第11話 うつろなるもの、来たりしもの

VSゲック率いる鋼の軍団

[開始直後]
ライ「もしも、あの人が本当にオレたちの先生だっていうのなら
   復讐なんて理由で人を殺させるわけにはいかねえだろ!!」
ミント「そうだよね・・・
    絶対にそんなことさせちゃいけない!」

フェア「もしも、あの人が本当にわたしたちの先生だっていうなら
    復讐なんて理由で人を殺させるわけにはいかないもの!!」
ミント「そうだよね・・・
    絶対にそんなことさせちゃいけない!」

[セクター VS ゲックでの攻撃直前]
セクター「この時を、どれほど待ち望んだか・・・
     ゲックよ、貴様の命は俺がもらい受ける!!」
ゲック「ぬううぅ・・・っ!」

第11話外伝 ぐるぐる回って、めぐりあい?

VSギムレ&バレン兄弟

[開始直後]
ギムレ「まとめて恨みを晴らしてやるぞッ!!」
無法者「おいーっす!!」
クノン「バカにつける薬はないと申しますが
    どうやら、荒療治をご希望のようですね」
ユエル「召喚獣のみんなをいじめる悪いヤツめ
    ユエル 本気で怒ったぞーっ!」

[ユエルとクノンの合計撃破数8以上]
ユエル「まいったか!」
クノン「さて、次の患者さまはいらっしゃいますか?」

第12話 キミの言葉が、悲しくて・・・

VSクラウレ率いる獣の軍団

[開始直後]
獣皇「ギャオオオォォンッ!」
セイロン「獣皇が呪いによって操られているのがまことであるならば
     できれば、これ以上あの者を傷つけたくはないのだが・・・」
ライ「ああ、オレもあの人と戦いたくなんかない 倒すんじゃなくて
   カサスさんを止める! あの人の優しい笑顔を絶対とり戻すんだ!」
リューム「おうッ!!」/「ピィィッ!!」

獣皇「ギャオオオォォンッ!」
セイロン「獣皇が呪いによって操られているのがまことであるならば
     できれば、これ以上あの者を傷つけたくはないのだが・・・」
ライ「ああ、オレもあの人と戦いたくなんかない 倒すんじゃなくて
   カサスさんを止める! あの人の優しい笑顔を絶対とり戻すんだ!」
ミルリーフ「うんっ!!」

獣皇「ギャオオオォォンッ!」
セイロン「獣皇が呪いによって操られているのがまことであるならば
     できれば、これ以上あの者を傷つけたくはないのだが・・・」
ライ「ああ、オレもあの人と戦いたくなんかない 倒すんじゃなくて
   カサスさんを止める! あの人の優しい笑顔を絶対とり戻すんだ!」
コーラル「まかせて!」/「ピイィッ!!」

獣皇「ギャオオオォォンッ!」
セイロン「獣皇が呪いによって操られているのがまことであるならば
     できれば、これ以上あの者を傷つけたくはないのだが・・・」
フェア「わたしもそうだよ だから、みんな 倒すんじゃなくて
    カサスさんを止めよう あの人の優しい笑顔をとり戻すために!!」
リューム「おうッ!!」/「ピィィッ!!」

獣皇「ギャオオオォォンッ!」
セイロン「獣皇が呪いによって操られているのがまことであるならば
     できれば、これ以上あの者を傷つけたくはないのだが・・・」
フェア「わたしもそうだよ だから、みんな 倒すんじゃなくて
    カサスさんを止めよう あの人の優しい笑顔をとり戻すために!!」
ミルリーフ「うんっ!!」

獣皇「ギャオオオォォンッ!」
セイロン「獣皇が呪いによって操られているのがまことであるならば
     できれば、これ以上あの者を傷つけたくはないのだが・・・」
フェア「わたしもそうだよ だから、みんな 倒すんじゃなくて
    カサスさんを止めよう あの人の優しい笑顔をとり戻すために!!」
コーラル「まかせて!」/「ピイィッ!!」

[自2ターン目]
セイロン「さて、止めるとなればまず正面から打ち合うのは避けた方が良かろうな」
リビエル「そうですわね とにかく足止めが必要ですわ!」

第12話外伝 薬売りの娘、所により盗っ人!?

