情報提供(敬称略):鎖楙籟、夕焼け空、雪鈴


パーティー能力・個別解説

編集者の主観が混じるので参考までに
ユニット固有のパーティー能力は出撃させていると効果が無い

  • パッシブ系
    • 成分強化
      • HP回復量増加は嬉しいところだが、料理に適応されないのが残念な所
    • 適材適所
      • MPやりくりに苦労する本作では、MP消費低下は有用。迷ったら入れておくといいだろう。
    • 用心の心得
      • 反撃ダメージを受けない戦い方をするならそれほど有用ではない。
    • 挫けない心・不屈の闘志
      • メンバーが死なない前提なら不要
    • 負けず嫌い
      • レベル差があってもやられなければBPが0になることは少ないので、そこまで必要ではない
    • 勇気の絆
      • 推奨LV付近でプレイしているならそれなりに効果あり
    • 仲間に託す思い
      • 戦闘不能が発動条件なので、ブレイブクリアには適さない。
        最終話で不屈の闘志や負けず嫌いと組み合わせれば、えらい粘り強い戦いができるようにはなるが…
    • 支え合い精神・ヒーリングアロマ
      • 自動回復は便利だがコスト的には微妙な所
    • 集中コール・弱点看破
      • 回避率や命中率が上がって損はしない。BP消費はなくPPも少ないので、迷ったら入れるといいだろう。
    • 作戦会議
      • クリティカル値が上がって損はしないが、BP依存なのが玉に瑕。
      • クリティカル確率が上がるわけではない上に、上がる量もそこまで大きくはないので恩恵は低い。
        クリティカルを頻繁に出すユニットがいないと意味がないので注意
    • 治癒フィールド
      • 交代を頻繁に使うなら。交代をあまり使わないなら不要。
    • 不屈の闘志
      • ブレイブクリア条件は満たせなくなるので、あまりお世話になるべきではないだろう。
    • リーダーの器
      • BP+3は便利だが、多くの人が主力としているであろう主人公を控えに回さないと効果がないのが難しい所。
    • 命浄の護光
      • 冥土戦では便利…なのだが、その冥土戦で頼りになる響友を控えに回さないと効果が無いのが難しい所。
    • 痺れクナイ
      • 反撃キャンセルはありがたいが、そこまで頼りになるほど頻発するわけでもない。
    • 威嚇射撃
      • 相手の行動をキャンセルするが、敵をおびき出してる時はむしろ発動してほしくないことも。
    • 機・鬼・霊・獣界護法陣
      • 敵の属性が偏っている時属性に合った物をセットすることで、ダメージを軽減できるため便利。
    • 札縛り
      • まあ発動したらいいかな、程度に使うなら。
    • 武器知識
      • BP依存だが、武器ダメージをそれなりに減らせる。
    • ハイエナの嗅覚
      • 通常時は中断セーブ&リセットを使えば無くても問題ない、再戦時で個数を集める際はあったほうがよい
    • 鋼鉄の守り
      • 対応するスキルを使わない場合は不要、使う場合は結構便利
    • 戦技指導・金運向上
      • 稼ぎには便利だが戦闘自体には貢献しない点に注意
        2周目以降でも武器・響命石を強化するとお金はすぐに無くなるのでつけておいたほうがよい
      • 戦技指導は勇者の伝記と効果が重複する
        1巻なら1.5×1.1=1.65倍となる
        周回を重ねるほど簡単に経験値がステージのカンストに達してしまうようになるため、周回を重ねれば重ねるほど戦技指導はいらなくなってくる
    • 気炎万丈
      • コマンド型のパーティー能力を積極的に使う場合はつけておくとよい。
        高レベルで進める場合は敵を倒すとBPが下がるのでその対策にも
    • スパークル・ポイゾリン・ウールドリーマー・ブーイング・シーリングコール
      • 各パーティ能力に合致した状態異常を用いるなら。
    • ホーリィベル
      • サモンアシストを頻繁に使うならあったほうがいい。
    • 元気100%
      • HPがあって困ることはないので、出来る限りつけたほうがいいだろう。
    • 海賊弁当・お手製弁当
      • 再戦でも発動するので、再戦で数を補給して普段はつけないのが得策
        本作の食事は回復アイテムに含まれるのが残念
    • セーフコート
      • 状態異常にかかりにくくなるため、厄介な状態異常を使ってくる敵との戦闘に便利。
    • パーティーポイント+1
      • セット可能なパーティー能力が増えるため便利。優先して取得したい
  • コマンド系
    • 交代
      • 行動済みのユニットを交代させると出てきたユニットは行動済みに
      • 状態異常(覚醒含む)のユニットは対象にできない
    • いやしの玉・祝福の玉・奇跡の玉
      • 効果とコストを考えると祝福の玉が使いやすいと思われる
    • 絶対防御の陣
    • 四界の知識
    • 再行動コール
      • 優秀だがコストも重いため他のパーティー能力と相談
      • 2周目以降はこれを使ってさくさく進もう
    • 清めの炎・気付け注射
    • ホーリィエール・チアガール
    • パワーチャージ
    • 位置交換
      • 押収やドロップ狙いで奥の敵を撃破の場合に移動距離を稼ぐのに便利
    • 支援ヒール
    • 鬼さんこちら

