情報提供(敬称略):M.S.


どうして信用してくれたの?

アルカ「あ、ここにいたのね。 探しちゃったよ。」
ラージュ「アルカ!? こんなところまで探しにきたのかよ?」
アルカ「そう。 ちゃんと一回、話しておきたいことがあったから。」

(アルカ、座る)

アルカ「ここ、静かだしちょうどよかった。」
ラージュ「‥‥‥話?」
アルカ「ラージュ、あらためて、エルストさんを止めてくれてありがとう。
    あと、これからしばらくの間よろしくね。」
ラージュ「そんな、改まってお礼を言われるほどじゃないよ。こっちこそ、よろしく。」
アルカ「でも、なんでいきなり現れた私たちのこと、信用してくれたの?」

ラージュ「(どうしてだったんだろう‥‥‥?)」

  •  アルカが必死だったから。
    ラージュ「アルカの様子がすごく真剣だったんだ。
         必死にエルストに呼びかけて、追いかけ続けていたからね。」
    アルカ「‥‥‥うん。 前はね、エルストさんを助けられなかったから。
        だからせめて、この世界では救ってあげたかったんだ。」
    ラージュ「そうだったのか‥‥‥。 エルストが無事でよかったね。」
    アルカ「エルストさんが戻ってきてくれたのは、みんなのおかげだよ。
        本当にありがとう。」

     アルカ、きっと前の世界のことを気にしてたんだな。
     過ぎてしまったことは変わらないだろうけど、
     つらかったことを繰り返さないで、本当によかったな。
  •  フォルスがエルストを心配していたから。
    ラージュ「フォルスがね、エルストのことを心配してたんだ。」
    アルカ「フォルス‥‥‥もう一人の私のことだね。
        そっか、彼もずっと心配してくれてたんだ。」
    ラージュ「フォルスだけじゃないよ、ペリエやトルクだって一緒だよ。」
    アルカ「フォルスや他の響友<クロス>がいてくれたから、
        エルストさんが戻ってこれたんだね。
        彼らにもちゃんと、お礼をしないとね。」

     アルカ、きっと前の世界のことを気にしてたんだな。
     過ぎてしまったことは変わらないだろうけど、
     つらかったことを繰り返さないで、本当によかったな。

別時間軸の私

アルカ「あれ? ラージュもここで休憩?」
ラージュ「やあ、アルカ。
     その手に持っているの、ひょっとしてコーヒー?」
アルカ「そう、ちょっと眠れなくて。」
ラージュ「でもコーヒー飲んでたら、ますます寝られないんじゃない?」
アルカ「そうかも‥‥‥。 でもなんとなくコーヒーを淹れちゃった。
    やっぱりフォルスがもう一人の私、なのかなぁ。
    はじめはちょっと身構えちゃったけど。」
ラージュ「やっぱり、用心はしていたんだね。」
アルカ「うん。 でもこうして共感する部分はいっぱいあるし。
    ただ私は彼より少し未来から来ているみたいだから。
    あんまりうかつなことは話せないんだけどね。」
ラージュ「今はフォルスのこと、どんな風に思う?」
アルカ「どんな風‥‥‥なのかな。」

ラージュ「たとえばね‥‥‥。」

  •  今でも違和感がある?
    ラージュ「今もフォルスには、違和感があるのかな?」
    アルカ「う〜ん、そうね。 もう一人の私なのはわかるけど‥‥‥。
        でも私より冷静な感じがするの。 どうしてだろ?」
    ラージュ「オレからみると、そんなに違わないと思うけどね。
         案外フォルスだって、アルカの方が冷静って思ってるかも知れないよ。」
    アルカ「そんなことないよ。
        これからいろいろと起こることも、
        彼ならきっと私よりうまく立ち回れるって信じてる。」
    ラージュ「信じられるのって、いいね。
         もう一人の自分って意味だと違和感があっても、
         自然と信頼できる仲間ってことだよね。」

