第14話

フォルス「眠れないな‥‥‥ ちょっと、夜の風にあたってこよう
     あそこにいるのは‥‥‥」
エクセラ「あれ? ショーカンシだ」
ヴェローチェ「ほんとだ フォルスだ」
フォルス「二人とも、どうしたのさ 眠れない?」
エクセラ「ん‥‥‥ まーね
     そーいうショーカンシこそ 寝らんないの?」
フォルス「うん‥‥‥明日、ついに決戦だからね
     気を引き締めないとって思うと、どうしても興奮しちゃってさ」
エクセラ「へえー‥‥‥ そんな理由なんだ」
ヴェローチェ「ショーカンシ、まじめだなー」
フォルス「そんな理由って‥‥‥ 君たちは違うの?」
ヴェローチェ「あったりまえじゃん! だって、決戦とかよくわかってないし!」
エクセラ「ギフトたちのことはキライだけど、わりとどうでもいいほうだし!」
フォルス「‥‥‥ええと?」
エクセラ「エクセラたちがドキドキしてるのは、もっと違う理由!」
ヴェローチェ「世界がきらきらしてるから、じっとしてらんないの!」
フォルス「世界が‥‥‥」
エクセラ「エクセラたち、ずっと、真紅の鎖だったから」
ヴェローチェ「ヴェローチェたち、楽しいこと、何もできなかったから」
フォルス「‥‥‥そうか 君たちは、ずっと、自由じゃなかったんだ」
ヴェローチェ「そう! そのそれ!」
エクセラ「‥‥‥あ、でも、エクセラたち、今も自由じゃない
     ショーカンシがお目付け役だから 離れちゃいけないって言われてた
     ‥‥‥逃げちゃダメかな」
フォルス「そりゃもちろん、ダメに決まってるからね!?」
エクセラ「ぶー、横暴だー」
ヴェローチェ「‥‥‥ん、でも、ショーカンシだったら、別にいいかな
       メドゥとかアトシュとかと違って、あちこち連れてってくれそうだし」
エクセラ「む‥‥‥たしかに‥‥‥ 歌、ちゃんと聞いてくれたっけ‥‥‥」
フォルス「は、はは‥‥‥まあ、その二人よりは、かまってあげられると思うけど‥‥‥」
ヴェローチェ「ほら」
エクセラ「むー‥‥‥」
ヴェローチェ「‥‥‥だめ?」
エクセラ「むー‥‥‥ ヴェローチェがそこまで言うなら、仕方ない
     とりあえず信用してやるから、感謝するがよいっ!」
フォルス「はは、ありがとう」
エクセラ「でも、とりあえずだからな! ヴェローチェを裏切ったらショーチしないぞ!」
フォルス「君たちを泣かすようなことはしないよ、約束する」
エクセラ「うっ‥‥‥
     ば、ばか! そういうこと言われたら、泣けてくるっしょ!」
ヴェローチェ「あんたたちにとっちゃ、いつもの挨拶みたいなものかもしれないけど、
       ヴェローチェたち、そーゆー優しい言葉とか、ぜんぜん慣れてないの!」
フォルス「ご、ごめん‥‥‥?」
エクセラ「うがーっ! さっそくヴェローチェを泣かせた!」
フォルス「えええっ!? その約束、もう有効なの!?」
エクセラ「生まれたときまでさかのぼって、一生が終わるまで有効にきまってる!
     うらあ、かみついてやるー!」
ヴェローチェ「あ、エクセラずるい、ヴェローチェもかみつく!」
フォルス「あた、あいたたたっ!?」

元気な子たちだな、って、いまさらながらに思ったんだ
この子たちが元気に過ごせる明日を用意してあげたいな、って
だから、ギフト‥‥‥ 悪いけど、君の夢を叶えさせはしない
明日の決戦で、必ず、君のことは止めさせてもらう!