VSアカネ忍団

[開始直後]
アカネ「ちょっと、ねえ? まさか本気で
    この人数のあたしを相手に戦おうなんて思ってんの!?」
ライ「ああ、一人一発は殴ってやらなきゃ気がすまねえ
   覚悟しろッ!!」
アカネ「ちょ・・・っ!? ちょっと待った!
    そんなの想定外だってばーっ!?」

アカネ「ちょっと、ねえ? まさか本気で
    この人数のあたしを相手に戦おうなんて思ってんの!?」
フェア「そうね、一人一発はひっぱたいてあげないと気がすまないわ
    覚悟しなさいッ!!」
アカネ「ちょ・・・っ!? ちょっと待った!
    そんなの想定外だってばーっ!?」

[本物のアカネを見つけていない場合の自2ターン目]
ライ「本体をぶっ倒せば分身も消えるってセイロンは言ってた
   問題は、どうやってそれを見分けるかだけど・・・
   ええいっ、とにかく片っ端から倒していくしかねーのか!?
   いや・・・どっか違いがあるはずだ!」

フェア「本体をやっつけたら分身も消えるってセイロンは言ってた
   問題は、どうやってそれを見分けるかだけど・・・
   うーっ、とにかく片っ端から倒していくっきゃないの?
   どっか違いがあるとおもうんだけどなぁ・・・」

[主人公 vs 本物のアカネ]
ライ「お前、本物だろ?」
アカネ「・・・シラナイヨー」
ライ「・・・しっぽ、忘れてるぞ」
アカネ「ええぇっ!?マジで!? 完全にごまかしたハズなのに! って・・・きゃああっ!!」
ライ「やっぱりお前かーっ!」

フェア「あなた、本物でしょ?」
アカネ「・・・シラナイヨー」
フェア「・・・しっぱ 忘れてますけど?」
アカネ「ええぇっ!?マジで!? 完全にごまかしたハズなのに! って・・・きゃああっ!!」
フェア「みつけたぁーっ!!」

第13話 思い願うこと、貫くこと

VS剣の軍団・鋼の軍団

[開始直後]
リシェル「爆破されちゃう前に起爆装置を破壞して止めちゃうのよ!」
ライ「起爆装置・・・ジイさんの側にあるあの機械か!?」
リシェル「そうよ、あれさえなんとかしちゃえば橋は守れるわ!」
ライ「よーし、そういことなら・・・
   一気に攻めこんでぶっ壊してやる!」

リシェル「爆破されちゃう前に起爆装置を破壞して止めちゃうのよ!」
フェア「起爆装置・・・「教授」の側にあるあの機械のことね?」
リシェル「そうよ、あれさえなんとかしちゃえば橋は守れるわ!」
フェア「よーし、そういうことなら・・・
    一気に攻めこむわよ!」

[MAP1で敵ユニット8体撃破後]
剣の軍団兵士「くそっ・・・! 総員、後退せよ!!」

[MAP2で敵ユニット8体撃破後]
機界兵士「総員退却 傷ノ浅イ者ハ守備ヘト回レ」
ライ「よし! このまま一気にカタをつけるぞ!!」

機界兵士「総員退却 傷ノ浅イ者ハ守備ヘト回レ」
フェア「よし! このまま一気に攻めこむわよ!!」

[MAP3開始時]
ライ「先生っ!!」
セクター「お願いだ・・・邪魔しないでくれ
     私は奴を倒す たとえ・・・刺し違えてでも」
ライ「ダメだ! そんなこと先生にさせるもんか!!」

フェア「先生っ!!」
セクター「お願いだ・・・邪魔しないでくれ
     私は奴を倒す たとえ・・・刺し違えてでも」
フェア「イヤだよっ! わたし、そんなこと絶対にさせない!!」

第14話 来訪者たち、彼方より

VSギアン率いる仮面の暗殺者

[開始直後(ポムニットが敵側の場合)]
ルシアン「いやだよ・・・っ ポムニットさんと戦うなんて・・・」
リシェル「泣き言はダメよっ! あ、あたしだってね ホントは・・・っ」
ライ「リシェル・・・ ルシアン・・・
   心配すんなって ギアンさえ倒せばそれで決着はつく
   すぐに終わらせてやるからオレに任せとけ!」
リシェル「ライ・・・」
ギアン「さあ、罰を受ける覚悟はできたかな?」
ライ「うるせえっ!! そんなもん倍にして叩き返してやる!!」

