥‥ どうして‥‥‥」
イェンファ「彼の弟が変わってしまったのを、あなたはその目で見たでしょう?
      それと同じよ 人は変わるものなの
      あなたが、早く現実を認めてくれることを願うわ」

それでも‥‥‥僕は、信じたいんだ‥‥‥

第10話

イェンファ「なんでこんなところに、召喚師の 抜け殻が転がっているのかしら?」
フォルス「ああ‥‥‥こんばんは、イェンファ‥‥‥」
イェンファ「のんきな挨拶のつもりかもしれないけど、今にも死にそうな声、してるわよ
      そんなに辛かったの? その‥‥‥ エルスト・ブラッテルンに言われたこと」
フォルス「ああ‥‥‥ それは、もちろん、ね‥‥‥
     僕たちはエルストさんに憧れて、エルストさんの言葉に導かれてここに来た
     召喚師になったのも、みんなのためにと言って戦ってきたのも、全部そうだよ
     なのに、今さら‥‥‥ それが全部間違いだった、なんてさ」
イェンファ「‥‥‥本気で言っているの?」
フォルス「冗談でなんて言えないよ、こんなこと」
イェンファ「そう じゃあ、もうひとつ聞きたいのだけど
      斬り捨てても、いいかしら?」
フォルス「‥‥‥え?」
イェンファ「いま、私、ものすごく 腹を立てているのよね
      この苛立ちを、目の前にいる元凶にぶつけても 罪にはならないと思うのだけど」
フォルス「よくわからないけど、街中で人を斬ったら重罪だよ!?」
イェンファ「警察騎士の職権を濫用したら どうにかならないかしら?」
フォルス「ならないし、しちゃまずいし、しようと考えるだけでもまずいよ!
     ‥‥‥だいたい、なんで君が腹を立てて、その元凶が僕ってことになるんだ」
イェンファ「本当にわからないの? まったく、もう
      仲間を信じて戦う‥‥‥この言葉をあなたに投げ出されたら、困るのよ」
フォルス「どうしてさ」
イェンファ「そんなの、あなたを信じちゃった私が バカみたいだからに決まってるでしょ!」
フォルス「‥‥‥へ?」
イェンファ「この街に来て、あなたに会って、あなたに振り回されて、影響されて、
      仲間に隠し事をしなきゃいけないことに 一丁前に悩んだりなんかして、
      それもこれも、全部全部、あなたの言葉を信じたからなのに、
      私をそんなふうに変えた当の本人が、何でいまさら自分の言葉を疑ってるのよ!」
フォルス「え‥‥‥あ‥‥‥」
イェンファ「私はね、あんな仮面の男のことなんて 知らないし、どうでもいいの
      あなたの言葉を聞いて、あなたの行いを見て、あなたを仲間として信じると決めたの
      ‥‥‥その責任くらいは、ちゃんと、とりなさいよ
      この人を信じて間違いじゃなかったって、そう、思わせてよ」
フォルス「イェンファ‥‥‥」

そうだな‥‥‥僕を信じてくれてる君のためにも、
僕はもう少し、がんばらないといけないのかもしれない
ありがとう、イェンファ 君のおかげで、僕はまた、前を向けそうだよ

第11話

イェンファ「ようやく、といった感じね やっと、エルスト・ブラッテルンに手が届く
      ここまで長かったような、短かったような、不思議な感じよ
      やっとセイヴァールの空気にも 慣れてきたところだったのだけど」
フォルス「あ、そうか‥‥‥ イェンファは任務でここに来てるだけだから」
イェンファ「そうね、エルストを捕らえたら、そこで私の任務は終了
      すぐに、次の任務のため、別の街へ 向かうことになるわ」
フォルス「‥‥‥そっか‥‥‥」
イェンファ「なんで、そこで 寂しそうな顔をするのよ
      口うるさい監視役がいなくなるんだから、もっと素直に喜びなさい」
フォルス「喜ぶなんて、そんなこと、できるわけないじゃないか
     仲間を別れるなんてこと、無条件に寂しいに、決まってるよ」
イェンファ「‥‥‥そういうことを、さらっと 言えてしまうのがあなたなのよね‥‥‥」

