・ポムニット、竜の子は人型の場合無記名。竜形態・半魔形態はそれぞれ(竜)(半魔)で明記。
・3生徒、スバルは(大)(小)で明記。
・メイメイ・マルルゥ・クノンは4傀儡に分類。
・メイメイ・マルルゥ・クノンと3引継ぎキャラとの会話は3の戦闘会話を参照。
情報提供の際もご協力をお願いします

本編

主人公+竜の子

[ライ]
ライ「最初からガンガンいくぜ! ついて来れるか、リューム?」
リューム「おうっ、まかせとけって!」

ミルリーフ「パパと一緒なら・・・ こわくない! ミルリーフ、がんばるよっ!」
ライ「はりきるのはいいけど 無茶して泣かされちまわないようにな?」
ミルリーフ「ううう・・・っ な、泣かないもんっ!」

コーラル「戦闘開始・・・ 気合い充分かと・・・」
ライ「おうっ、片っ端から倒してやるぜ!」
コーラル「・・・自重も必要かと」

[フェア]
リューム「よっしゃーっ はでに暴れるぞぉーっ!」
フェア「調子に乗りすぎちゃダメよ?」
リューム「わかってるって!」

フェア「ママの側から離れちゃダメよ?」
ミルリーフ「うん、わかってる 知らない人が近づいてきたってついてったりしないから」
フェア「そうそう、いい子いい子♪」

コーラル「戦力分析、戦略検討・・・ 勝利は、戦う以前に決定され・・・」
フェア「出たトコ勝負よっ! ひたすら突撃! 突撃あるのみっ!!」
コーラル「・・・向き不向き、あったかも」

主人公+トレイユの住人

[ライ]
リシェル「ほら! ぼけっとしてないでさっさと行くわよ!」
ライ「ったく・・・ あんま突っ走るんじゃねーぞ?」

ライ「無茶だけは絶対すんなよ ルシアン?」
ルシアン「わかってるよ、だから目の前の敵に集中して!」
ライ「おうっ、そうさせてもらうぜ」

リシェル「さーて、ガツンと派手に決めるわよぉ?」
ライ「加減を考えてくれよ? 後始末とか、マジで大変なんだからな」
リシェル「なぁんですってーっ!?」
ルシアン「まあまあ、二人とも とりあえずケンカは後で、ね?」

ミント「怪我だけはしないように気をつけてね」
ライ「さすがにそれは無理だけど・・ 心配はかけないようにするから!」

グラッド「後ろは俺が守る! お前はお前らしく暴れまくってやれ!!」
ライ「サンキュー、兄貴! ご期待どおり、ガンガン行くぜっ!!」

ポムニット「戦列へと加わったからには、有能なメイドとしての底力をお見せしちゃいますよぉ〜♪」
ライ「・・・ドジったりしないようにな?」
ポムニット「えうぅぅ・・・っ」

セクター「無茶をするなとは言わないよ ただ、無事に戻ってくるように・・・ね」
ライ「ああ・・・ 先生も、だぜ?」

[フェア]
リシェル「ほら! ぼけっとしてないでさっさと行くわよ!」
フェア「んもぉ・・・後始末するほうの都合も考えてよね」

フェア「無茶したらダメだからね ルシアン?」
ルシアン「うう・・・そこまで心配しなくても・・・」
フェア「ん? なにか言った???」
ルシアン「な、なんでもないよっ!」

ルシアン「ちゃんとボクが守ってみせるからね!」
フェア「ふぇ???」
リシェル「うーん、どう見てもお姫さまのほうが、騎士さまより強そうなんだけどなあ?」
ルシアン「もーっ ・・・姉さんのバカっ!」

ミント「女の子なんだから無茶しちゃダメだよ」
フェア「ありがと、ミントお姉ちゃん ・・・ホントはそうしたいんだけどね」

グラッド「後ろは俺が守る! お前はお前らしく暴れまくってやれ!!」
フェア「うーっ、バカぁっ! それじゃまるで、私が暴れん坊みたいじゃな〜い!!」

ポムニット「お嬢様とおぼっちゃまのことだけじゃなく、貴方のことも 私、守ってみせますから!!」
フェア「ふふっ・・・それじゃ、お礼に ポムニットさんのことは、私が守ってあげるとしますか!」
ポムニット「・・・はいっ♪」

セクター「無茶をするなとは言わないよ ただ、無事に戻ってくるように・・・ね」
フェア「はい、先生!」

主人公+御使い

[ライ]
リビエル「ケガなんて、ちょちょいのちょいで癒してさしあげます ですから・・・」
ライ「その分きっちり働きなさい、ってか?」
リビエル「そのとおりですわ♪」

ライ「一気に蹴散らしていくぜ セイロン!」
セイロン「その意気や善哉! 喜んで供をさせてもらうぞ あっはっはっは!」

ライ「間違って、オレを射抜いたりするんじゃねーぞ?」
アロエリ「・・・今、猛烈にそうしてやりたくなったぞ」

[フェア]
フェア「ねね、癒しの奇跡ってさ・・・傷跡とかも残らないんだよね?」
リビエル「当然ですわ 乙女の玉の肌は、責任もって守ってさしあげますとも!」
フェア「よっしゃーっ! じゃあ心おきなく、思う存分に暴れちゃうよーっ!!」

セイロン「先陣は我が引き受ける 店主殿は、かき乱した後の始末を!」
フェア「おっけー 任せてちょうだい!」

アロエリ「冷静さを忘れるなよ? 戦場ではそれが命取りになるからな」
フェア「まさか、アロエリにそれを言われるとは思わなかった・・・」
アロエリ「な、なんだとぉ〜っ!?」

主人公+自軍キャラクター

[ライ]
シンゲン「チャンバラ芸はキライなんですが・・・ 是非もなし、ですかね?」
ライ「そーゆーこった!」

アルバ「守るための剣・・・ それが、オイラの騎士道だ!!」
ライ「おう、売られたケンカは 片っ端から返り討ちにしてやるぜ!」

アカネ「ザコが、何匹かかってきたところで無駄なこと!!」
ライ「お?」
アカネ「・・・って 店長が言ってましたっ♪」
ライ「うおぉ〜いッ!?」

グランバルド「ぐらん、ガンバル!」
ライ「頑張りすぎない程度にたのむぜ マジで・・・」

[フェア]
シンゲン「ここはひとつ 自分の歌を聴いて 平和的に解決の道を・・・」
フェア「それで解決するんだったら 苦労なんかしてないやい!」

アルバ「一緒に守ろう オイラや君にとって 大切な人たちのことを!」
フェア「うん、守ろう! 私やアルバにとって 譲れない大切な想いを!」

アカネ「一人やっつけるごとに特別手当がついたら、すっごくやる気も出ちゃうんだけどなぁ・・・」
フェア「一泊ごとにきっちり代金払ってもらえるのなら、考えてあげてもいいんだけどなぁ・・・」
アカネ「・・・失言でした ガンバリマス!」

グランバルド「ぐらん、ガンバル!」
フェア「よーし・・・頑張ったら私が花マルあげちゃうからね!」
グランバルド「花マル!ハナマル! ぐらん、超えきさいてぃんぐ!」

竜の子+御使い

[リューム]
セイロン「突撃だけが戦いではありません 時には機を見、時には奇をてらう駆け引きも大切ですぞ?」
リューム「めんどくせぇなぁ・・・」
セイロン「イヤでも学んでいただきますよ 実戦形式で、ね」

[ミルリーフ]
ミルリーフ「ミルリーフもアロエリみたいに戦士の修行したほうがいいかな?」
アロエリ「いやいやいや! 御子さまには、ほら、オレにはない長所とかもありますし」
ミルリーフ「ぶーっ、つまんなぁい・・・」

[コーラル]
リビエル「御子さまが直接手を下さずとも ここは、このリビエルが!」
コーラル「適材適所、無茶は無利益 みんなで助け合うのが勝利 ・・・だよね?」
リビエル「ううっ、反論できませんわ」

竜の子+トレイユの住人・自軍キャラクター

[リューム]
リシェル「ねえ、リューム どっちがいっぱい活躍できるか競争しちゃわない?」
リューム「おう、いいぜ! 勝ったほうが、今日のおやつ総取りだかんな?」
リシェル「よーし、上等っ♪」

ポムニット「はいはい、リュームちゃん はりきるのは大変よいですけど 無茶したらめっ!ですからね」
リューム「あーっ! 「ちゃん」づけすんなっ! こっぱずかしいだろぉ・・・」