ルシアン「いやだよ・・・っ ポムニットさんと戦うなんて・・・」
リシェル「泣き言はダメよっ! あ、あたしだってね ホントは・・・っ」
フェア「リシェル・・・ ルシアン・・・
    心配しないで? ギアンさえ倒せばそれで終わるから
    ぱぱっとすませてポムニットさんを連れ戻しちゃお♪」
リシェル「フェア・・・」
ギアン「さあ、罰を受ける覚悟はできたかな?」
フェア「うるさい こっちが逆におしおきしてやるんだから!!」

[開始直後(ポムニットが味方側の場合)]
ギアン「さあ、罰を受ける覚悟はできたかな?」
ライ「うるせえっ!! そんなもん倍にして叩き返してやる!!」

[リシェル VS ポムニット]
リシェル「ポムニット・・・」
ポムニット「そうです・・・それでいいんですよ おじょうさま・・・
      さあ 戦いはまだこれからです!」

[ルシアン VS ポムニット]
ルシアン「ポムニットさん・・・ もう、やめて・・・」
ポムニット「おぼっちゃま・・・
      ・・・本気で、と申し上げたはずです!」

[ギアンの送還術の発動]
ギアン「無駄なことを・・・
    さあ還るがいい! 在るべき場所へ!!」
ライ「召喚術が・・・打ち消される!?」

ギアン「無駄なことを・・・
    さあ還るがいい! 在るべき場所へ!!」
フェア「召喚術が・・・打ち消される!?」

第14話外伝 旅は道連れ、料理は愛情

VSギムレ&バレン兄弟

[開始直後]
ギムレ「こうなりゃ、ヤケだ テメエらをまとめてぶちのめして
    あり金まきあげてからとんずらしてやる!!」
ガゼル「ラミ、フィズ お前たちは後ろに下がってろ!」
フィズ「バカ言わないでよ あたしたちもう子供じゃないもん
    戦い方だったらローカスやアカネに習ってるんだから!」
ラミ「ガゼルお兄ちゃんはずっと、ラミたちのこと守ってくれてた・・・
   今度は、大きくなったラミたちが守る番だよ だから・・・
   召喚獣のみんな お願い、ラミたちに力を貸して!」
ガゼル「ケッ、いっちょ前に言いやがって・・・
    無茶だけはすんなよ? リプレに説教くらうのはゴメンだからな」
フィズ「うんっ!」

[SPOTユニットの合計撃破数10 達成]
フィズ「やったわ!」
ラミ「うん・・・!」
ガゼル「フン まあこんなもんだろ」

第15話 朽ちてゆく、世界の中で・・・

VSギアン率いる仮面の暗殺者

[開始直後(ポムニットが味方側の場合)]
ライ「オマエをぶっ倒して町の人たちも絶対助けてみせる!!」
ギアン「いいだろう・・・ならば望みどおりに
    相手をしてやろう!」

フェア「あなたをぶっ倒して町の人たちも絶対助けてみせる!!」
ギアン「いいだろう・・・ならば望みどおりに
    相手をしてやろう!」

[開始直後(ポムニットが敵側の場合)]
ライ「こいつが、ポムニットさんの言っていた・・・
   「浄火の火種」の清めの力・・・」
ギアン「何故だ・・・
    どうして貴様がそんなシロモノを持っている!?」
ライ「ありがとな・・・
   ポムニットさんの気持ち 無駄にはしないぜ!!」

フェア「これが、ポムニットさんの言っていた・・・
    「浄化の火種」の清めの力・・・」
ギアン「何故だ・・・
    どうして、そんなシロモノを持っている!?」
フェア「ありがとう・・・
    ポムニットさんの気持ち 無駄にしはしないから!!」

[自3ターン目]
クラウレ「差し伸べられた救いの手を自ら振り払うとは
     ニンゲンとはつくづく愚かだな」
ライ「そう思いたきゃ勝手に思ってろよ でもな・・・
   オレは自分の手で望んだ答えを必ずつかみとってやる」
クラウレ「戯れ言を・・・」
アロエリ「貴方に笑う資格はないぞ 兄者!」
クラウレ「アロエリ・・・」
アロエリ「仲間を思うからこそ こいつはこの道を選んだ
     貴方が同胞のために裏切り者になったのと同じようにな!」
クラウレ「くぅ・・・っ 減らず口をッ!!」