なんとなく、イェンファはずっと そばにいてくれるような気がしていたけど
もちろん、そんなことは あるはずないんだよなあ‥‥‥

第12話

イェンファ「怒ってるかしら?」
フォルス「え? 何を?」
イェンファ「私たちが、あの子のことを、危険な存在だと疑ってたことを、よ
      あなたが私のことを仲間と呼び、私もそれをあえて否定はしなかった‥‥‥
      なのに、私はその仲間を疑っていたのよ? 危険なんじゃないかって!」
フォルス「‥‥‥そうか、イェンファは 責めたがられてるんだね」
イェンファ「え‥‥‥?」
フォルス「これからちゃんと仲間であるために、後ろめたい気持ちを精算してしまいたくて
     そのために、罰を 受けたがってる‥‥‥」
イェンファ「‥‥‥そうなの? 私のこれって、そういう気持ちなの?」
フォルス「たぶんね
     だったら、僕が言うことはひとつだけだよ 君は大切な仲間だ、今までも、これからも
     これまで秘密を抱えることに苦しんできて、秘密を明かした今も禊ぎをほしがっている、
     そんな人に、それ以上、何も求めることもできないよ
     だからイェンファは、これからも胸を張って 僕のそばにいてくれると嬉しいな」
イェンファ「あ、あなたのそばにって‥‥‥
      ‥‥‥しょ、しょうがないわね、それが罰だっていうなら、従うしかないし」
フォルス「え? あ、いや、これは強制とかじゃなくて」
イェンファ「わ、わかってるわよ! そんなこと、いちいち確認しなくても!」

‥‥‥怒られた いったいどうしたんだろう?

第14話

好感度4・5
フォルス「櫻花隊を外されたって‥‥‥ ちょっと待って、それどういうこと!?」
イェンファ「もう‥‥‥夜中に大声を出さないの 近所迷惑よ?」
フォルス「いや、でも、そんなこと聞いたら落ち着いていられないよ!?
     何があったの!? もしかして、僕たちがらみの任務のことで何か!?」
イェンファ「そうじゃないの むしろ、その逆かしら
      重要なのは、今の私は「櫻花隊の燕花」ではないということ
      任務であなたと一緒にいるわけじゃない‥‥‥
      そこのところだけ、知っておいてほしいなって」
フォルス「イェンファ‥‥‥ でも、どうして?」
イェンファ「意地の悪い質問をしないで 本当はもう、分かってるんでしょう?
      私は、あなたの傍にいたいの あなたを助けたいの
      任務じゃない、私の意思として、あなたの力になりたいの
      できることなら、いつまでも‥‥‥ 一緒にいたいと、思っているの」
フォルス「イェンファ‥‥‥」
イェンファ「さあ、私はここまで言ったわよ あなたは、どう答えてくれるのかしら?」
フォルス「僕も‥‥‥きっと、同じ気持ちだ
     君にはずっと、支えられてきた もし、できることなら、僕も君を支えたい
     できることなら、いつまでも‥‥‥ 僕も、君と、一緒にいたい」
イェンファ「ふふっ、本当に支えてくれるの? 私、意外と甘えちゃう女かもしれないわよ?」
フォルス「だとすると、嬉しいな それなら、遠慮なく君の役に立てる」
イェンファ「ああもう‥‥‥このまま朝が こなければいいのに‥‥‥」
フォルス「そうだね‥‥‥朝さえこなければ、本当にずっと一緒にいられる‥‥‥」

‥‥‥わかってるんだ 明けない夜なんて、ないんだって
ずっと一緒にいたいという願いは、叶わないんだって
でも‥‥‥それでも、せめて今だけは‥‥‥



好感度3
フォルス「櫻花隊を外されたって‥‥‥ ちょっと待って、それどういうこと!?」
イェンファ「もう‥‥‥夜中に大声を出さないの 近所迷惑よ?」
フォルス「いや、でも、そんなこと聞いたら落ち着いていられないよ!?
     何があったの!? もしかして、僕たちがらみの任務のことで何か!?」
イェンファ「そうじゃないの むしろ、その逆かしら
      重要なのは、今の私は「櫻花隊の燕花」ではないということ
      任務であなたと一緒にいるわけじゃない‥‥‥
      そこのところだけ、知っておいてほしいなって」
フォルス「イェンファ‥‥‥ でも、どうして?」
イェンファ「私は、あなたの傍にいたいの あなたを助けたいの
      任務じゃない、私の意思として、あなたの力になりたいの」
フォルス「イェンファ‥‥‥
     僕も‥‥‥きっと、同じ気持ちだ
     君にはずっと、支えられてきた もし、できることなら、僕も君を支えたい
     そう、思ってるんだ‥‥‥」
イェンファ「ふふっ、本当に支えてくれるの? 私、意外と甘えちゃう女かもしれないわよ?」
フォルス「だとすると、嬉しいな それなら、遠慮なく君の役に立てる」