[ミルリーフ]
ルシアン「あまり前に出すぎないようにね 危なくなったら、すぐに戻ってくるんだよ?」
ミルリーフ「わかってるよう、もぉ・・・ ルシアンお兄ちゃんはホントに「かほご」なんだから・・・」
ルシアン「はははは・・・っ」

アルバ「思うどおりに戦ってごらん 失敗しても、オイラがちゃんとフォローしてやるからさ」
ミルリーフ「失敗なんかしないもんっ! ・・・でも、ありがとう・・・」

[コーラル]
コーラル「シノビとは 忍ぶものではない? 言行不一致・・・問題かと」
アカネ「えーっと・・・あはははっ♪ ほら! アタシっていわゆる せくしぃクノチだしっ!」
コーラル「ニンともカンとも・・・」

コーラル「常に周囲に気を配る 多分それが、今のボクにできる 一番の役に立てること・・・」
グラッド「なら、オレがそのとおりに動いて戦況を変えてやるよ 的確な指示、任せたぞ?」
コーラル「・・・りょうかい」

トレイユの住人

リシェル「行くわよ、ルシアン! 私についていらっしゃい!!」
ルシアン「姉さんったら・・・あんまり調子に乗っちゃダメだって!」

ポムニット「お嬢さまっ!? ちょっとくらい自重してくださいましぃ・・・」
リシェル「なにいってんのよ あんたがあたしに合わせる それが当然でしょ?」
ポムニット「えうううぅ・・・っ」

ポムニット(半魔)「さ・て・と・・・ 日頃のうっぷん、まとめて発散しちゃいますよぉーっ!」
リシェル「ひゃーっ、ポムニット ずいぶんとばしてるわねぇ」
ルシアン「あはははは・・・ 心当たりとか、まるっきりないんだ・・・」

グラッド「臆病なのは恥じゃない 俺だって、最初はそうだった
     だからこそ、こうやって今 みんなを守るための力を身につけられたんだ」
ルシアン「僕にも・・・できるかな?」
グラッド「ああ、できるとも!」

グラッド「ミントさん! この戦いが終わりましたら 自分と・・・その・・・」
ミント「急にあらたまってどうしました?」
グラッド「その・・・あの・・・ 自分に! お野菜をください!」
ミント「はい、喜んで♪」

グラッド「本当は歯がゆくて悔しいんですよ」
    「守るべき市民である貴方やあの子たちを戦わせている自分自身が・・・」
セクター「そう思える君だからこそ きっと、みんなが慕ってくれているんだよ」
    「無論、私も・・・ね」

セクター「一途さは諸刃の剣だよ くれぐれも無茶はしないように ・・・いいね?」
ルシアン「はい、セクター先生!」

御使い

リビエル「龍人族って、みんなセイロンみたいな感じなんですの?」
セイロン「さて・・・そういえば 我が一族には似た気質の者が多いような気もするな」
リビエル「セイロンみたいな人がいっぱい・・・疲れそうですわ」
セイロン「あっはっはっは!」

セイロン「さて、始めるとしようかの」
リビエル「さっさと片付けちゃって 御子さまのお勉強を見てあげなくっちゃ・・・」
アロエリ「我らの力、見せてやる!」

自軍キャラクター

リシェル「ルシアン、これとこれとこれ 大至急買ってきてぇ お・ね・が・い♪」
ルシアン「うわっ、ねえさん? どうしちゃったの???」
リシェル「こぉらーっ! 待てっ、あたしのニセモノ!」
アカネ「へへー バレちゃった♪」

リシェル「ねえ、お兄ちゃんってさ やっぱ・・・いいカンジ?」
アロエリ「どうだろう・・・ むしろ、オレは弟のほうに興味があるのだが」
リシェル「そんじゃ、戦いが終わったら お茶会で情報交換しましょ?」
アロエリ「ふふっ、それは楽しみだ」

ルシアン「シンゲンさんって 本に載ってないこととかたくさん知ってるよね」
シンゲン「旅で得た知識でござんすよ やはり経験するに勝る学習はないものでして」
    「機会があればどうです? 男を磨くには、オススメだと思いますよ」
ルシアン「男を磨く、かぁ・・・」

ルシアン「修行の成果を・・・ 証明してみせなくっちゃ!」
アルバ「気負わなくても大丈夫さ 稽古で流した汗は 絶対裏切ったりしないんだ!」

アカネ「隙ありっ! やあっ!」
シンゲン「なんの! けえぇいッ!」
アカネ「わわ、参った参った! 苦無を叩き落とすなんてやるじゃない!」
シンゲン「なんの、そちらさんこそ 卓越したシノビの技 さすがでござんすね」

アロエリ「オレは、まだまだ未熟だ わかっちゃいるが・・・」
リビエル「私だって、そうですわ でも気持ちばかりつい焦っちゃって・・・」
ミント「そういう時はね・・・ はい、温かいお茶を飲んでひと息いれるの」
   「深呼吸も忘れずに、ね?」

シンゲン「はぁああぁぁーんっ♪ いとぉしいぃ・・・っ ふぅるさぁぁとぉっ♪」
セイロン「ほおおおぉぉ! ほあっちゃっ! ふぅぅぅーーーっ!」
ライ「賑やかなのはいいんだけど ・・・賑やかすぎるのもどうかなあ」
コーラル「悪ノリしすぎ・・・かと」

本編傀儡

[ライ+フェア]
ライ「妹を守るのは兄貴の役目だ! いっくぜーぇーっ!」
フェア「もう、弟のくせして生意気なんだから」

フェア「よーし、ここはお姉ちゃんにまっかせなさい!」
ライ「おいおい、オレのほうが兄貴だってばよ!」

[ライ+フェア+α]
ライ「ビシッと決めてみせろよ! オマエができるヤツだってのは よーく知ってるかんな?」
フェア「うんうん、それに労働の後には とーっても美味しい晩ゴハンがまってるわよぉ?」
リューム「アメとムチ・・・ これだから、オトナって オトナって・・・」

ミルリーフ「パパーっ、ママーっ ミルリーフ、がんばるから みててねーっ♪」
ライ「なんつーか、二人揃って ああ呼ばれるとさ・・・」
フェア「なんだか別の意味で 気恥ずかしくなるわね うううう・・・っ」

ライ「さあ、コーラル 男の子らしく、思いっきり暴れてこいっ!」
フェア「なにいってるのよ? 女の子らしく、可憐で優雅に粉砕してらっしゃい!」
コーラル「ええと・・・ 正解は、どっち???」

リシェル「・・・で、結局のところどっちが年長なの?」
ライ「オレに決まってる!」
フェア「私だってば!」
リシェル「はぁ・・・やれやれ・・・」

[竜の子]
ミルリーフ「がんばれーっ、みんなーっ! ミルリーフたちがついてるよーっ!」
コーラル「ボクたちが揃ったからには そう簡単にやらせはしない、かと」
リューム「気合い入れていくぞっ! まけたら、承知しねーかんなっ!」

リューム「ぼけっとしてたらケガすんぞ! しっかり、オレについてこい!」
ミルリーフ「うん、わかってる 絶対くっついてはなれないから」
リューム「お、おう・・・」

コーラル「後方支援も、大事な役目かと」
ミルリーフ「うん、みんながケガしないように、二人でいっしょに応援しちゃお!」
コーラル「・・・ふれーふれー♪」

コーラル(竜)「ピッピィ!」
ミルリーフ(竜)「ピギャ、ピギャ!」
リューム(竜)「ピッピ、ピギャア!」

本編+4傀儡

主人公

[ライ]
レンドラー「小僧! 戦いとは何たるかを 我が輩が教えてやろう!」
     「ぬはははは! 感動のあまりちびるなよ!」
ライ「強引なまでのこの気迫・・・ これがおっさんの強さか!」

ライ「さあ、かかってこい! 問答無用でブチのめすぜっ!!」
ゲック「ほっほっほ・・・ あの男にそっくりな物言い 血は争えんのう・・・」
ライ「ちょ!? オレをあのクソ親父と一緒くたにするんじゃねーよっ!!」

クラウレ「先に立って進む者の苦悩 お前は、どうやってそれを乗り越えてきたのだ?」
ライ「しらねーって、そんなの オレはだた、無我夢中で走ってきただけだって」
  「アタマ使うの苦手だしさ」
クラウレ「ふむ、そうか・・・ あるいは、それこそが最強の答えかもしれんな」