ED

大家さん「あら〜、いらっしゃい」
フォルス「こんにちは あの二人はいる?」
大家さん「顔を見せてすぐにあの子たちの心配? 少し妬けちゃうわね
     やっぱり、若さのせいなのかしら 二重に妬けちゃうわ」
フォルス「大家さんはまだ若いし、そもそもそういう問題じゃないでしょう?
     僕はあの子たちの保護者なんだから、何よりも優先して気にかける権利があるの!」
大家さん「もう‥‥‥ 意地悪なお父さんね」
エクセラ「あーっ! フォルスだ! フォルスが来てる!」
ヴェローチェ「あーっ、ほんとだ、ショーカンシが来てる!」
フォルス「やあ、二人とも元気そうだね 調子はどうだい?」
ヴェローチェ「‥‥‥昨日も会ってるのに、なんでわざわざ調子を尋ねるんだ?」
フォルス「いやほら、それはさ、気になるものはしょうがないだろ?」
エクセラ「エクセラは、すっごくいい感じだよ! 大勢の人が歌を聞いてくれるから、ここ好き!」
大家さん「実際、二人ともけっこうな人気よ? この子たち目当てのお客も増えているもの
     最近は、大手の劇場のスカウトらしき人までちらほらしているのよね
     いっそ、夜の部までぶっつづけで歌ってもらえないかしら」
フォルス「それはダメです」
ヴェローチェ「えー、横暴だー! 歌わせろー!」
エクセラ「朝までだって平気だぞー! 歌わせろー!」
フォルス「ダメだ、子どもは夜には寝るものだろう?」
大家さん「過保護は、かえって教育によくないわよ?」
フォルス「自主性どうこうを育てる前に、まず常識を身に着けてほしいだけです
     そうでなくても、これまで誰にも守られなかった子たちなんだから
     過保護といわれようと、僕はこの子たちを守り抜きますよ」
ヴェローチェ「‥‥‥アトシュとかとは別の意味で うっとーしーなー‥‥‥」
エクセラ「でも、イヤじゃないでしょ?」
ヴェローチェ「ん‥‥‥ まあ、ね‥‥‥」
大家さん「あ、ほらほら二人とも、休憩時間はそろそろ終わりよ
     早く控え室に行って着替えてきなさい 急がないと、裸でステージに上げるわよ?」
エクセラ「ひゃあ!?」
ヴェローチェ「こ、これは本気の目だ!?」
エクセラ「で、でもその前に、せっかくだから、いってらっしゃいのキスとかそういうのを」
大家さん「そんな時間ないから! ほらさっさと行きなさい!」
フォルス「‥‥‥楽しそうですね 二人とも」
大家さん「そうね、ここに来たばかりのころは ずいぶん手のかかる子たちだったけど
     最近になって、ようやく慣れてきたみたい
     保護者がはりきる気持ちもわかるわ、ほんとにいい子たちだものね」
フォルス「ですよね‥‥‥ちょっといたずら好きなのが困りものですけど」
大家さん「にやけながらぼやいても、説得力がないわねえ」
フォルス「にやけてなんていませんよ、僕は召喚犯罪者の監督役ですよ?
     これ以上ないくらいに厳しい態度で任務にあたっているつもりです」
大家さん「鏡ならそこにあるから、自分の顔をよく見なさい」
フォルス「それはともかく」
大家さん「目をそらしたわね」
フォルス「いずれ二人は、自分たちが重ねてきた罪と 正面から向き合わないといけません
     そのときになって、償いの道を正面から歩んでいけるように‥‥‥
     今のうちに、自分たち自身のことを 大切に思えるようになってほしいんです」
大家さん「‥‥‥ほんと、厳しくて優しい監督役だこと
     あ、ほら見なさい 二人が出てくるわよ
     可愛い娘たちの晴れ姿、しっかり堪能なさいな、お父さん?」

「みんなー、こんばんはー」
「今日も、楽しい歌をたくさん歌いますから、よろしくおねがいしまーす」


トップ   差分 履歴 リロード   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-07-10 (水) 00:00:00