‥‥‥わかってるんだ 明けない夜なんて、ないんだって
ずっと一緒にいたいという願いは、叶わないんだって
でも‥‥‥それでも、せめて今だけは‥‥‥

ED

好感度4・5
イェンファ「ふう‥‥‥」
櫻花隊「どうしたの燕花、元気がないわね
    そんなことで今回の任務、ちゃんとこなせるの?」
イェンファ「別に‥‥‥何もないわよ、心配はいらないわ
      体調だって万全だし、心配事だって特にはないし」
櫻花隊「そうですの? わたくし、たまに見かけるのですけど
    セイヴァールでの任務からこちら、燕花様は よく窓辺でため息をついておられるでしょう?
    もしや、かの街に思い人でも 残してこられたのではないかと‥‥‥」
櫻花隊「え、ほんと? ついに燕花にも春が来てたの?」
イェンファ「‥‥‥バカバカしい 櫻花隊はいつから、そんな軟弱になったの?
      そんな話に興じるより先に、目の前の任務のことを考えましょう
      この街に冥土召喚術の研究者たちが潜伏しているのは間違いないの
      冥土の恐ろしさは、一度直接戦った私が一番良く知っている
      浮わついた気持ちで戦えるほど なまぬるい相手じゃないのよ?
櫻花隊「あ、その件なら、たぶん心配いらないわよ 調停機構の応援が、もうすぐ着くから」
イェンファ「‥‥‥え?」
櫻花隊「昨晩、連絡がありましたの 冥土に一番詳しい者をよこす、と
    燕花様には、連絡が行っておられなかったのですか?」
イェンファ「え、ちょっと待って、何それ、初耳なんだけど‥‥‥」
    「イェンファ!」
イェンファ「え‥‥‥ え‥‥‥っ
      えええええッ!!??」
櫻花隊「うひゃ、いきなり抱きついた!?」
櫻花隊「あら、まあ‥‥‥」
イェンファ「ふぉふぉふぉフォルス!? なんで、どうしてここに!?」
フォルス「それはもちろん、君が困ってるって聞いたから
     総帥に頼み込んで、特別任務って形で手伝いに来たんだけど」
カゲロウ「あんときのジンゼルアのじいさん、すげえ顔してたぜ?」※1
イェンファ「え、えと、あの、その‥‥‥ 言いたいことはたくさんあるけど‥‥‥
      ‥‥‥まずは、ちょっと、離れてくれない?」
フォルス「え? あ、ごめん 久しぶりに会えたから、うれしくてつい」
イェンファ「ええ、そうでしょうね‥‥‥ おかげで私は、素直には喜べそうにないわ‥‥‥」
櫻花隊「‥‥‥」
櫻花隊「‥‥‥」
イェンファ「こほん‥‥‥悪いけど二人とも、少し席を外してもらえる?」
櫻花隊「え、ええ、そうね 少し、見回りに行ってくるわ」
櫻花隊「わたくしは書類のほうを片付けてまいります あとはごゆっくり」
カゲロウ「はは、そしたらおいらも 少し周りを見てくるぜ」※2
フォルス「え? あれ?」
イェンファ「さて、これで二人きりね ‥‥‥久しぶり、フォルス
      ‥‥‥
      ああもう、ダメ! 何だか言葉が出てこない!」
フォルス「お、落ち着いて!?」
イェンファ「言いたいこと、たくさんあったの! ずっと、ずっとため込んでた分が!
      なのに、あなたを前にしたら、頭が真っ白になっちゃって‥‥‥」
フォルス「ゆっくり、思い出せばいいよ 焦らなくても、時間はあるんだ
     君が困っている時には、僕は必ず駆けつける
     君を悩ませる全てを解決するまで、僕は隣にいるから‥‥‥」
イェンファ「‥‥‥ほんと?」
フォルス「約束する」
イェンファ「わかったわ、じゃあ、まずは仕事を増やしてもらってくる」
フォルス「え?」
イェンファ「一生かかっても終わらなそうなくらい、大量の任務を抱えてやるわ
      そうしたら、あなたが一生隣にいてくれるんでしょう?」
フォルス「‥‥‥イェンファ、初めて会った時とは ずいぶんと変わったよね」
イェンファ「変えた人には言われたくないわね ‥‥‥それとも、こんな私は嫌い?」
フォルス「まさか!
     ‥‥‥一生隣にいたいくらいには、大好きだよ」