ローレット「私より戦果をあげられたら花マルを差し上げますわ」
ライ「花マルよりも星がほしいぜ・・・」
ローレット「今のダジャレはバッテンですわね」

アプセット「TARGET確認 でーた収集、分析 対処検討・・・」
ライ「ごちゃごちゃ言ってないで 一気につっこむぞ!!」
アプセット「猪突猛進・・・ UNBELIEVABLE ダガ、ソレガイイ???」

ミリネージ「ねーねー、アイツらぶっとばしちゃってもいーい?」
ライ「おう、かまわねえから 思いっきりやっちまえ!」
ミリネージ「はぁーい! ミリィ、おもいっきりやっちまいまぁーす♪

ギアン「君の活躍ぶり この目で確かめさせてもらうよ」
ライ「なんか手の内見せるようで 気に入らねーけど・・・」

エニシア「戦い方も、宿屋のお仕事も がんばっておぼえなくっちゃ!」
ライ「いや、そこまで気合い入れてもらわなくても・・・」
エニシア「がんばりますっ!! だって・・・負けたくないもの」

ギアン「さあ、証明してもらおうか 君がエニシアにふさわしい男であるということを!!」
ライ「だーかーらーっ! なんでいちいち、そういう話にしたがるんだよ!?」
エニシア「うふふっ、ふたりとも なかよしで、私とってもうれしいよ♪」

[フェア]
レンドラー「戦いとは何たるかを 我が輩が教えてやろう!」
     「ぬはははは! 感動のあまりちびるなよ!」
フェア「でっ、デリカシーなさ過ぎ!」

ゲック「ふむ、敵の動きを見ると 思い当たる作戦案が いくつかあるのう」
フェア「そろそろご飯の時間だから まとめて片づけるわよ!」
ゲック「考えるより行動ということじゃな ふむ、それもよかろう」

クラウレ「先に立って進む者の苦悩 お前は、どうやってそれを乗り越えてきたのだ?」
フェア「悩んでるヒマないない! だって、ウチはみんな手のかかる連中だし」
   「毎日がドタバタだから しんどいけど、楽しくて私は満足してるよ♪」
クラウレ「母なる想い・・・ そうか、守護竜さまも きっと・・・」

獣皇「グオォォォォン! ギャオォォォォォン!」
セイロン「ほほう、やるではないか 我も負けてはおれんぞ」
    「ほあぁぁーっ・・・ ほあっちゃぁぁぁ!! はいぃぃぃぃ!」
フェア「もう、うるさぁぁぁい!」

フェア「ハナマルってさ 集めると、なんかいいことあったりするワケ?」
ローレット「たくさん集めると、教授が特別なパーツを装着してくださるんですのよ」
     「メガネとか、髪飾りとか ま、まあ、見た目だけのお遊びですけど・・・」
フェア「ふふふっ、そのわりにはとっても嬉しそうだね?」

アプセット「UNKNOWN視認 対処検討・・・」
フェア「え、今なんて言ったの? とにかく戦うから手伝って!」
アプセット「共闘意志・・・確認 作戦ヲ開始シマス」

ミリネージ「ねーねー、アイツらぶっとばしちゃってもいーい?」
フェア「いいけど・・・ やるからには圧倒的に ぶっ潰しちゃいなさいよ?」
ミリネージ「はぁーい! ミリィ、おもいっきりやっちゃいまぁーす♪」

ギアン「君の活躍ぶり この目で確かめさせてもらうよ」
フェア「ううっ、なんか怖い まさか後ろから襲われるなんてことはないわよね・・・?」

フェア「あなたの笑顔は私が守る! そう決めたんだから!」
   「だからもう 泣いちゃダメよ!」
エニシア「はい 約束・・・でしたよね」

ギアン「君のことは僕が守るよ 同胞として・・・いや、ひとりのレディとして、ね」
フェア「はっ、恥ずかしいセリフっ 使用禁止ぃ〜〜っ!!」
エニシア「うふふっ、ふたりとも とってもお似合いだよ♪」

竜の子

[リューム]
リビエル「御子さまにも、そろそろヤンチャは卒業していただかないと・・・」
ローレット「ビシビシ指導しますわよ ・・・よろしくて?」
リューム「うひゃあ・・・っ 最悪コンビだぁ・・・っ」

レンドラー「戦闘は数で決することもある 敵に囲まれるような戦い方は避けねばならんぞ」
リューム「お、おう さんすうは得意だぜ」
    「いつも残りを計算しながらつまみ食いしてるからな!」

リューム(竜)「ピギィィィィ・・・ッ!」
ギアン「いや、もう何もしないよ だから、そろそろ許してくれないかな?」
リューム(竜)「・・・(ぷいっ)」
ギアン「ははは・・・はぁ」

リューム「あんま、離れるなよ? アンタを守るって、アイツと約束してるし・・・」
エニシア「うん、気をつけるよ ありがとう、リュームくん」
リューム「れ、礼を言うほどのことじゃねえっての!」

[ミルリーフ]
ミルリーフ(竜)「ピギィィィィ・・・ッ!」
ギアン「いや、もう何もしないよ だから、そろそろ許してくれないかな?」
ミルリーフ(竜)「・・・(ぷいっ)」
ギアン「ははは・・・はぁ」

ミルリーフ「女の子だってつよいんだぞーって 証明しなくっちゃね」
     「いっしょにがんばろーね エニシアっ♪」
エニシア「はいっ、よろしくご指導を願いますっ!」

[コーラル]
ゲック「(はて? この竜の子はオスじゃろうか? メスじゃろうか?)」
コーラル「・・・プライバシーの保護も必要、かと」
ゲック「(むぐっ!ワシの心を読んだじゃと!?)」
   「解せぬ・・・」

コーラル(竜)「ピギィィィィ・・・ッ!」
ギアン「いや、もう何もしないよ だから、そろそろ許してくれないかな?」
コーラル(竜)「・・・(ぷいっ)」
ギアン「ははは・・・はぁ」

トレイユの住人

[ルシアン]
ルシアン「危ないから 僕の後ろに下がって!」
ピア「うん! ありがとう、おにいちゃん!」
リビエル「・・・女の子だったら誰にでも優しくするんですのね」
ルシアン「・・・えっ? 僕、何か間違ったことした?」

[ミント]
ミント「お年なんですから あまり無茶をしたらいけませんよ?」
ゲック「なんの、無理するぐらいがちょうどよいのじゃよ」
ミント「い・け・ま・せ・ん」
ゲック「う、うむ・・・ 自重するかの・・・」

[グラッド]
グラッド「戦いはどんどん厳しくなる、俺も、もっと槍の腕を磨かないといけないな・・・」
ミリネージ「ミリィたちみたいに、先っぽをぎゅーんって回せば強くなれると思いまーす!」
クノン「名案ですね 回転は正義ですから」
グラッド「いや・・・それは本当に槍なのか?」

[ポムニット]
ポムニット「最強無敵のご奉仕タッグ! どんな御主人様もノックアウト間違いなしですっ♪」
クノン「腕力パワー的な意味で?」
ポムニット「・・・って、なんでやねん!」

ポムニット「格好だけでメイドを名乗るのは言語道断というものです」
     「大切なのは奉仕の心 私がみっちり、指南してさしあげます!」
アプセット「興味津々・・・ RELAX、教授ニ サシアゲタイ・・・」
ポムニット「そうそう、その気持ち それが大事なのですよ♪」

[セクター]
セクター「貴様とこうして肩を並べて戦う日が来ようとは・・・」
ゲック「今は何も言うな・・・」
   「存分に暴れてこい 責任を持ってサポートはしてやる」

御使い

クラウレ「アロエリ、リビエル 後方から援護しろ! セイロンは俺に続け!!」
セイロン「やれやれ、ようやっと我らの長が戻ってきたか」
リビエル「本領発揮、ですわね?」
アロエリ「我ら、御使いの真の力 痛いほど、その身に思い知るがいい!」

[セイロン」
メイメイ「よぉ〜し! メイメイさんも がんばっちゃうわよん♪」
セイロン「あまりご無理をなされては! まだ十全のお体ではないのですから!」
メイメイ「だいじょーぶ、だあーいじょーぶ♪」

スバル(大)「いくぜえ! 遅れんなよ!」
セイロン「うむ! 鬼の皇子の手並み とくと拝見いたそう!」

クラウレ「ついて来られるか、セイロン!」
セイロン「あっはっは、何を言うか! 我を誰だと思うておる?」
クラウレ「相変わらず口は達者だな ならば、後ろは任せたぞ!」
セイロン「承知!」