人生やり直し(初回イベント時)

  • 大家さんのお店での人生やり直し(レベルリセット)は初回イベント時の1回はアイテムが無くても可能
    このイベントフラグはお店に立ち寄るまで残ったままなので後半で参入するユニットにイベントの無料分を当てることもできる
    2周目以降で悪魔の秘薬を所持していると初回イベント時でも消費するので、余分な在庫を持つと無料利用ができないので少しもったいない…?
  • ちなみに1でもレベルを下げるとステータスのボーナスは全て振り直しとなる

戦闘関連(システム面)

  • 獲得ボーナスの確認
    戦闘システムコマンドを開いた際、画面右下に現在のターン数、獲得ボーナス経験値・お金が表示される。
    表示は99999が最高だが、実際の上限はもっと上
    この数字は通常時は黒色だが、キャップに達すると赤くなる
  • 再戦時の開始BP
    再戦時のBPは50+ブレイブオーダーを達成したボーナスで開始となる

召喚術に関する小ネタ色々

  • 召喚によるRATE計算
    • 100+武器の熟練度分(%)−属性抵抗(%)−坑魔の領域(%)−魔抗(%)

    • どれも単純に足し算引き算をしているわけじゃなく、%で計算してる
      仮に熟練度で4%、抵抗が10あったとしたら
      100+4%-10% = 104-10% = 104-10.4 =93(切り捨て)