  •  今は戦友みたいな感じ?
    ラージュ「今じゃ、戦友みたいな感じなのかな?」
    アルカ「戦友、か‥‥‥。 うん、そうかも。
        きっと私と彼の立場が逆だったとしたら、彼も同じ行動を取っただろうね。」
    ラージュ「そうなんだね。 お互いに、もう一人の自分ってことか。」

未来は選択の積み重ね

ラージュ「やあアルカ、なにか考え事?」
アルカ「ちょっとね。
    カゲロウ以外にも、自分たちの響友<クロス>があんなにいたなんてね。」
ラージュ「スピネルなんか、アルカ姉さまって、すごい勢いだよね。」
アルカ「あはは‥‥‥。 確かにそうだよね。
    でも彼女の知っている私は、彼女を響友に選んでいたんだよね。」
ラージュ「そうだね。知ってるはずの人に、知らないって言われたらショックだよな。」
アルカ「スピネルのことだけじゃない。
    もしかしたらペリエだった可能性もあるわけだし。
    今まで様々なものを選び取ってきたんだなぁって。」
ラージュ「もしかして、カゲロウ以外がよかったとか考えてる?」
アルカ「そんなワケないでしょ! もう、冗談はやめてよね。」
ラージュ「ごめん。
     でもカゲロウ以外と響友になっていた可能性も、あったってことだよね。」
アルカ「そうね。
    私たちはいろいろな選択をしてきて、そうして今があるってこと。
    ラージュたちのこの世界でも、選び取る未来がある。
    ひとつひとつ、すべて選択してきた結果だから。
    だから悔いのないようにしないとね。」
ラージュ「オレもそうなのかな?
     ここに来たみんなと出会って選択してきたけれど、
     それで少しは成長しているのかな?」
アルカ「当然そうだよ。
    私は昔のラージュを知らないけど、会った時にはもう仲間となじんでいたよ。」
ラージュ「オレ、ちゃんとみんなと行動出来てたんだ‥‥‥。」
アルカ「うん、ずっとひとりぼっちだったなんて嘘みたい。 だから大丈夫。
    ラージュは素敵に成長している。」
ラージュ「‥‥‥う、うん。」

大人になっていくこと

アルカ「ラージュ、またここにいたんだね。」

(アルカ、座る)

ラージュ「うん‥‥‥。 アルカ、ちょっと相談してもいい?」
アルカ「ええ、もちろん。 やっぱり色々と不安?」
ラージュ「不安‥‥‥。 うん、不安なんだ。
     アルカが前に言ってたよね? 今は自分たちが選択してきた結果だって。」
アルカ「もし『響友<クロス>』がカゲロウじゃなかったらって、
    可能性の話をしたわね。」
ラージュ「オレ、そのあといろいろ考えたんだ。
     もし、みんなと出会わなかったら? 出会っても仲間にならなかったら?
     それに、今倒そうとしている敵のことも。
     みんなと一緒じゃなかったら戦うのは無理だった。」
アルカ「ラージュ‥‥‥。」
ラージュ「でも戦って、勝ったとしてどうなるのか? そのときなにを選択するのか?
     すごく不安で、考えていると落ち着かない。」
アルカ「まってラージュ!
    私はそのとき、選び取る先に未来があるとも言ったよ。
    そこで終わりじゃない。 そこから先もまだまだ続く。」
ラージュ「そうなのかな‥‥‥。」
アルカ「もちろんだよ。
    遠く離れても私たちは貴方を信じてるし、貴方はひとりじゃない。
    もっと周りを頼ればいいんだよ。」
ラージュ「頼ってもいいのかな‥‥‥。 迷惑じゃなければいいけど。」
アルカ「そんなこと絶対にない。 私は貴方が頼ってくれるのがうれしい。
    不安なときに、私を相談相手に選んでくれてうれしい。」
ラージュ「アルカ‥‥‥、ありがとう。」
アルカ「ラージュ、貴方は弟みたいなものだから。
    だから離ればなれになるまでは、側にいてあげるから安心して。」
ラージュ「弟、かぁ‥‥‥。 うれしいけど、なんだか寂しい気もするな。」
アルカ「ふふっ、一人前だって認めて欲しかったら頑張るしかないよ。」
ラージュ「だけど、それでも‥‥‥。 やっぱり不安はあるよ‥‥‥。」
アルカ「もう、男の子でしょ、しゃきっとする!
    それとも‥‥‥私の応援じゃ頼り無い?」
ラージュ「いっいや、そんなことないよ!
     アルカに応援してもらえて、嬉しいと思ってる。」
アルカ「じゃあ、頑張る! 不安なんて、吹き飛ばしていこう?」
ラージュ「うん‥‥‥そうだよな‥‥‥!」
アルカ「そうだよ。私もそうやってきたんだし。
    そうすれば今はわからないことも、わかるようになる。
    それが、大人になっていくことなんだよ。」
ラージュ「うん、そうなんだね。」