[アロエリ]
アロエリ「ほう、オマエも弓を使うのか? ならば同胞同士、ひとつ腕比べといこうか!」
パナシェ「はははは・・・ 弓を使う女の人って、どうしてみんな勝ち気なんだろ・・・」

マルルゥ「マルルゥも一緒に 戦うですよーっ!」
アロエリ「やれやれ・・・ なら、足手まといにならぬよう しっかりついて来い!」
マルルゥ「はいですよーっ♪」

アロエリ「な、何をじろじろ見ているッ!」
ゲック「弓を扱うしなやかな筋の動き ・・・矢の狙いを正確に定める構え・・・」
   「グランバルドの射撃にこれを応用できそうじゃ」

クラウレ「共に翼を並べて戦うことが こんなにも誇らしく思える日が来るとはな・・・」
アロエリ「それは私も同じです、兄さま 夢が叶って、本当にうれしい」
クラウレ「うむ、ならばこの喜びを 勝利への凱歌につなげよう!」
アロエリ「はい、セルファンの戦士の力 存分に披露します!」

アロエリ「おかえりなさいませ、お兄さま ご飯ですか? お風呂ですか? そ、それとも・・・っ」
クラウレ「バカな・・・!? オレの妹が こんなにしおらしいワケがない・・・ッ!!」
ポムニット「・・・てへっ♪」

自軍キャラクター

[シンゲン]
ルヴァイド「歌が不得手であろうと それで人間の善し悪しが決まるものではない」
     「俺は・・・ そう思っている」
シンゲン「・・・ハッ!? もしや、貴方も自分とご同類・・・」
ルヴァイド「言うなッ!!」

クノン「楽器を弾きながら 笑いをとる芸が存在すると師匠から聞きましたが」
   「もしや、貴方はその道の達人なのでは!?」
シンゲン「はいはい、いいですよ 自分、そういう扱いは慣れっこですし・・・」

エニシア「あなたの楽器の音色 今度、ゆっくり聴かせてくれませんか?」
シンゲン「お安いご用で! その節には、自慢の喉も存分に披露して・・・」
エニシア「わあ、楽しみです♪」

シンゲン「女だてらにサムライなんて つくづく物好きな人ですね」
ユヅキ「放蕩三昧の素浪人と女武者 世間が向ける眼差しにはたいして違いはあるまい?」
シンゲン「イロモノ扱いですからね わかっててやってるからどうにも救いがたい」
ユヅキ「そういうことだ」

[アルバ]
イオス「それじゃ、始めるか・・・ 隊長に恥をかかすような情けない戦いはするなよ?」
アルバ「分かっています イオス副隊長!」
ルヴァイド「・・・行くぞ! 巡りの大樹自由騎士団 出撃する!」

フィズ「ねぇ、あんた もしかして、背伸びた?」
アルバ「ああ、なんとかお前を抜き返してやったぜ」
フィズ「ふーんだ、いいもん 代わりに胸とか、おっきくなってきてるし♪」
アルバ「そ・・・っ、そういうのは 開けっぴろげに自慢したりするなってば!?」

ガゼル「で、どうなんだよ 少しは夢に近づくことはできたのか?」
アルバ「正直、まだわかんないよ がんばってるつもりではあるんだけど・・・」
ガゼル「まぁ、いいさ 納得できるまでとことんやってみな」
   「俺もリプレも、約束の適う日 楽しみにしてるからな」

アルバ「無茶して、リプレ母さんに迷惑かけたりしてないよな?」
フィズ「あんたこそ、レイドの邪魔になってないでしょうね?」
ガゼル「ったく・・・ 素直に、会えてうれしいって言えばいいのによ・・・」
ラミ「他人のことは・・・ よくみえる、みたいな?」

レンドラー「ただ、守るだけではなく 守るべきことの意味を 常に自身へと問い続けよ」
     「騎士とは忠誠に基づくもの だが真の忠誠とは、けして盲目的服従ではないのだ」
アルバ「はいっ!」

[アカネ]
アカネ「若い頃はそれなりだったろうと思うんだけど、今はちょっとアレだよねぇ」
リシェル「むさ苦しさでダイナシだもん 時の流れは無情だわ・・・」
レンドラー「何をごちゃごちゃ言っとるか まったく、失礼な娘どもめ!」

アカネ「そりゃ男はケダモノだっていうけどさ、程度によると思うんだよねぇ・・・」
リシェル「うんうん・・・ 色んな意味で勿体ないよねぇ」
獣皇「・・・ガウ???」

ミリネージ「せくしーぽーず! うっふぅ〜ん♪」
グランバルド「アッハァーン♪」
ローレット「誰ですのっ!? おかしな知識をインプットしちゃったのはっ!?」
アカネ「さあ・・・ アタシ、しらなぁーい♪」

[グランバルド]
グランバルド「教授、ぐらん作ッテクレタ ぐらん、教授大好キ!」
ゲック「黙っておれ 戦いの前の最後の調整ができんわい・・・」

グランバルド「一斉射撃もーど おーるぐりーん・・・」
アプセット「近接戦闘兵器ぱーつ 問題アリマセン」
ミリネージ「油をさして準備体操もバッチリ いつでもいいよぉ♪」
ローレット「私たちの力で、教授に勝利をプレゼントするのですわ!」

本編+3引継ぎ

主人公

[ライ]
ライ「よっしゃ、気合い入れてぶちかまそーぜ!!」
マグナ「うーん、ガツガツやるのは苦手だけど、そんな具合にあおられちまうと・・・」
レックス「やる気を見せないわけにはいかないよな!!」

レックス「守りたいものがあるのなら それを支えにして、人はもっと強くなれるんだ」
ライ「誰かのために、戦える強さ それこそが本当の勇気! ・・・だもんな?」
レックス「ああ、そうとも!」

アティ「自分のことも大切にね 君を想ってくれる人のこと忘れちゃあダメですよ?」
ライ「なんでだろ・・・ あんたにそう言われると 素直に聞く気になっちまうよ」

マグナ「優雅なお昼寝タイムのために 俺は今を、全力で戦うぜ!」
ライ「おお、気合い入ってるな!」
  「・・・入ってる、んだよな?」

トリス「さてさて、ぱっぱと片付けて あとはぐーたらしちゃおっか」
ライ「・・・太るぞ?」
トリス「あーあー! キコエナーイ!!」

ライ「よっしゃ! みんな、俺に続けえっ!!」
ネスティ「まだ若いのに、実に頼もしいリーダーシップだな それに比べて・・・」
マグナ「まあまあ、そう気負わずに ほんわか、のんびりいこうよ あはははは・・・」

ライ「よっしゃ! みんな、俺に続けえっ!!」
ネスティ「まだ若いのに、実に頼もしいリーダーシップだな それに比べて・・・」
トリス「ネスティ・・・ なにが言いたいの?」

アメル「えーっと、今晩のおかずのメニューなんですけど その、できたら・・・」
ライ「イモ料理がいい、だろ? ちゃんと抜かりなく用意はしてあるぜ」
アメル「わわっ、さすがです! うふふふ、おいもさん♪ 楽しみですーっ♪」

ライ「な、な、あんた腕の良い料理人なんだろ?」
  「この戦いが終わったら 海鮮料理、いろいろ教えてくれよ!」
オウキーニ「よっしゃ、お安いご用や まかしとき!」

[フェア]
レックス「守りたいものがあるのなら それを支えにして、人はもっと強くなれるんだ」
フェア「それって、やっぱり 好きな人のためだったらがんばれちゃうとか?」
レックス「ああ、そうだね それは女の子にとっては最強パワーかもしれない」

アティ「自分のことも大切にね? 女の子なんだから、無茶はほどほどにしないとダメ」
フェア「うーっ、でもでもっ! つい身体が勝手に・・・」
アティ「・・・めっ!」

マグナ「優雅なお昼寝タイムのために 俺は今を、全力で戦うぜ!」
フェア「寝ぼけたこと言ってないでちゃんとする!」
マグナ「は、はい・・・」

トリス「さてさて、ぱっぱと片付けて あとはぐーたらしちゃおっか」
フェア「さんせー♪ それじゃ気合い入れて・・・」
トリス「いくわよーっ!!」

フェア「女の子には、女の子なりの、意地ってものがあるんだから!」
トリス「いいこと言った! ネスにも聞かせてあげたい!」
アティ「もう・・・意地はいいけど、無茶はしちゃダメですよ?」