      基本は小数点切り捨てなのだが、何故か魔抗があると最後四捨五入する模様

  • 今回は過去作のように、威力に応じたダメージ上限はない模様

  • 回復術の計算式
    • 使用者のMAT/2+威力×RATE=回復量

ニヤリとできる過去作の色々

ゲーム内で確かめたい方のために、詳細は反転してます。

  • 学園長室の壁の絵画
    • 青空教室
  • 管理官さんの本名と容姿
    • 彼女を造ったマザーに所縁ある御方の名前をもらっており、姿もその御方の似姿とのこと。
    • 本名をアルファベットで書くと「Radylia」。1文字目と2文字目を入れ替えると…。
    • 設定イラスト54は、ある意味「マザー」と「所縁ある御方」のネタバレになっている。
  • ミッションを進めていくと判明する、マザーの数々の栄光
    • お笑いグランプリ準優勝、「大鍋祭」の由来になっている4人の鍋奉行の一人、等
  • 恋する乙女は片手で竜をコロス2ndエクステーゼ
    • 3と4で言及された大河小説「恋する乙女」の最新作。管理官さんだけでなく、スピネルもこのシリーズを読んでいるらしい
    • 4から約300年後にあたる5の時代でも作者を変えて続いている。
  • 伝統ある鍋・大鍋祭
    • 3番外編で既に恒例になっていた、戦いの後の鍋料理がついにお祭りに
  • 海の漢の陸上手
    • 海の漢で陸に上がるのが嫌いなジャキーニが、ユクレス村の畑仕事で天性の才能を発揮したことが由来と思われる
  • マネマネ天師が受け継いだ称号の由来
    • もちろん3のマネマネ師匠。モノマネダンス勝負も健在の模様
  • 異世界調停機構、警察騎士団、誓央連合、真紅の鎖の前身組織
    • 異世界調停機構…蒼の派閥と金の派閥
    • 警察騎士団…巡りの大樹自由騎士団
    • 誓央連合…聖王国
    • 真紅の鎖…紅き手袋
  • 誓央連合の発起人
    • 当時の聖王国の王女ディミニエとその配偶者。ディミニエは小説「私だけの王子さま」に登場。配偶者については詳細不明だが、王位に就かなかったようだ
    • 聖王国は1と2の舞台となった国家で超律者とそのパートナーたちの出身国。二つの派閥の本部もあった。
  • ライル機関
    • 2の男性パートナーであるネスティ・バスクの生家の姓がライル。
    • ライル家は機界からリィンバウムに亡命した融機人の家系であり、調律者の一族と深い関わりがある。ネスティはその末裔にして最後の生き残り
  • 大校長登場時やアルトリクス、水晶の森のBGM
    • それぞれ3のBGMのアレンジ
  • 第8話1戦目のマップ上にある胸像
    • 3に登場したゲンジとヤードに酷似
  • 学園の並木道を構成する木
    • 2に登場する禁忌の森と同じ名称・アルミネス。聖なる大樹から株分けしたもの
  • カリス、シーダの先祖
    • カリス…機界のエルゴの守護者エルジン・ノイラーム。1と2に登場
    • シーダ…アルミネスの森の監視者ルウ・アフラーン。2に登場
  • 魔王と呼ばれるような大悪魔がこっちの世界を狙っていた
    • 1でオルドレイクが引き起こした無色の派閥の乱と、2でメルギトスが引き起こした傀儡戦争。
      無色の派閥の乱で召喚された魔王は誓約者たちに、メルギトスは超律者たちによって撃退されている。
  • 書庫を漁る新入社員が読んでいた伝記
    • 豊穣の天使アルミネの恋の結末が気になるらしい。詳しくはドラマCD「あの日のカケラ」を参照のこと
  • 豊穣の天使、奸計となんたらの悪魔王
    • 豊穣の天使アルミネと、奸計と虚言の悪魔王メルギトス。どちらも2のキーパーソン
  • ヘルモグラ
    • 3のミニゲーム「こらっ!モグラだらけのイモ畑!」に登場する、ヘルメットをかぶったモグラ。食い意地のはった悪魔のようなヤツ
  • 集いの公園
    • 忘れられた島の中心に位置した、護人が会合を行う泉の名前が「集いの泉」
  • 死後の世界
    • エクステーゼの舞台「界の狭間」。またの名を「無限界廊」
  • 料理いろいろ
    • モカ・マッタリ…エクステーゼのイベントアイテム
    • まかないカレー…カレーはムギュの祖父ムガの好物
    • 秘伝旨味タコ焼き…3でオウキーニがゲンジの話を元に名も無き世界の味を再現したタコ料理
    • 「旅は道連れで料理は愛情」…4の14話外伝のタイトル「旅は道連れ、料理は愛情」
  • ミッションバトルで入手できるアクセサリー
    • 水夫のお守り…3の2話夜会話でソノラを選択するともらえる
    • かわいい手鏡…3の2話夜会話でスカーレルを選択するともらえる
    • 学術教本…3の1話イベントバトル(1回目)のみ、先生の初期装備になっていた
    • ゴージャスリング…3の番外編で、ケルマの初期装備になっている
    • 液漏れ電池…3の無限界廊第7界廊で対応したPユニットを倒すと入手できる。でんちマンが召喚可能
    • 獣界の書…3でウィルを生徒に選択すると、15話戦闘終了後入手できる
    • 王の書…3の無限界廊を制覇すると入手できる
  • 5人の勇者
    • 狂界戦争で世界崩壊を食い止めるべく活躍した抜剣者・誓約者・超律者・越響者のこと。残りの一人については詳細不明
    • 小説「サモンナイトU:X」においては以下の4人
      抜剣者(セイバー)…レックス(3)
      誓約者(リンカー)…ハヤト(1)
      超律者(ロウラー)…マグナ(2)
      越響者(クロスレイヤー)…ライ(4)
    • 本作の大校長(抜剣者)はレックスとアティのいずれかを選択できるが、小説ではレックスで固定