 大人になる、か‥‥‥。
 そのときは、このもやもやした気持ちも、もっとうまくアルカに伝えられるのかな‥‥‥?

最終決戦

(最終戦前)
ラージュ「オレたちは、消えることにもう怯えたりなんかしない。
     たとえ消えてしまっても、みんなの魂に生き続ける!
     魂に強く刻まれた想いはけして消えない。 オレはそれを信じる!!」
アルカ「大切な仲間を、世界を、あなたの餌になんてさせない。
    私の剣のサビにしてあげるわ。」

(最終戦後)
アルカ「私はここで、果たせなかった望みを果たせた‥‥‥。
    あなたのおかげよ、本当にありがとう。
    私、みんなのことは忘れない。
    魂に刻んで、絶対に忘れたりなんかしないわ!」
ラージュ「オレだって‥‥‥! 絶対に‥‥忘れるもんかっ!」

ラージュ「ありがとう‥‥‥。」

エンディング「冥土に立ち向かう者たち」

【森】

カゲロウ「‥‥‥うっひゃ〜! あっちにもこっちにも、冥土獣がうようよしてるな!」
アルカ「冥土獣が、新たに出現したって話は、本当だったみたいね。」
エルスト「ああ、冥土に汚染される前に、奴らを倒さないとな。」
カゲロウ「でも、あれだけの数を相手に、おいらたちだけで大丈夫かよ?」
アルカ「『警察騎士団<シルヴァリエ>』にも連絡はいってるはずだよ。
    アベルトとイェンファも、すぐに来てくれるとは思うんだけど。
    ‥‥‥エルストさん、どうします?」
エルスト「彼らを待ってる時間はなさそうだ。
     被害が大きくなる前に、俺たちで対処するしかない。」
カゲロウ「よっしゃ! いっちょ、やってやるか〜!!」
アルカ「カゲロウ、いきなり突っ込んだりしないでよ?
    新たな冥土獣ってことしか、情報が無いんだから慎重にいかないと!」
カゲロウ「わかってるよ、姉貴! 心配、いらないって!!」
アルカ「も〜、そういうところが心配なのに。」
エルスト「ははっ! 君たち2人を見てると、本当の姉弟みたいで和むなぁ。」
アルカ「エルストさんも、和んでる場合じゃないですよっ!
    2人とも、緊張感を持ちなさいっ!」
カゲロウ「へいへい!」
エルスト「ふふっ、了解。」
アルカ「出来るだけ、あいつらを市街地から引き離しましょう。
    まずは私が囮になって、あいつらを引き寄せるから。」
カゲロウ「分かった! 姉貴も無茶するなよ。」
アルカ「エルストさんと、カゲロウもね!
    それに、ラージュも気をつけて―――って、あれ?」
カゲロウ「ん? ラージュ? そんなヤツいたか?」
アルカ「えぇっと‥‥‥いない、わよね?
    それに、ラージュって‥‥‥誰の名前だっけ?」
カゲロウ「おいおい、姉貴!! これから突入って時に、なに寝ぼけてんだよ!」
アルカ「う、うん‥‥‥。でも、つい口から出ちゃったの。
    ラージュも気をつけてねって‥‥‥。」