フェア「よぉし! みんな、がんばろう!」
ネスティ「まだ若いのに、実に頼もしいリーダーシップだな それに比べて・・・」
マグナ「なんか言いたそうだな ネスティ・・・」

フェア「よぉし! みんな、がんばろう!」
ネスティ「まだ若いのに、実に頼もしいリーダーシップだな それに比べて・・・」
トリス「むぅーっ! どーせ、あたしはダメダメですよぉーだ・・・」

アメル「えーっと、今晩のおかずのメニューなんですけど その、できたら・・・」
フェア「おいもさん、でしょ? ばっちり用意してあるから 手を洗って待ってなさい」
アメル「わわっ、さすがです! うふふふ、おいもさん♪ 楽しみーっ♪」

フェア「ゴメン・・・ まさか、ここまで不器用だったなんて・・・」
ケイナ「いいのよ・・・ お弁当作るなんて、無謀な試みだってことは自覚してたから・・・」
フォルテ「ある意味、才能だよな ここまでの料理下手は トホホホ・・・」

フェア「ね、ね、あなた腕の良い料理人なんでしょ?」
   「この戦いが終わったら 海鮮料理、いろいろと教えてくれない?」
オウキーニ「よっしゃ、お安いご用や まかしとき!」

竜の子

[リューム]
ナップ(小)「よし、いくぜ! ちゃんとついて来いよ!」
リューム「へへっ、腕がなるぜ!」

スバル(小)「よーし、ここはオイラが大暴れしてやるぞ!」
リューム「あ、ずりぃぞ! オレにも暴れさせろ!」

リューム「おらおらーっ! まとめてぶっとばしてやるぞーっ!」
ハサハ「ぐす・・・っ こわいよう・・」
リューム「わわっ、おまえのこと怒鳴ったんじゃないって な、泣くなよう・・・」

リューム「行くぞ、ヒゲのおっさん!」
ジャキーニ「おうよ! ・・・って、誰がヒゲのおっさんじゃい!」

[ミルリーフ]
アリーゼ(小)「大丈夫、怖がらないで・・・ いっしょにがんばろうね?」
ミルリーフ「う、うん!」

スカーレル「いい?女の涙は最後の武器なの 安売りするのはもちろん、出し惜しみしすぎるのもダメよ」
ミルリーフ「う、うん・・・ むずかしくてよくわかんないけど・・・」
     「でも、すごくだいじなことを おそわったきがする!」

ミルリーフ「えへへっ、ハサハちゃん 一緒にがんばろーねっ?」
ハサハ「・・・(こくん)」

ミルリーフ「レシィお兄ちゃん これが終わったら、また おままごとの続きしよっ♪」
レシィ「うん、いいよ でも今はまず、目の前の厄介事を片付けないとね」
ミルリーフ「よぉーし、がんばるぞぉ!」

[コーラル]
ヤード「やれやれ・・・ こうも忙しくては、落ち着いてお茶も飲めませんね」
コーラル「同感・・・ お茶は、静かなところで ゆったり楽しむべきかと」
ヤード「おや、気が合いますね 後で一杯、一緒にいかがです?」
コーラル「・・・(こくん)」

コーラル「言葉の乱れは心の乱れ つつしむべき、かと」
バルレル「ケッ、余計なお世話だよ!」
コーラル「・・・(じぃーっ)」
バルレル「うあああぁぁぁ・・・っ! なんなんだよ、この無言のプレッシャーはぁっ!?」

コーラル「ヒゲ、伸びすぎ・・・ 手入れはしっかりしたほうがよいかと・・・」
ジャキーニ「かぁーっ、わかっとらんのう! この無造作感が、男のダンディズムというものなんじゃい!」

トレイユの住人

[リシェル]
ベルフラウ(大)「苦労を子供に見せないのは 父親として立派なこととは思えないかしら?」
リシェル「わ、わかってるわよ、そのくらい!」
ベルフラウ(大)「かくいう私も、気づくまでものすごく時間がかかったわ 子供だったのよね、うん」
リシェル「・・・・・・」

リシェル「お互い、困った親をもつと苦労するわよねえ」
ミニス「うんうん、同感 子供の身にもなってほしいものだわ」

リシェル「お互い、困った親をもつと苦労するわよねえ」
ミニス「うんうん、同感 子供の身にもなってほしいものだわ」
フォルテ「なんつーか・・・ 昔のオレを見てるみたいでこっぱずかしいね、こりゃ」

ケルマ「金の派閥の召喚師としての誇り とくとご覧なさい!」
リシェル「・・・いらない なんか、めんどくさそうだし」
ケルマ「遠慮しなくてもよくってよ おーっほっほっほ!」
リシェル「うわ・・・ マジでめんどくさい・・・」

[ルシアン]
ルシアン「僕は強くなってみせる! 大切なみんなを、この手で守ってゆけるように!!」
ロッカ「うん、それでいい それがきっと、君にとって最強の力になるはずさ」

ルシアン「僕は強くなってみせる! 大切なみんなを、この手で守ってゆけるように!!」
リューグ「恥ずかしいこと、大声で言ってんじゃねーよ ったく・・・」
    「男だったら、黙って行動で貫きゃいいんだよ」

[グラッド]
レックス「駐在軍人か・・・ うん、そういう生き方 ちょっとうらやましいな」
グラッド「悪ガキどもの相手とか 冴えない仕事ばっかりですよ あははははは・・・」
レックス「がんばってくださいよ みんなの笑顔を守るために」

グラッド「元気のいい悪ガキが近所にいると 毎日退屈しないんだよな」
アティ「あはは・・・ 本人たちに聞かれたら、怒られちゃいますよ?」
グラッド「おっと、今のはナイショにしておいてくれよ?」

ナップ(小)「なあ、アンタってホントに帝国軍人だよな? ちっともそれっぽくないんだけど」
グラッド「ははっ、しがない駐在軍人なもんでね、 「らしさ」や「偉さ」とは無縁なのさ」
ナップ(小)「ふーん・・・ あの人が目指していたのって こんな軍人だったのかもな」
グラッド「???」

アズリア「総員、構えろ! 作戦を開始する!」
グラッド「うわわっ、あ、はいっ!」
アズリア「緊張しているのか? ふふっ、そう固くならずとも 普段どおりにやればいい」
グラッド「は、はひ・・・っ! 一生ついてくでありますっ!」

ギャレオ「総員、注力せよ! 眼前の敵を全力をもって粉砕するのだッ!!」
グラッド「了解!」

グラッド「あんたみたいな軍人 俺は、絶対に認めないぞ!」
ビジュ「うっせぇよ、青二才! キレイゴトだけじゃあなァ 戦場は回らねぇんだよ」
グラッド「ぐ・・・っ」

[ミント]
ミント「ほんと、みんな少し目を離すとすぐに無茶をするんだから・・・」
レックス「心配してくれる人がいることは ちゃんとわかってるはずです だから、大丈夫ですよ」
ミント「うーん・・・ それならいいんですけど・・・」

ミント「ほんと、みんな少し目を離すとすぐに無茶をするんだから・・・」
アティ「子供って、そういうものですよ 甘やかさない程度に見守っていくのが、大人の務めですもの」
ミント「子供に限らず、心配かけまくる人が多いんですよね 私の周りは・・・」
アティ「うふふふ・・・ 甘えてるんですよ、きっと」

ヤード「また戦いですか・・・ 仕方のないこととはいえ、ここまで続くと疲れますね」
ミント「それなら、戦いが終わったらひと休みしませんか? とっておきのお茶をいれますから」
ヤード「それは良いですね! やる気が出てきました」

フレイズ「エスコートしましょうか お嬢さん?」
ミント「結構ですよ。私には ちっちゃくても頼りになるボディガードがいますし」
   「・・・ね、オヤカタ?」
フレイズ「なるほど・・・ そのヒゲ、たしかにジェントルです・・・」

ミント「派閥にいた時以来だよねぇ ずいぶん立派になっちゃって 先輩としてうれしいよ♪」
マグナ「いや、あははは・・・ ミント先輩もまた、一段とご立派になって・・・」
ミント「ふぇ??? ・・・って、コラぁ! どこを見てるのっ!?」

ミント「派閥にいた時以来だよねぇ ずいぶん立派になっちゃって 先輩としてうれしいよ♪」
トリス「えーっと、その・・・ ミント先輩もまた、一段とご立派になって・・・」
ミント「ふぇ???」