シリーズをプレイしていない方のための簡易用語集

  • 抜剣者の剣
    • 果てしなき蒼(ウィスタリアス)…碧の賢帝(シャルトス)の破片を打ち直した、抜剣者の剣
    • 不滅の炎(フォイアルディア)…3番外編で生徒が召喚した剣。この剣が誕生した経緯については小説「受け継がれし炎」を参照のこと
    • 翠遠の息吹(ヴェルディグリオン)…小説「サモンナイトU:X」でイスラが継承した第三の剣。「受け継がれし炎」で封印された紫紺の蛇刀(バルバーリア)が新生したもの
    • 揺るぎなき曙光(ブランリュゼール)…3本の魔剣を召喚し真剣覚醒することで出現する第四の剣
  • 服従召喚
    • 響融化以前に使用されていた旧き召喚術。誓約で召喚対象を縛りつけ、強制的に従わせることができた。
  • サモナイト石
    • 服従召喚の触媒として用いられていた五色の石。誓約の儀式を行うことで、特定の召喚獣を呼び出す召喚石となる
  • 響界種(アロザイド)
    • 属する世界が違う者の間にもうけられた子供のこと。今作では人間と妖怪の血を引くソウケンが該当する。用語としては4が初出。
  • 魂殻(シエル)
    • 魂を形作る殻(意識を収納する器)のこと。これが消失すると自我を形作る意識が拡散し、魂としての死を迎えてしまう。用語としてはエクステーゼが初出。
  • 至源の剣
    • エルゴの王(初代誓約者)の子孫にあたる聖王家が所有している剣で、代々の聖王が継承する。小説「私だけの王子さま」を参照のこと
  • 召喚師の派閥
    • 蒼の派閥…真理探求を目的とする学究的組織。異世界調停機構の前身の一つ
      政治や経済活動への干渉を嫌い一定の距離を置いてはいるが、召喚師が起こした事件の始末役であるが故に、世俗のしがらみに縛られるというジレンマを抱えていた。
    • 金の派閥…召喚術の民生利用で利益を得る営利集団。異世界調停機構の前身の一つ
      度を越した利益追求や政治介入は、時として政争や事件の火種になるものの、あくまでも法に触れない範囲での活動を信条としていた
    • 無色の派閥…召喚師による支配や世界刷新をもくろみ、紅き手袋と共に様々な非合法活動を行っていた思想集団。他二つの派閥と敵対関係にあった。
      二振りの封印の剣・碧の賢帝と紅の暴君(キルスレス)は、至源の剣を参考にして派閥の始祖ゼノビスにより計画され造られたもの
  • オルドレイク
    • 無色の派閥の一派セルボルト家の当主。1と3に登場
  • ハイネル
    • 無色の派閥の召喚師ハイネル・コープス。島の成り立ちに深く関わる人物で3のキーパーソン
  • 龍神イスルギ
    • 龍姫(オウレン)の父親。ドラマCD「あの日のカケラ」後編に登場
  • 強欲の貴婦人
    • エクステーゼに登場し、4と本作にも顔を出している悪魔商人・ルチルの上司
  • 忘れられた島
    • 3の舞台となった小さな島。無色の派閥の実験場として使われていた。
  • 帝国
    • 聖王国、旧王国と並ぶリィンバウムの三大国家の一つ。抜剣者や生徒、越響者たちの出身国でもあり、4の舞台となったトレイユも帝国領
  • 剣の都ワイスタァン
    • クラフトソード物語(第1作)の舞台となった海上都市
  • ナギミヤ市
    • 狂界戦争末期に生じた異変によってリィンバウムに転移してきた名も無き世界の都市。現地表記で「那岐宮市」
    • 小説「サモンナイトU:X」の最初の舞台。主人公の望月命(ミコト)と誓約者たち(ハヤトとアヤ)が通っていた高校も那岐宮市内にあった

ラスボス後の会話差分


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-16 (水) 00:00:00 (1315d)