知ってるわ、‥‥‥わたしもそうだもの



好感度3
イェンファ「ふう‥‥‥」
櫻花隊「どうしたの燕花、元気がないわね
    そんなことで今回の任務、ちゃんとこなせるの?」
イェンファ「別に‥‥‥何もないわよ、心配はいらないわ
      体調だって万全だし、心配事だって特にはないし」
櫻花隊「そうですの? わたくし、たまに見かけるのですけど
    セイヴァールでの任務からこちら、燕花様は よく窓辺でため息をついておられるでしょう?
    もしや、かの街に思い人でも 残してこられたのではないかと‥‥‥」
櫻花隊「え、ほんと? ついに燕花にも春が来てたの?」
イェンファ「‥‥‥バカバカしい 櫻花隊はいつから、そんな軟弱になったの?
      そんな話に興じるより先に、目の前の任務のことを考えましょう
      この街に冥土召喚術の研究者たちが潜伏しているのは間違いないの
      冥土の恐ろしさは、一度直接戦った私が一番良く知っている
      浮わついた気持ちで戦えるほど なまぬるい相手じゃないのよ?
櫻花隊「あ、その件なら、たぶん心配いらないわよ 調停機構の応援が、もうすぐ着くから」
イェンファ「‥‥‥え?」
櫻花隊「昨晩、連絡がありましたの 冥土に一番詳しい者をよこす、と
    燕花様には、連絡が行っておられなかったのですか?」
イェンファ「え、ちょっと待って、何それ、初耳なんだけど‥‥‥」
    「イェンファ!」
イェンファ「え‥‥‥ え‥‥‥っ
      えええええッ!!??」
イェンファ「ふぉふぉふぉフォルス!? なんで、どうしてここに!?」
フォルス「それはもちろん、君が困ってるって聞いたから
     総帥に頼み込んで、特別任務って形で手伝いに来たんだけど」
カゲロウ「あんときのジンゼルアのじいさん、すげえ顔してたぜ?」※1
イェンファ「え、えと、あの、その‥‥‥ 言いたいことはたくさんあるけど‥‥‥」
櫻花隊「‥‥‥」
櫻花隊「‥‥‥」
イェンファ「こほん‥‥‥悪いけど二人とも、少し席を外してもらえる?」
櫻花隊「え、ええ、そうね 少し、見回りに行ってくるわ」
櫻花隊「わたくしは書類のほうを片付けてまいります あとはごゆっくり」
カゲロウ「はは、そしたらおいらも 少し周りを見てくるぜ」※2
フォルス「え? あれ?」
イェンファ「さて、これで二人きりね ‥‥‥久しぶり、フォルス
      ‥‥‥
      ああもう、ダメ! 何だか言葉が出てこない!」
フォルス「お、落ち着いて!?」
イェンファ「言いたいこと、たくさんあったの! ずっと、ずっとため込んでた分が!
      なのに、あなたを前にしたら、頭が真っ白になっちゃって‥‥‥」
フォルス「ゆっくり、思い出せばいいよ 焦らなくても、時間はあるんだ
     君が困っている時には、僕は必ず駆けつける
     君を悩ませる全てを解決するまで、僕は隣にいるから‥‥‥」
イェンファ「‥‥‥ほんと?」
フォルス「約束する」
イェンファ「わかったわ、じゃあ、まずは仕事を増やしてもらってくる」
フォルス「え?」
イェンファ「一生かかっても終わらなそうなくらい、大量の任務を抱えてやるわ
      そうしたら、あなたが一生隣にいてくれるんでしょう?」
フォルス「‥‥‥イェンファ、初めて会った時とは ずいぶんと変わったよね」
イェンファ「変えた人には言われたくないわね ‥‥‥それとも、こんな私は嫌い?」
フォルス「まさか!
     ‥‥‥一生隣にいたいくらいには、大好きだよ」


響友差分
※1
ダイス「ジンゼルア総帥、すごく微妙な顔してたよ‥‥‥」
カゲロウ「あんときのジンゼルアのじいさん、すげえ顔してたぜ?」

※2
ダイス「‥‥‥ボクも、ちょっと周りの様子を見てこようかな」
カゲロウ「はは、そしたらおいらも 少し周りを見てくるぜ」


トップ   差分 履歴 リロード   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-07-21 (日) 00:00:00