ミント「派閥にいた時以来だよねぇ ずいぶん立派になっちゃって 先輩としてうれしいよ♪」
トリス「えーっと、その・・・ ミント先輩もまた、一段とご立派になって・・・」
アメル「みとれちゃいます・・・」
ミント「ふぇ???」

ミント「おイモひとつとっても こんなにも色々な種類や栽培方法があるのねえ」
アメル「愛情たっぷりのミントさんなら、きっと素晴らしいおいもさんが作れますよ」
   「私が、保証しちゃいます♪」

ミント「こんなに立派なお野菜を作れちゃうだなんて 私、尊敬しちゃいます!」
ジャキーニ「あ、うん・・・ 嬉しいんじゃが、その せつないのう・・・」

[ポムニット]
ミスミ「めいど、か・・・ ふむ、わらわもひとつ 真似てみるとするか」
ポムニット「興味がおありなら、私 イチから作法をご指南してさしあげますよ?」
キュウマ「ああああああっ! 後生ですから、それだけはやめてくださいぃ〜っ!」

フレイズ「エスコートしましょうか お嬢さん?」
ポムニット「むしろエスケープしたいです この過酷な状況から・・・」
フレイズ「それは・・・ さすがに、なんとも・・・」

ポムニット「炊事・洗濯・お料理 全てにおいて完璧です! あとは・・・」
     「この選ばれし者のみに許されしメイドの制服を身にまとえば・・・」
レシィ「絶・対・に・着・ま・せ・ん」

ポムニット「あら? その格好、もしかして御同業の方ですか?」
パッフェル「うふふふー♪ そういうのも含めて いろいろやってまーす♪」

ポムニット「で、本当のところはどうなんですか? 旦那様とは今でも愛し合って・・・」
ツェリーヌ「ですから、どうして貴女に我が家の事情を赤裸々に語る必要があるんですの!?」
ポムニット「それが家政婦・・・ じゃなくって、メイドの習性ですもので おほほほ!」
ツェリーヌ「クビですっ、クビっ! 今すぐ出てってぇ〜っ!!」

[ポムニット(半魔)]
フレイズ「立ちなさい、半魔の娘よ 血のくびきを払いのけて 人間として在る為に」
ポムニット(半魔)「私は中途半端に欠けた存在 それでも、生きていてよいのですか?」
フレイズ「欠けた部分を満たす光 それはもう、貴方の傍らにあるではないですか」
    「信じて、強くお生きなさい 心優しいお嬢さん・・・」

バルレル「悪魔の本分っつったら、なんといっても大暴れだよな!」
ポムニット(半魔)「今のわたくしめは、ちょっとでんじゃらす気味ですよぉ? うっふふふふふ・・・♪」
バルレル「って・・・この妖気!? まさか、こいつの父親ってのは あの「略奪」の・・・ッ!」
ポムニット(半魔)「おくたばりあそばせーっ!!」

ポムニット(半魔)「今は・・・ 何も考えずに、戦います・・・」
         「忘れられるんですよね 戦ってる時だけは、つらいこと まとめて全部・・・」
ヘイゼル「逃避だとわかっていてもやめられない・・・ 甘い毒みたいに・・・」

[セクター]
セクター「さて、教え子たちの前だ 情けない姿は見せられないな」
レックス「そうですね がんばりましょう!」

セクター「さて、教え子たちの前だ 情けない姿は見せられないな」
アティ「耳が痛いですねぇ・・・ 私、いつもダメダメなトコ見せちゃってますから」
セクター「それはそれでありですよ 反面教師としても、ね」
アティ「はうぅ・・・」

セクター「「融機式」の語源にあたる存在に出会うことになるとはね」
アルディラ「なんともコメントに困ってしまうわね」
     「ニンゲンの科学が、ここまでの領域にきたことを驚くべきなのか、あるいは・・・」
     「ここまでやってしまう執念を恐れるべきなのか・・・」

カイル「へえ・・・ あんたが、あいつらの「先生さん」かい」
セクター「何か用かな?」
カイル「いや、何でもない 頼りにしてるぜ、先生さん」
セクター「ああ、もちろんだとも」

ビジュ「アンタといいアイツといい なんで元軍人ってのは教師になりたがるんだろうな」
   「さんざん血まみれの地獄を見てきたってのによォ」
セクター「だからこそ、何気ないものの大切さに気づけたのかもしれないな・・・」

ウィゼル「機鋼の身体に人間の心 歪むことなく存在するとは まさしく、奇跡だな」
セクター「歪み果てていましたよ それを叩き直してくれた人たちが起こした奇跡です」
ウィゼル「成る程、な・・・」

オルドレイク「融機強化兵士・・・ おおお、なんという高度で素晴らしいシステムだ!」
セクター「貴方も、そういう目でしか物事を見られない人間だということですか」
    「いずれ報いを受けますよ これは予言などではなく確信です・・・」

セクター「君の抱える歪みが、私にははっきりと見えるよ 哀しいほどにね」
イスラ「同病相哀れむ、ってヤツ? ハッ、やめてよね! 笑えないからさぁ」

ビジュ「戦いにキレイも汚いもねえ! けどなァ・・・」
セクター「それぞれの正義はそれぞれの心の中にある そこからはけして逃げられない」
イスラ「キミは・・・ キミであることを誇りに思えるかい?」

御使い

[リビエル]
ナップ(小)「アンタ、物知り天使なんだろ? だったら、このたまった宿題もちょいちょいって・・・」
リビエル「宿題は自分でするものです」
ナップ(小)「おやつのプリンつけちゃうぞ♪」」
リビエル「ぐ・・・っ や、やりませんっ!!」

リビエル「・・・・・・」
ベルフラウ(小)「な、何よ・・・ ひとの顔、じろじろ見て・・・」
リビエル「不思議だわ・・・ 貴方をみていると、すごく心が安らぎますの・・・」
ベルフラウ(小)「あら、ホント・・・ 心なしか、間違ってるような気がしないでもないけど」

ウィル(小)「知識の天使ね・・・ いっとくけど、僕だって結構物知りだったりするよ?」
リビエル「ほほう、面白いですわ これは是非とも、試させていただかないと・・・」
ウィル(小)「じゃあ、この戦いが終わったら クイズで勝負しよう!」
リビエル「おほほほ、返り討ちにしてさしあげちゃいますわ!」

オウキーニ「勝ったらなんでもご馳走するさかい、気張ってやーっ!」
リビエル「特大プリンっ♪ ゲットしてみせますわーっ!」

アメル「二人の天使の力をあわせれば、夢のコンビネーションとかが使える気がします!」
リビエル「・・・使えませんわよ?」
アメル「使える気がします!」
リビエル「3人になっても5人になっても 歴代天使が大集合しても、無理なものは無理なんです!!!」

[セイロン]
セイロン「「白南風の鬼姫」と肩を並べて戦えるとは、光栄なことよ!」
ミスミ「なんのなんの。龍人族の次代を担う若長の力、間近で堪能させてもらうとしようかのう」
セイロン「あっはっはっは! とくとご覧あれ!」

スバル(小)「いくぞぉーっ! 遅れるなよ!」
セイロン「うむ! 鬼の皇子の手並み とくと拝見いたそう!」

セイロン「はああぁぁっ!」
モーリン「へぇ、これが本場もののストラか・・・」
    「なんだか、見ているだけで血が熱くなるねぇ!」

[アロエリ]
ベルフラウ(大)「突っ込むだけが戦いじゃないの 単純な殿方たちにそれを教えてさしあげないと・・・ね?」
アロエリ「ああ、そうとも・・・ オレたち二人の弓の腕でな!!」

アロエリ「オレは空から、オマエは地から それぞれの領分で戦うとしよう 手抜きは・・・許さんぞ?」
ヤッファ「じゃあねぇな・・・ めんどくせぇが、ひさびさに本気を出しますかね!!」

アロエリ「オレは、戦士であるために 女であることを捨てたのだ!」
スカーレル「こだわってる時点で 未練たらたらって気もしちゃうんだケド?」
アロエリ「・・・っ!」
スカーレル「ま、そういう意地っ張りさんはキライじゃないわよっ♪」