クラウレ「差し伸べられた救いの手を自ら振り払うとは
     ニンゲンとはつくづく愚かだな」
フェア「そう思いたいなら思ってればいいよ でもね・・・
    わたしは自分の手で望んだ答えをつかみとってみせるから」
クラウレ「戯れ言を・・・」
アロエリ「貴方に笑う資格はないぞ 兄者!」
クラウレ「アロエリ・・・」
アロエリ「仲間を思うからこそ こいつはこの道を選んだ
     貴方が同胞のために裏切り者になったのと同じようにな!」
クラウレ「くぅ・・・っ 減らず口をッ!!」

[クラウレを撃破]
アロエリ「・・・・・・」

第16話 そして、狭間に立つ者

VSギアン率いる無色の強化兵士

[開始直後]
ギアン「これが最後だぞ!! 私と共に来いッ!?」
ライ「お断りだぜ、ギアン!」
ギアン「ならば、死ねいッ!! 裏切り者めがァッ!!」

ギアン「これが最後だぞ!! 私と共に来いッ!?」
フェア「ダメだよ・・・頭ごなしに命令して言うこと聞かせても
    いつまでたってもそれじゃ、貴方はひとりぼっちだよ」
ギアン「・・・っ
    ならば、死ねいッ!! 裏切り者めがァッ!!」

[自2ターン目]
リビエル「送還術にまともに対抗する手段はありませんわ!
     より強い魔力で押さえこむか もしくは・・・」
アロエリ「使う前にたたく! それしかないだろう!」

第17話 うたかたの夢、ささやかな夢

VS姫君の忠臣

[開始直後]
レンドラー「我らは、みな あの方の優しさに救われた・・・
      あの方の笑顔を守りたいと願って戦ってきた・・・」
獣皇「グルル・・・(優しい、姫さマ、でもかわいそうナ姫さマ・・・)
   (幸せになってほしイ だかラ・・・)」
ゲック「あえて、我らは最後まで道化を演じよう・・・
    あの方の願いがそれで、かなうというのなら・・・」
レンドラー「我らが命、すべて姫さまのために!!」
ライ「バカ野朗が・・・ッ!」

[自2ターン目]
獣皇「ガルルゥ・・・!!(コレが最後の戦イ、簡単ニ引き下がル訳にはいかナイ)」
ゲック「ワシらは、この戦いに全ての力を注ぎ込む・・・・そう簡単には倒せぬと覚悟せよ!!」
レンドラー「それでもまだ進むと言うのなら全身全霊の一撃をもって我らを超えてみよ!!」

[3つの軍団長を必殺技で撃破]
ライ「どうだっ!! これがオレたちの覚悟だ!」

フェア「どうだっ!! これがわたしたちの覚悟よ!!」

VSクラウレ率いる亜人の暴徒たち

[開始直後]
ギアン「そいつを殺せッ! カケラも残さずに消してしまえッ!!」
クラウレ「御意のままに・・・」
ライ「ギアン!! オマエの好きにはさせねえっ!」

ギアン「そいつを殺せッ! カケラも残さずに消してしまえッ!!」
クラウレ「御意のままに・・・」
フェア「ギアン!! あなたの好きにはさせないっ!」

[主人公 or アロエリ vs クラウレ攻撃直前]
クラウレ「ああ、風が・・・ 激しく猛り狂って吠えている・・・
     やがて、嵐が来る なにもかも全てを巻きこんで・・・
     消し飛ばしてゆく 激しい嵐が・・・」
アロエリ「兄者・・・ まさか、貴方の翼が目指すのは・・・」
クラウレ「我が妹よ、そしてライ(フェア)よ!
     セルファンの戦士の散りざま しかと目に焼きつけろ!!」

[クラウレ撃破直後]
アロエリ「・・・兄さまの・・・ ばか・・・」

第19話 それぞれの道、だからこそ・・・

VSギアン

[開始直後]
ライ「・・・ギアンっ!?」
エニシア「ダメだよ、ギアン そんなふうに力で押しとおしたって
     貴方の心に開いている風穴は埋まらないよ 空っぽのまま・・・
     お願いだよ・・・っ 気づいて・・・っ」
ギアン「邪魔はさせないとも 誰であろうと、絶対に そうさ、けして・・・
    裏切り者は、許されない 許されはしないんだアあァぁァーッ!!!」