アルカ「(なんだろう、この感じ‥‥‥。私、その人と一緒に戦っていたような気がする)
    (互いの背中を預けられるぐらい、信用した誰かと)
    (ラージュ‥‥‥)
    (この響き、覚えてる)
    (私は、私は‥‥‥『彼』のことを、絶対に忘れないって誓った!)」

アルカ「――!!!
    思い出した‥‥‥。
    思い出したよ、ラージュ!
    彼のことも、あの世界のことも。そこで起きたすべての出来事も、全部!
    どうして、忘れていたんだろう。
    彼は私にとって、とても大切な人だったのに。
    リィンバウムに戻ってきた時に、あの世界に関することすべて、
    削除されてしまったのかもしれない。
    そうだとしても、私は自分で自分が許せない。
    彼を、彼と過ごした時間を、忘れてしまうなんて。」

 弟、かぁ‥‥‥。 うれしいけど、なんだか寂しい気もするな。


アルカ「遠ざかっていくあなたの笑顔を、私は見ていることしか出来なかった。
    こんな気持ちのまま、さよならなんてイヤだよ。
    あなたも、そうでしょう? ラージュ‥‥‥。
    本当に、もう二度と会えないの?
    ‥‥‥そんなの、イヤだよ。」

カゲロウ「あ、姉貴! どうしたんだよっ!?」
アルカ「‥‥‥えっ? あっ!
    (いつの間にか、涙が‥‥‥)」
カゲロウ「どこか痛いのか!? 具合でも悪いのか!?」
アルカ「違う、違うっ! 大丈夫、なんでもないから。」
カゲロウ「だけどよぉ‥‥‥。」
アルカ「ちょっと思い出してたの。大切な友達のこと。」
カゲロウ「大切な、友達?」
アルカ「うん‥‥‥。
    (きっと、カゲロウもエルストさんも、あの世界のことは覚えていない)
    (どうして、私だけが思い出せたのかは分からないけど‥‥‥)」

 ――私は、信じてる。
 いつだって、想いの強さが運命を変えてきたんだもの。
 私が想い続ける限り、彼らとの絆が消えることはない。
 信じていればきっと、あの優しい笑顔に会える。
 だって、この世界はずっとずっと昔から‥‥‥。
 友達という名の「絆」で結ばれているのだから。
 ねぇ、ラージュ。私、あなたに伝えてないことがたくさんあるの。
 だから、さよならは言わない。いつかきっとまた、会えると信じているから。


ラージュ「ああ、オレも信じてる! だから、その時まで‥‥‥またな、アルカ!」

アルカ「‥‥‥ラージュ!?」
カゲロウ「えっ!? な、なんだ???」
アルカ「(‥‥‥いない。今、確かに声が聞こえたのに)」
カゲロウ「姉貴、マジで大丈夫なのか?」
アルカ「ああ、うん! 平気、平気! あはははっ‥‥‥。」
カゲロウ「メチャクチャ、あやしいんだけどなぁ。」
アルカ「(私の声、ラージュの所まで届いたのかな?)」
エルスト「アルカちゃん。」
アルカ「エルストさん‥‥‥。」
エルスト「大丈夫さ。きっと、ね。」
アルカ「‥‥‥!!
    (エルストさん、もしかして‥‥‥)
    ‥‥‥はい、きっとそうですよね!」
カゲロウ「???」

 見上げた空は、どこまでも青く澄み渡っていた。
 この空のずっとずっと先には、あなたがいるような気がして‥‥‥。
 空に伸ばした手を、キュッと強く握りしめる。
 ‥‥‥私の、特別で大切な友達。
 あなたにもらった想い、もう決して忘れたりしない。
 2人の絆が、ずっとずっと続いていくように――‥‥‥。

END


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-15 (水) 23:52:20 (519d)