ケイナ「受けなさい! 乱れ舞い散る、矢の嵐!」
アロエリ「逃れる場所など、どこにもないと知るがいい!」

自軍キャラクター

[シンゲン]
シンゲン「なんと、この世界でこれほど見事な「ほうじ茶」をいただけるとは・・・」
ヤード「そちらの漬け物のほうこそ絶品ですよ! これに白いご飯が加われば・・・」
シンゲン「いやっほーい♪ 天下無敵の「お茶漬け」が完成しますぞ!」
ヤード「そうと決まれば、さっさと邪魔者を追っ払いましょう!」

オウキーニ「勝ったらなんでもご馳走するさかい、気張ってやーっ!」
シンゲン「白いゴハンをてんこ盛りっ! 漬け物と味噌汁もあったら 天下無敵すぎるぅ〜!!」

ネスティ「吟遊詩人には、どうにもトラウマがあったんだが」
    「君のおかげで払拭できそうだ 本当にありがとう」
シンゲン「何やら、とんでもない侮辱を受けてる気がするのは、気のせいでござんすかね???」

シンゲン「やはり、白いゴハンを食べないと、力が出ませんねぇ・・・」
アメル「ごはんは大事ですよね・・・ あとで、新しいおいもさんをふかしておきますね?」
シンゲン「あ、いや・・・ 手前の言うゴハンは そうでなく・・・」
アメル「楽しみにしていてください♪」

シンゲン「やはり、白いゴハンを食べないと、力が出ませんねぇ・・・」
ケイナ「・・・白いゴハンかぁ もう、だいぶ長いこと食べてないなぁ・・・」

ケルマ「よいですか? 殿方の価値とは 装束や得物などによって決まるものではないのです」
シンゲン「は、はぁ・・・」
ケルマ「ああ、カゼミネ様・・・ 今すぐ、空を飛んでいってでもお会いしたい・・・」
シンゲン「ええと・・・ なぜ手前はこの方につかまっているんですかね?」

シンゲン「とんでもない殺気ですね ですが・・・いささか、迷いがあるようにも?」
ウィゼル「道化のふりして、目は確かだな そなたと同じ、ひねくれた根性ゆえの振る舞いよ」
シンゲン「いやはや、こいつは手厳しい! 貴方とは斬り合うよりも、酒をくみかわしたいものです」
ウィゼル「・・・機会があれば、な」

[アルバ]
アズリア「気を引き締めろ! 戦いは常に、背にある者を守るためのものだと心に刻め!」
アルバ「はい!」

アルバ「守り抜いてみせる・・・ それが、騎士を志す者の務めなんだ!」
フォルテ「気合入っちゃってまあ・・・ どっかのマジメ君を思い出すねえ・・・」

アルバ「守り抜いてみせる・・・ それが、騎士を志す者の務めなんだ!」
リューグ「騎士ってのはどいつもこいつもカタブツばっかかと思ってたんだがな・・・」
    「それなりに熱そうなのも混ざってやがるじゃねえか」

[アカネ]
アカネ「シノビとは忍ぶべきものだとよく言われるけれど!」
キュウマ「決してそれのみではないことを 我らが証明してくれよう!」

アカネ「敵をやっつけるごとにお金が降ってきたりしたら、がんばっちゃうんだけどなぁ・・・」
マグナ「か、変わらないなぁ・・・ アカネは・・・」

アカネ「敵をやっつけるごとにお金が降ってきたりしたら、がんばっちゃうんだけどなぁ・・・」
トリス「どうせならあたしは おやつの方がいいなあ・・・」

[グランバルド]
ソノラ「・・・たまにはさぁ どかーんと景気よく 大砲とか撃ちたくなるんだ」
   「キミならわかるでしょ この気持ち?」
グランバルド「エェト・・・ ぐらん、ヨクワカラナイ ふぉろー、無理・・・」
ソノラ「ぶーぶー!」

グランバルド「ぐらん、イツモ、失敗バカリ・・・」
レオルド「ツマヅイタナラバ 立チ上ガレバイイ マタ前ヲ向イテ歩ケバイイ」
    「我ガあるじ殿ノ言葉ダ」
グランバルド「・・・ウン! ぐらん、ガンバル!」

ネスティ「・・・キミはバカか?」
グランバルド「ウウ・・・ッ、ぐらん 馬鹿デだめだめ? ぽんこつノぼんくら?」
      「ウエエエェェェェ〜ン!!」
ネスティ「わかった! 言い過ぎた! 僕が悪かった! だから泣きやんでくれ〜っ!?」

本編+4傀儡+3引継ぎ

ラミ「・・・(こくん)」
ハサハ「・・・(こくこく)」
コーラル「・・・(こくん)」

ユエル「おかえりなさいませぇ♪ ごしゅじんさまぁ♪」
マグナ「だっ、誰だよっ!? ユエルにおかしなことを吹き込んだのはっ!?」
ポムニット「・・・てへっ♪」

ヴァルゼルド「命令ヲ受理シマシタ コレヨリ戦闘ヲ開始シマス!」
リゼルド「各機ソレゾレ全力デ 目前ノ敵を殲滅セヨ!」
レオルド「ソウ、ヨク狙ッテ・・・ 貴方はヤレバデキル子ダト 姉上方モ仰ッテイマシタ」
グランバルド「ヨーシ! ぐらん、ガンバル!」
※原文ママ

リビエル「治癒の奇跡は、カワイイ天使の当然のたしなみですわよね」
ピア「いたいのいたいの びゅんびゅーん!って とんでっちゃえ♪」
アメル「だからケガをしちゃった時は 無理せず、私たちを頼ってくださいね」
フレイズ「ご希望とあらば、ご婦人に限り 私の腕で緊急搬送して差し上げますよ ははははは・・・」

4傀儡

外伝・スポット

スバル(大)「よっしゃあ、行くぜ!」
マルルゥ「ひゃああ! 待ってくださいよぉ 大きなヤンチャさぁ〜ん!」

パナシェ「僕たちの矢は、小さくても鋭いからね!」
マルルゥ「当たったら、ちょっとだけイタいかもですよー!」

ユエル「わぁーい、バウナスだー! メイトルパの仲間だぁっ」
パナシェ「ひゃあっ! い、いきなり飛びつかないで!」
ユエル「もふもふだー♪ もふもふだー♪」
パナシェ「むぎゅうぅ〜 は、恥ずかしいったら!」

ゲック「今にして思えば、我らも捕らわれておったのかもしれぬな」
   「ギアンという男の、激しく狂おしい妄執の中に・・・」
レンドラー「己のことばかり精一杯で 正してやることさえ 考えようともしなかった」
     「痛恨事ではある・・・ が、気づいたからにはもう同じ過ちは繰り返さぬ!」

ゲック「軍団の長が揃い踏みとは いささか大盤振る舞いに過ぎたかのう?」
レンドラー「がっははははは! 相手をする連中が気の毒で笑いが止まらぬわい!」
獣皇「ギャオオオオォォォン!!」

ギアン「君は実に優秀だよ、クラウレ 私の腹心として、ずっと傍にいてほしいものだ」
クラウレ「貴方が望まれるならば 私は忠実な翼となり、千里の蒼空をも駆け抜けましょう」

エニシア「貴方はどうしてギアンを止めてはくれないの?」
    「彼が間違ってるってこと 貴方なら、わかってるはずなのに!?」
クラウレ「正しようのない間違いも この世には存在するのです なればこそ・・・」
    「抗い続けた果てに 夢に殉じようと願う者もいる そういうことです・・・」

ギアン「見せてくれないか 君のその破壊の才能を!」
獣皇「ギャオオォォンッ!!」

ミリネージ「ローレットねえさま もしも、もしもね」
     「ミリィが壊れちゃったら その時は・・・」
ローレット「無論、連れて帰りますわよ だから手間をかけさせないよう、気を配りなさい!」
ミリネージ「・・・は、はぁーいっ♪」

ミリネージ「アプセットねえさま! ミリィたちだけで片づけちゃおうよ!」
アプセット「独断専行、ダメ絶対 PLEASE 命令待機・・・」
ミリネージ「ぶーっ、つまんなぁ〜い!」

ローレット「作戦は覚えましたわね? 私たちがそろって負け戦なんて 許されませんわ!」
ミリネージ「ねえさまは心配性だなぁ ミリィにおまかせだよぉ!」
アプセット「YES、早ク帰ッテ 教授ノ耳掃除ノ再開ヲ シタイデス・・・」

ギアン「罪には罰を 功には蜜を」
   「信賞必罰・・・ なかなか理に適った 面白いやり方だね」
ローレット「深くは考えておりませんでしたけど・・・お気に召したなら 何よりですわ」

