第11話 わだかまる闇

VS支配された真紅の鎖

[開始直後]
冥土壊人「‥‥‥‥‥‥
     ‥‥‥ろして‥‥‥」
フォルス「‥‥‥え?」
冥土壊人「‥‥‥ころして‥‥‥ ‥‥‥‥‥‥くれ‥‥‥
     ウオロアァラァ!!」

冥土壊人「‥‥‥‥‥‥
     ‥‥‥ろして‥‥‥」
アルカ「‥‥‥え?」
冥土壊人「‥‥‥ころして‥‥‥ ‥‥‥‥‥‥くれ‥‥‥
     ウオロアァラァ!!」

VSギフト

[開始直後]
フォルス「いくよ、ダイス、みんな!」
ダイス「うん!」
ギフト「また、冥土が消された‥‥‥だと‥‥‥? なぜだ‥‥‥? どういうこと、なんだ?」

フォルス「いくよ、カゲロウ、みんな!」
カゲロウ「おう!」
ギフト「また、冥土が消された‥‥‥だと‥‥‥? なぜだ‥‥‥? どういうこと、なんだ?」

アルカ「いくよ、ペリエ、みんな!」
ペリエ「んむ!」
ギフト「また、冥土が消された‥‥‥だと‥‥‥? なぜだ‥‥‥? どういうこと、なんだ?」

[ソウケンを参戦させた場合]
フォルス「ソウケン!? 戦えるの!?」
ソウケン「フン、貴様らに労わられるほど脆い体ではない
     我が歩み、この程度の瑕疵で止められるほど軽いものだと思うな!」

アルカ「ソウケン!? 戦えるの!?」
ソウケン「フン、貴様らに労わられるほど脆い体ではない
     我が歩み、この程度の瑕疵で止められるほど軽いものだと思うな!」

[2ターン目]
ギフト「獣ども、早くあいつらを止めろ!」

[命浄の閃光で敵を5体以上撃破]
フォルス「この光は君を止めるために いま必要な力だ
     だから、躊躇はしない!」

第12話 色彩なき遺産

VS冥土獣

[開始直後]
フォルス「(わからないことを解決しに ここに来たはずなのに)
     (わからないことが どんどん増えていくばっかりだ‥‥‥)
     (でも、とりあえず今は、目の前の敵をやっつけないと!)」

アルカ「(わからないことを解決しに ここに来たはずなのに)
    (わからないことが どんどん増えていくばっかり‥‥‥)
    (でも、とりあえず今は、目の前の敵をやっつけないと!)」

[2ターン目]
冥土獣「こおおお‥‥‥」
シーダ「おい、こいつら、また数が増えたぞ!? ちょっとヤバくないか、お前の故郷!?」

[敵を10体撃破]
アベルト「こりゃまた、ずいぶんな団体さんだな!」
フォルス「僕が見たのは、数もこんなには‥‥‥」

アベルト「こりゃまた、ずいぶんな団体さんだな!」
アルカ「わたしが見たのは、数もこんなには‥‥‥」

[敵を20体撃破]
シーダ「お、おい!? いくらなんでも、多すぎないか?」

[敵を30体撃破]
カリス「こ、こいつぁ、なかなか、ハードじゃねぇか‥‥‥」

VS冥土獣

[開始直後]
ルエリィ「ちっちゃいセンパイはあんたたちなんかに渡さないんだから!」
アベルト「お前も持ってくなよ?」
ルエリィ「‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
     わかってます!」
アベルト「答えまで時間がかかったのが気になるな‥‥‥」

第13話 闇は混ざり合う

VS冥土獣

[開始直後]
ダイス「結局、強襲するみたいな形になっちゃったね‥‥‥
    まあいいよ、こういう戦いのほうが、ボクが役に立つってコトを見せられる!」

カゲロウ「なんだよ、結局 強襲してるようなものじゃん
     まあ、こっちのほうが、おいらが活躍できて、都合がいいけどさ!」

スピネル「なんだか、結局、強襲するみたいな形になっちゃいましたね‥‥‥
     で、でも、こちらのほうが、役に立つってアピールするチャンスです!」

ペリエ「ん、けっきょく、しょうめんとっぱ!
    でも、これでいい! ぺりえ、やくにたってみせるから!」

[アトシュが敵を5体撃破]
アトシュ「どうした、テメェら!この程度か!」

VSエルスト

[開始直後]
エルスト「その目が真実を見抜いているとしても戦いを止める理由にはならんな
     冥土を倒し、歴史の闇に葬るのは、俺達だ そのことを譲るつもりは、毛頭ない
     それを曲げさせたいというのなら、君達の得た力で、押し通って見せろ!」