フェア「・・・ギアンっ!?」
エニシア「ダメだよ、ギアン そんなふうに力で押しとおしたって
     貴方の心に開いている風穴は埋まらないよ 空っぽのまま・・・
     お願いだよ・・・っ 気づいて・・・っ」
ギアン「邪魔はさせないとも 誰であろうと、絶対に そうさ、けして・・・
    裏切り者は、許されない 許されはしないんだアあァぁァーッ!!!」

[自2ターン目]
ギアン「雑魚がいくら群れたところで同じだァッ!!」
ライ「見せてやるぜギアン! ひとりぼっちのお前が知らない本当の強さを!!」

ギアン「雑魚がいくら群れたところで同じだァッ!!」
フェア「見せてあげる! ひとりぼっちのあなたが知らない、本当の強さを!!」

最終話 誰もが願った、その場所へ

VS???(ネタバレにつき伏字)

[開始直後]
ライ「なんなんだ・・・ あの不気味に光ってるカタマリは・・・」
エニシア「おぞましい魔力の高まりを感じます・・・きっと、あれが
     ギアンを堕竜に変えてしまった、その力の源かもしれない!」
ライ「そういうことかよ だったら・・・
   まずはアレをぶっ叩いてやる!」

フェア「なんなのよ・・・あの不気味に光ってるカタマリは・・・」
エニシア「おぞましい魔力の高まりを感じます・・・きっと、あれが
     ギアンを堕竜に変えてしまった、その力の源かもしれない!」
フェア「なるほどね だったら・・・
    みんな アレを攻撃するわよ!」

[自2ターン目]
ライ「なんか、気になるな この不気味な触手
   意味ありげなクセになにも仕掛けてくる様子もないし・・・
   念には念を入れてぶっ潰しておくか?」

フェア「なんか、気になるな この不気味な触手
    意味ありげなクセになにも仕掛けてくる様子もないし・・・
    念には念を入れて攻撃しとこうかな?」

[第1段階撃破後]
ライ「・・・やったか!?
   よし、このまま一気に・・・
   な・・・っ!?
   ウソだろ・・・ますます、荒れ狂い始めやがった・・・
   いったい、どうすりゃギアンを止めることができるんだよ!?
   ちくしょう・・・っ」
エニシア「あきらめないで・・・」
(エニシアの笛の音)
ライ「この笛の音は・・・エニシアの・・・」
エニシア「私には、こんなことしかできないけれど でも・・・
     みんなのこと貴方のことを信じてるから
     だから・・・お願いだよ! ライ!!
     最後まで負けないで! あきらめないで!!」
(エニシアのサポート発動)
ライ「ありがとな・・・エニシア・・・
   オマエの想い 確かに受けとったぜ!!」

フェア「・・・やったの!?
    よぉし、このまま一気に・・・
    な・・・っ!?
    ウソでしょ・・・ますます、荒れ狂いだすなんて・・・
    いったい、どうすればギアンを止めることができるのよ!?
    どうすれば・・・っ」
エニシア「あきらめないで・・・」
(エニシアの笛の音)
フェア「この笛の音は・・・エニシアの・・・」
エニシア「私には、こんなことしかできないけれど でも・・・
     みんなのこと貴方のことを信じてるから
     だから・・・お願いだよ! フェア!!
     最後まで負けないで! あきらめないで!!」
(エニシアのサポート発動)
フェア「ありがとね・・・エニシア・・・
    貴方の想い 確かに受けとったから!!」

[深怨の闇に続く扉 使用前]
ライ「なんだ・・・ とてつもなくイヤな予感がする・・・
   みんな、退がれッ!!」

フェア「なにコレ・・・ものすごくイヤな予感がする・・・
    みんな、退がって!!」

[喪失した真実の影 使用時]
ライ「!!」

フェア「!!」

[限に歪む墓標 使用時]
ライ「仲間を食って・・・回復しやがった・・・
   そこまでするかよ!?」

フェア「仲間を食べて・・・回復するなんて・・・
    なんてことを・・・」

[触手を6本撃破 or 堕竜ギアンの残存HP1000以下]
ライ「死に物狂いかよ けどな・・・
   そんだけテメエも後がねえってことだ!」

フェア「手がつけられなくなってきたわね
    でも、それってさ
    あなたがあせっている証拠なんでしょ!?」

トップ   差分 履歴 リロード   一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-10-25 (火) 20:06:09