ミリネージ「ギアンさまは美形なんだし もっと服装とか、気にしたほうがいいですよー?」
ギアン「ふむ、そうかい?」
ミリネージ「ですです! ヤバイくらいの黒とかで キメちゃってください♪」
ギアン「ふむ・・・ なかなか興味を引くテーマではあるな」

ギアン「君が望むものは、全部僕が与えてあげるよ」
   「だから、ずっと僕の隣で笑っていてほしいよ そう、ずっと・・・」
エニシア「私はあなたの側にいるよ でもね、私以外のことにも目を向けて・・・」
    「きっと、もっと素敵な出会いが待ってるから・・・」

アプセット「敵戦力ノ展開ヲ視認・・・ ANALYZE・・・」
リゼルド「多数のえねるぎー反応ヲ確認 ・・・シカシ」
    「我々ノ戦力ヲモッテスレバ モノノカズデハナイダロウ」
アプセット「NO PROBLEM 問題アリマセン」

オーレル「さて、また新たな敵が現れたようですが・・・戦力分析の結果は出ましたか?」
リゼルド「ソレナリノ強敵ダナ・・・ シカシ、我ラノ敵デハナイ」
ユヅキ「では、参ろうか・・・ いずこの戦場にある時にも、我らの心は常にひとつ!」
ピア「うんっ! 「白夜」しゅつじんっ!」

外伝・スポット+敵

レンドラー「血塗られた道を行く者は もうこれ以上いらぬ」
ルヴァイド「次代の若き騎士たちが 誇りと共に歩んでいける そんな時代を・・・」
レンドラー「我らは、切に望む・・・」

レンドラー「戦場に立てば、血が熱くなる 将とは、なんとも業の深い生き物ではないか」
ルヴァイド「とはいえ、その熱さが無ければ 部下を率いて戦うことなどできぬ」
レンドラー「まこと、因果なものよ・・・」

イオス「豪胆にして剛毅・・・ 確かに、大した将軍のようだな」
   「それでも、僕の上に立つのはルヴァイド様ただ一人だ」
レンドラー「わははは、それでよい! 悔いなく剣を捧げられる主がいるというのは幸せだぞ!」

ユエル「こんにちは! ユエルはオルフルだよ!」
獣皇「・・・グルルル・・・」
ユエル「キミはリオネルだね! 名前、なんていうの?」
獣皇「・・・グルゥゥ・・・」

オーレル「ふんふん・・・」
パナシェ「くんくん・・・」
オーレル「貴方 なかなかやりますね!」
パナシェ「うん、キミもね!」

クノン「行きますよ 遅れないでください」
ローレット「なぜ貴女が指示を出しているんですの!」
アプセット「NICE、りーだー 適材適所・・・」
ミリネージ「クノンおねえさま 超かっこいい!」

マルルゥ「あやや、あなたも妖精のお仲間ですねー」
エニシア「うん、花の妖精同士 おそろいだね」
    「おそろい・・・なんだかとってもうれしいですよ♪」

ゲック「おぬしは今、幸せか?」
クノン「はい、幸せです」
ゲック「そうか・・・ それはとても素晴らしいことじゃな・・・」

4傀儡+3引継ぎ

外伝・スポット

ミニス「聞いたわよぉ 最近ちょっぴり、悪いコになってたんだって?」
フィズ「あ、う・・・」
ミニス「寂しかったからだよね? 隠してもダメだよ 親友の私にはお見通し」
フィズ「ははは、やっぱり ミニスにはかなわないや」

マグナ「そういえば、ギブソン先輩とはしばらく会ってないな 元気にしてる?」
ラミ「・・・(こくん)」
  「時々、一緒にケーキ食べてる」
マグナ「ははっ相変わらずなんだな・・・」

トリス「そういえば、ミモザ先輩とはしばらく会ってないな 元気にしてる?」
ラミ「・・・(こくん)」
  「時々、一緒にカレー食べてる」
トリス「うーん、相変わらずねえ」

ユエル「毛皮もこもこ連合 だいしゅーごーっ♪」
パナシェ「毛皮の暖かさにかけて ボクたちは誰にも負けません!」
オーレル「絶対、無限大! 間違いなし!」
ヤッファ「やれやれだぜ・・・」

スバル(大)「よっしゃあ、行くぜ!」
ミスミ「ほほ、我が子ながら良い男に育ったものじゃのう・・・」
   「あの人の若いころと、ほんに良う似ておる・・・」

スバル(小)「よっしゃあ、一番乗りはオイラがもらった!」
スバル(大)「おっと そいつは譲れないぜ!」
スバル(小)「負けないからな!」
スバル(大)「おう! のぞむところだぜ!」

[レンドラー]
レンドラー「貴様が、かの名高い「紫電」を束ねる将か? 聞いておるよりずいぶんと若いのだな」
アズリア「いや、私はまだ未熟だ その分を仲間に補われてここまでやって来られた」
レンドラー「わははは、なるほど! 迷わずその答が返せるものが 名将でないわけがないな!」

[ゲック]
ゲック「おまえは、ワシの行いを責めぬのか?」
アルディラ「顔を見ればわかるわ あなたがどれだけ自分の罪に苦しめられてきたのかが」
     「お望みならばいくらでも責めてあげるわ」
ゲック「情のこわい娘じゃわい」

ゲック「今でも時々迷うのだ・・・ワシはどこで何を間違えたのか、そもそも、正しいとは何なのか」
ヴァルゼルド「・・・・・・」
ゲック「おまえにこぼしたところで、答があろうはずもないのは わかっておるのだがな・・・」

ゲック「おまえは、ワシの行いを責めぬのか?」
ネスティ「過去を悔いても投げ出さず、大切なものを守ることのために 今を生きている・・・」
    「そんな貴方を責める権利など 僕にはありません」
ゲック「なるほど、な・・・」

[獣皇]
獣皇「ギャオオォォン!」
モーリン「強い・・・ けど、どこか悲しい強さだね」

獣皇「ギャオオォォン!」
ヘイゼル「そう・・・ 私たちは、ただ戦うことだけを考えていればいい・・・」

[クラウレ]
クラウレ「強さとは、牙や爪の鋭さだけではない・・・」
    「お前だけにできることを見つけ出せ! それがお前の真の強さとなろう」
レシィ「は・・・はいっ!」

[ローレット]

[アプセット]

[ミリネージ]
ソノラ「ねえねえ、その腕って どかーん!って飛んでったり しないの?」
ミリネージ「しないよぉ!? そんな機能つけたら ひろうのめんどくさいもーん」
ソノラ「そっかあ・・・ 残念・・・」

[ギアン]
フレイズ「エスコートしましょうか お嬢さん?」
エニシア「ええと、その、あの・・・」
ギアン「彼女の周囲に近づくな! さもなくばその羽根をむしりとるぞ!?」
エニシア「ギアンったら・・・ やっぱり過保護すぎだよぅ!」

オルドレイク「まさか、クラストフの者と肩を並べることになるとはな」
      「運命とは、どこまでも数奇なものよ」
ギアン「運命なんて、どこまでも皮肉で残酷なだけさ」
   「・・・早く終わらせよう この茶番じみた戦いを」

イスラ「・・・よくわからないけど、君とは仲良くなれそうにないな」
ギアン「奇遇だな、僕もそう感じていたところだよ」

ギアン「ヒトの本質は源罪そのもの 暗いモノへとひきつけられ 争いの種を撒き散らす」
イスラ「なのに、光を恋しがる 醜い自分が照らし出されるだけだとわかってるのに」
オルドレイク「だからこそ、けして届かぬ理想郷を求めて、虚しく手を伸ばし続けるのでしょうか」
      「始祖ゼノビスよ、貴方が主亡き後の世界の醜さへと絶望したように・・・」

[エニシア]
アメル「女の子はね、守られてばかり、頼り切ってばかりじゃいけないの」
   「ちゃんと前に出て、しっかり自己主張しないと!」
エニシア「は、はい! 勉強になります・・・!」

ツェリーヌ「女の戦いとは、心に定めた人のために、自ら望んで戦場に立つことから始まるものです」
     「貴方は、誰のために戦うのですか?」
エニシア「・・・わたし、は・・・」

未整理(とりあえず追加用)

要検証

※書き込む前に既出かどうか確認をお願いします


未登場3引継ぎキャラ
ファルゼン・ナップ(大)・アリーゼ(大)・ウィル(大)


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-04-28 (木) 17:59:41