[2ターン目]
シーダ「冥土を喚ぶことまで、できるようになったのか!?」
フォルス「エルストさん‥‥‥」

シーダ「冥土を喚ぶことまで、できるようになったのか!?」
アルカ「エルストさん‥‥‥」

[命浄の閃光で敵を5体撃破]
フォルス「僕たちはこの光で、冥土を制してみせる!」

アルカ「私たちはこの力で、冥土を制してみせる!」

VSギフト

[開始直後]
ギフト「兄さん、気づいてくれ!
    兄さんの背中に先に追いつくのはオレなんだ!
    ふは、ふはは、ふははははははははははぁっっ!!!」

[2ターン目]
ギフト「力づく、か‥‥‥ああ、もう、この際、それでいいかもしれない
    この際、研究とかデータ取りとか、そういう細かいことは全部ナシだ」

第14話 夢みた明日と、辿り着いた今日

VS冥土獣

[開始直後]
管理官さん「市の外から、新たな群れがセイヴァールに向かっています」
シーダ「さすがに、こいつを市内に入れたらまっずいよなあ‥‥‥」
管理官さん「今、動ける召喚師に向かってもらっています!
      その到着まで現地にいる方で時間を稼いでください!」
冥土獣「くおあおおおぉおあおああ‥‥‥」
ソウケン「来るぞ、構えろ! 此処より先に進ませるな!」

[敵を15体撃破]
イェンファ「ここから先は、行かせはしない!」

[敵を25体撃破]
シーダ「気を抜くな! まだまだ来るぞ!
    一匹でも突破されたら、それまでだからな!」

[敵を35体撃破]
ルエリィ「え、援軍はまだですかぁ‥‥‥?
     さ、さすがに、もうくたくたです‥‥‥ 交代要員さん、早く来てくださーい!」

最終話 もう一度だけ、昔のように

VS冥土獣

[開始直後]
ルエリィ「‥‥‥すすすごい量ですよ!?」
カリス「‥‥‥おいおい ちょっと休むヒマもナシかよ」
フォルス「来るぞ! みんな、迎え撃って!」

ルエリィ「‥‥‥すすすごい量ですよ!?」
カリス「‥‥‥おいおい ちょっと休むヒマもナシかよ」
アルカ「来るよ! みんな、迎え撃って!」

VS???(ネタバレにつき伏字)

[開始直後]
フォルス「ギフト! かつてのリィンバウムのために 君が戦うというのなら!
     僕たちは、今、ここにあるリィンバウムのために、君と戦う!
     君の言う強き人々が、勇者たちが、かつてそうしていたように!!!」

アルカ「ギフト! かつてのリィンバウムのために あなたが戦うというのなら!
    わたしたちは、今、ここにあるリィンバウムのために、あなたと戦う!
    あなたの言う強き人々が、勇者たちが、かつてそうしていたように!!!」

[敵を15体撃破]
遺産継承者ブラッテルン「魂より淀みし澱の内より、強き力よ、形と為れ‥‥‥
            幽冥なる土塊の理に因りて、我、汝を召喚す‥‥‥」

[裏切りの憧憬 1ターン前]
フォルス「なにか‥‥来る‥! みんな! 気を付けて!!」

アルカ「なにか‥‥来る‥! みんな! 気を付けて!!」

[E・ブラッテルン1体撃破]
遺産継承者ブラッテルン「ぐ、が‥‥‥ おのれ、ぇ‥‥‥」
フォルス「負けない‥‥‥ 僕たちは‥‥‥絶対に、負けない‥‥‥!」

遺産継承者ブラッテルン「ぐ、が‥‥‥ おのれ、ぇ‥‥‥」
アルカ「負けない‥‥‥ わたしたちは‥‥‥絶対に、負けない‥‥‥!」

[E・ブラッテルン4体撃破]
遺産継承者ブラッテルン「ば‥‥‥かな‥‥‥ 体が‥‥‥崩れる‥‥‥
            オレ達は‥‥‥強い‥‥‥力を‥‥‥ なのに‥‥‥なぜ‥‥‥」

[最終決戦開始時]
ギフト「フォルス‥‥‥! フォルス‥‥‥!!
    フォルスフォルスフォルスフォルスフォルスフォルスフォルスフォルスフォルス!!!!
    もう、月なんていらない! 「千眼の竜」の支配など、後回しでいい!
    君を倒す! 君を超える! オレのすべてを使って!!
    君をおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」

ギフト「アルカ‥‥‥! アルカ‥‥‥!!
    アルカアルカアルカアルカアルカアルカアルカアルカアルカ!!!!
    もう、月なんていらない! 「千眼の竜」の支配など、後回しでいい!
    君を倒す! 君を超える! オレのすべてを使って!!
    君をおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」

[HP750以下]
ギフト「フォルスウゥウウゥゥウウオオアアアオオァァ!」
ダイス「兄さん、気を付けて! ギフトさん、様子がおかしいよ!!」
フォルス「ギフト‥‥‥」

ギフト「フォルスウゥウウゥゥウウオオアアアオオァァ!」
カゲロウ「兄貴、気を付けろ! ギフトのやつ、様子がおかしいぞ!!」
フォルス「ギフト‥‥‥」

ギフト「アルカアァアアゥゥウウオオアアアオオァァ!」
ペリエ「おねえちゃん、きをつけて! ぎふと、ようすがおかしい!!」
アルカ「ギフト‥‥‥」

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-10 (月) 00:00:00 (1532d)